« 2011年8月1日 | トップページ | 2011年8月3日 »

2011年8月2日

2011年8月 2日 (火)

セアカゴケグモ:大阪・堺で女性がかまれ軽傷 今年初(2日)

堺市は2日、同市中区内の女性(35)がセアカゴケグモにかまれたと発表した。市によると、女性は1日午後9時ごろ、同区八田寺町の原池公園内の遊具の安全柵に腰掛けていた時に左太ももをかまれ、軽症。市が調査したところ、現場近くの側溝のふたの裏にセアカゴケグモの卵のう(卵を包む袋)があり、駆除した。市内でセアカゴケグモにかまれた事例は今年初。注意を呼びかけている。

毎日新聞 2011年8月2日 21時26分(最終更新 8月2日 21時30分)

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110803k0000m040119000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ単純所持への罰則見送り 民主の法改正案(2日)

民主党の児童ポルノ法検討ワーキングチーム(WT)は2日、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正案をまとめた。18歳未満の児童を写した写真や映像などを繰り返し購入して取得する行為に罰則を新設するのが柱。個人的に見るための「単純所持」への罰則も検討していたが、「過大な処罰は適当ではない」として見送った。

 同党は今国会にこの法案を提出し、単純所持への罰則も盛り込んだ別の案を提出済みの自民、公明両党との修正協議に入る。

 現行法はすでに児童ポルノの提供や提供目的の所持などを禁じているが、民主党の改正案では有償で何度も取得する行為についても1年以下の懲役か100万円以下の罰金としている

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

三原3人殺傷事件、殺人などの容疑で男を再逮捕(2日)

広島県三原市の不動産会社事務所で男女3人が刺され、女性2人が死亡した事件で、県警は2日、殺人と殺人未遂容疑などで、被害者の長男で同市皆実の無職、黒瀬和政容疑者(36)を再逮捕した。県警によると「女性2人を刺したことは覚えているが、男性は記憶にない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は7月20日午後5時50分ごろ、同市宮沖の不動産会社事務所で、母の芳江さん(63)と会社の共同経営者、棟久(むねひさ)美穂子さん(78)を包丁で刺して殺害、社長の木村英和さん(71)に重傷を負わせたとしている。

 犯行後、黒瀬容疑者は殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたが、自分の腹部を刺して負傷していたため、治療のためいったん釈放され、2日に退院した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110802/crm11080220150020-n1.htm

Msn_s1_13

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2,3日単位・レベル)

命の大切さ

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201108024035841n1

 京浜東北線の列車の床下から猫の鳴き声が聞こえたため、列車が停止し、猫は無事救出された。

 1日午前7時ころ、車掌から「走行中の列車の床下から猫の鳴き声がする」と連絡があり、蒲田駅で床下の機器の上に乗っているのを発見され、無事保護された。

 雑種の雄で生後3か月ほど。人に慣れた様子で、職員が差し出したキャットフードを元気に食べたという。今後1~2週間、都動物愛護相談センター(世田谷区)で保護され、飼い主が現れない場合は都民に譲られる。既に問い合わせが数件寄せられているという=読売新聞電子版(写真も)

 東日本大震災後、涙もろくなっていたが、このニュースを聞いてまた涙が出た。それにしても大震災被災地の犬や猫の扱いだが、政府はなんの対策もせず、民間が立ち上がり、言葉の通じない命を守っている。命の大切さを放棄した政府関係者は、列車を止めても小さな命を守った行為をどうみるか。

 人でも動物でも「生命」を大切にする心や他人を思いやる心,善悪の判断などの規範意識などの道徳性を身に付けること-それが道徳教育だ。今の政府ではそれができない。国の根幹にかかわる事だ。1日も早い政権交代をsign03
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

自称・霊能力者「悪霊が…」除霊詐欺5億円?(2日)

〈霊能力者〉と称する滋賀県高島市マキノ町海津、無職旭イソエ被告(58)(詐欺罪で公判中)が2~7月、大津市の他、愛知、奈良、岐阜3県の主婦や会社役員ら計5人から「除霊を行う」などと言って金をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕された。

 

 3回の再逮捕も含め、被害総額は立件されただけで1億円を超えている。旭被告は容疑を否認しているが、高島署は除霊目的で集めた金は5億円に上るとみて、全容解明に努めている。

 ◆端 緒

 2007年頃、奈良県橿原市の会社役員の男性(68)が旭被告のうわさを聞きつけ、「産廃処理場の開発が難航している」と相談。旭被告は「悪霊が取りついている。除霊のため、金を預かる」と言い、男性から約2700万円を預かった。男性はその後、預けた金を返すよう求めたが、旭被告が応じなかったため、同署に告訴、一連の詐欺事件が発覚した。

 ◆被害者

 旭被告に金を預けた相談者は近畿、中部地方に約40人おり、旭被告を〈霊能力者〉と信じ切っていて「だまされた」と認識していない人も少なくない。年齢は50歳代以上が多く、職業は会社役員、医師、自営業、主婦ら様々で、夫婦で相談していたケースもあった。

 岐阜市の主婦(44)は「運気が悪い」などと言われて約330万円を預け、愛知県豊橋市の主婦(70)は、財産分与の民事裁判や夫の病気回復などの神事を行う名目で、約6140万円をだまし取られた。

 同市の男性医師(47)も、父親の病気回復の神事として約610万円を要求され、大津市のパート女性(61)は「母親の不幸を解消する」などと言われ、約2210万円を支払った。

 ◆手 口

 旭被告は「シャーマン」と称して約20年前に占いを始め、口コミで相談者を増やした。相談は以前、経営していた高島市のホテルで受け、「信頼できる人」を演出していた。

 旭被告は「金は返すつもりだった」と供述しているが、同署ではホテル経営などの運転資金に充てたとみており、「相談者たちはだまされやすい精神状況にあり、人の弱みにつけ込む悪質な犯行だ。霊能力者をかたる人物に相談する前に、よく考えて行動してほしい」と、注意を呼びかけている。(小宮宏祐)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

今市女児殺害で茨城県警が情報提供呼びかける(2日)

栃木県今市市(現日光市)の市立小1年、吉田有希ちゃん=当時(7)=が平成17年12月、茨城県常陸大宮市の山林で遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、茨城県警などは1日、常陸大宮市内のショッピングセンター周辺で情報提供を呼びかけるチラシを配布した。

 今回の活動は、事件解決につながる情報提供への懸賞金上限額が500万円に引き上げられたことに伴い実施。三次真一郎市長や県警の大沢瑞穂捜査1課長、田口敏彦大宮署長ら約100人が参加した。

 大沢課長は「粘り強く捜査していく。小さなことでも情報を寄せてほしい」と呼びかけた。情報提供はフリーダイアル0120・200457。 Head_logo1_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スリランカ人らの不法就労助長容疑 男2人逮捕「報酬ほしさにやった」(2日)

自分の会社で雇っているように装って飲食店などで働く外国人の不法就労を助けていたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、入管難民法違反(資格外活動)幇(ほう)助(じよ)の疑いで、埼玉県春日部市粕壁、運送会社社長、渡辺秀樹(44)と東京都足立区皿沼、会社員、貝塚英人(47)の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、渡辺容疑者は「報酬ほしさにやった。これまでに20人くらいの外国人の不法就労を助けた」と供述しているという。

 同課は、渡辺容疑者らが少なくとも平成19年11月ごろからスリランカ人13人と中国人7人の不法就労を助け、報酬として60~90万円のほか、月々3万円を受け取り、計約1500万円を得たとみている。スリランカ人らは実際には、飲食店などで働いていた。

 逮捕容疑は、21年2月~22年4月、スリランカ人の男2人が渡辺容疑者の運送会社で働いているよう装った雇用証明書を偽装し、在留資格更新を助けたとしている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110802/crm11080212230008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小箱置き「爆発する」と行員にメモ 強盗未遂容疑で男を逮捕 (2日)

2日正午ごろ、秋田県由利本荘市西目町沼田新道下の北都銀行西目支店に男が押し入り、カウンターに小箱を置き「私の指示で爆発します。1億5千万円を用意して下さい」と書かれたメモを行員に見せた。支店長に応接室に通され「そんな金はありません」と言われると、男は何も取らずに店を出て乗用車で逃走した。

 行員が車のナンバーを目撃。秋田県警由利本荘署員が約10キロ離れた同市船岡大沢の農道に止まっていた車を発見し、車内にいた男を強盗未遂容疑で逮捕した。

 由利本荘署などによると、車内に小箱があり、爆発物かどうかを確認している。男はサングラスと帽子を身に着けていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110802/crm11080214460013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視総監に樋口建史氏 就任へ (2日)

警視庁のトップ警視総監に警察庁の樋口建史生活安全局長(58)が5日付で就任することが決まりました。

 樋口氏は北海道警本部長や警視庁副総監などを歴任し、警察庁では主にサイバー犯罪への対策を積極的に進めています。

 一方、今回勇退することになった池田克彦警視総監(58)は、去年11月のAPEC=アジア太平洋経済協力会議での首都警備や東日本大震災の被災地への部隊派遣を指揮したほか、山口組などの暴力団排除に尽力しました

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4791186.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・立川市6億円強奪事件 元暴力団幹部の身柄確保の際、警視庁捜査1課の特殊部隊突入(2日)

東京・立川市の警備会社で6億円が強奪された事件で、警視庁が7月31日、指名手配中の元暴力団幹部の男の身柄を確保する際、捜査1課の特殊部隊「SIT(シット)」を動員し、アジトに突入していたことがわかった。
強盗傷害などの疑いで公開指名手配されていた元山口組系暴力団幹部・佐久間 努容疑者(37)は、7月31日、潜伏中の栃木・野木町の短期賃貸マンションの一室で、身柄を確保された。
警視庁は事前に、佐久間容疑者が拳銃を所持しているとの情報をもとに、捜査1課の特殊部隊SITを現場に動員し、閃光(せんこう)弾などを使用してアジトに突入したという。
近所の人は、「(捜査員から)『捜査上で大きな音が出た』みたいな感じで」、「(突入時に)パンパン、バンバンという音が2発。起きて窓を開けた時に...」、「盾みたいなものを持った人が、5~6人いましたよ」などと話した。
突入の際、SITの捜査員が「佐久間か?」と問いかけると、「そうだ、佐久間だ」と答えたという。
警視庁はさらに、共犯者の割り出しを進めている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00204580.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:被害遭わないで 県警がコールセンター開設 /茨城(2日)

県警は1日、振り込め詐欺被害に遭わないよう電話で呼び掛けるコールセンターを開設した。11月末まで、被害者が多い50代以上の女性を対象に、オペレーターが手口や注意点を伝え、振り込め詐欺撲滅を狙う。

 県内の振り込め詐欺被害は7月末現在、昨年比7件増の78件。被害総額は約9500万円に上る。息子や孫をかたる「おれおれ詐欺」が昨年比16件増の57件、被害額8000万円と大部分を占める。

 県警によると、前日に携帯電話が壊れたと偽ってメモリーを変更させ、翌日に「急に金が必要になった」と振り込みを依頼する手口が大半。県立守谷高、竜ケ崎一高の卒業生宅が特に被害に遭っており、卒業名簿が出回っているとみている。県警捜査2課の村田ゆかり課長補佐は「『番号が変わった』と言われたら100%詐欺だと疑っていい。前の番号にかけ直して」と呼び掛けている。【酒井雅浩】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110802ddlk08040222000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

列車床下から救出の子猫、引き取りの申し出も(2日)

東京都大田区のJR蒲田駅で1日朝、京浜東北線の列車の床下から救出された子猫は同日、都動物愛護相談センター(世田谷区)に保護された。

 子猫はけがもなく元気だという。

 同センターによると、この子猫は雑種の雄で生後3か月ほど。人に慣れた様子で、職員が差し出したキャットフードを元気に食べたという。食事の後は、カゴの中で眠りについていた。

 今後1~2週間で飼い主が現れない場合は、猫を飼育できる都民に譲られる。同センターには既に、子猫を引き取りたいという問い合わせが数件寄せられているという。この子猫は1日朝、車掌から「走行中の列車の床下から猫の鳴き声がする」と連絡があり、蒲田駅で床下の機器の上に乗っているのを発見された。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

野球部員万引き、伊勢工校長が陳謝(2日)

 第93回全国高校野球選手権大会に三重県代表として出場する伊勢工の2年生部員が万引きをしていた問題で、県高野連の佐竹真一理事長と同校の落合英次校長らが2日、同校で記者会見し、落合校長は「関係者には多大な迷惑をおかけした。高野連には逐一報告し、指導を受けた」と述べた。

 佐竹理事長らによると、万引きに関係したのは2年生部員の8人。6月16日夕、8人は練習を終えて近くの商店に行った。しばらくして3年生が店に行き、物を取ろうとするような2年生の不審な動きを目撃。翌日、この3年生が主将に報告して問いただしたところ、数人が菓子を万引きし、8人で分けて食べたことなどを認めたという。県高野連から報告を受けた日本高野連が6月22日、野球部に対し口頭で厳重注意したという。

 会見には日本高野連審議委員を務める柴原高雄・県高野連顧問も同席。「日本高野連では3年生は関与していないことから、最近の例も踏まえて、対外試合の禁止ではなく厳重注意にしたと思う」と述べた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅全焼、次女か?焼け跡に遺体 高3兄「火つけた」(2日)

2日午前5時25分ごろ、北海道八雲町の介護施設職員(52)方付近から出火、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。道警八雲署によると、高校3年の次男(17)が「自分が火をつけた」と話しており、同署が詳しい事情を聴いている。亡くなったのは行方が分からなくなっている高校2年の次女(16)とみて確認を急いでいる。

 同署によると、近所の住民が火災に気付いて119番通報した。職員と長男(27)、長女(24)も煙を吸うなどして病院に運ばれた。

 現場は町営住宅や教員住宅がある静かな住宅街。近所の男性によると、「助けて」と叫ぶ声が聞こえて外に出ると、2階から黒煙が噴き出し、1階玄関付近からも火の粉が飛び散った。2階の窓から老夫婦が助けを求めていたため、近所の人たちと協力、ふとんを敷いて飛び降りさせたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

英国女性殺害 市橋被告の弁護人が控訴(2日)

千葉県市川市のマンションで平成19年、英国人英会話講師のリンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=を殺害したとして、殺人罪などに問われ、裁判員裁判の1審千葉地裁判決で無期懲役を言い渡された無職、市橋達也被告(32)について、弁護側は2日、東京高裁に控訴した。

関連記事

記事本文の続き 「殺意はなかった」と傷害致死罪の適用を求めていた弁護側に対し、1審判決は「首を圧迫した力の強さと時間の長さからして明確な殺意があった」と殺意を認定。検察側の求刑通り無期懲役を言い渡していた。

 1審判決によると、市橋被告は19年3月、自宅マンションでリンゼイさんの顔などを殴打し、両手足を縛って乱暴。さらに首を圧迫して殺害し、ベランダの浴槽内に遺棄した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不倫隠すため車のナンバー変造 40代巡査部長を書類送検(2日)

知人女性との不倫関係を隠すために自家用車のナンバープレートを不正に変造したとして、山形県警南陽署に勤めていた40代男性の巡査部長が今年2月に道路運送車両法違反の疑いで書類送検されていたことが2日、県警への取材で分かった。

 県警監察課によると、巡査部長は同月に略式起訴され、罰金刑を受けた。県警は巡査部長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。

 送検容疑は昨年8月、ナンバーの数字の一部に白いテープを貼って隠し、別の数字Msn_s1_3に見えるように変造した疑い。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110802/crm11080210310007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スリランカ人らの不法就労助長容疑 男2人逮捕「報酬ほしさにやった」(2日)

自分の会社で雇っているように装って飲食店などで働く外国人の不法就労を助けていたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、入管難民法違反(資格外活動)幇(ほう)助(じよ)の疑いで、埼玉県春日部市粕壁、運送会社社長、渡辺秀樹(44)と東京都足立区皿沼、会社員、貝塚英人(47)の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、渡辺容疑者は「報酬ほしさにやった。これまでに20人くらいの外国人の不法就労を助けた」と供述しているという。

 同課は、渡辺容疑者らが少なくとも平成19年11月ごろからスリランカ人13人と中国人7人の不法就労を助け、報酬として60~90万円のほか、月々3万円を受け取り、計約1500万円を得たとみている。スリランカ人らは実際には、飲食店などで働いていた。

 逮捕容疑は、21年2月~22年4月、スリランカ人の男2人が渡辺容疑者の運送会社で働いているよう装った雇用証明書を偽装し、在留資格更新を助けたとしている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110802/crm11080212230008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「強盗被害」と虚偽通報 鹿沼署(2日)

1日午前7時55分ごろ、宇都宮市、会社員男性(28)から「鹿沼市内で男に腕を切られ、現金18万円などが入った財布を取られた」と110番があった。鹿沼署が強盗致傷事件として会社員から詳しく事情を聴いた結果、虚偽通報と判明。同署は動機などについて任意で事情を聴く一方、軽犯罪法違反(虚偽申告)容疑などで立件する方針。

 同署によると、会社員は出勤途中だった同午前7時40分ごろ、同市池ノ森の自動販売機置き場でジュースを買うため乗用車から降りた際、後ろから男に右腕を切り付けられ、ズボンの後ろポケットから財布を奪われたなどと証言。右腕に軽い切り傷があった。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20110801/578248

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年の栃木・小山市住宅強盗事件で男4人を強盗致傷等の疑いで逮捕(2日)

栃木・小山市で2010年、住宅に男数人が押し入り住人を縛ったうえ、現金などが奪われた事件で、栃木県警は1日、男4人を強盗致傷等の疑いで逮捕した。
事件は2010年5月12日、栃木・小山市の住宅に男数人が押し入り、住人の50代の女性ら2人に対し、顔面や手足に粘着テープを巻きつけたうえ、けがをさせ、現金435万円や貴金属など、およそ1,800万円相当を奪って逃走したもの。
警察は1日、住居侵入・強盗致傷の疑いで、すでに別の窃盗事件などで逮捕・起訴されている神奈川・伊勢原市の無職・小池清貴容疑者(31)と、千葉・船橋市の無職・高橋隆生容疑者(41)ら4人を逮捕した。
4人はいずれも容疑を認めており、警察は組織的な犯行も視野に聴取を進める方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00204543.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城から自衛隊が撤収 県庁前で式典(2日)

東日本大震災で宮城県に災害派遣された自衛隊の撤収式が1日、県庁で行われた。

 村井嘉浩知事が「危険を顧みず、救出に向かう皆さんに生きる勇気を与えられた」とたたえると、陸上自衛隊第6師団長の久納雄二陸将は「精神的にも肉体的にも極限だったとき、支えになったのは『自衛隊ありがとう』の励ましだった」と謝辞。盛大な拍手に見送られた。

関連記事

記事本文の続き 被災3県で自衛隊の災害派遣が続いているのは福島県だけとなった。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

証拠隠し容疑で巡査長送検 栃木、未解決の330点(2日)

栃木県警は1日、虚偽公文書作成・同行使と証拠隠滅の疑いで県警捜査1課の男性巡査長(30)を書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。送検容疑は、平成21年2月~今年3月、前任の真岡署で、未解決事件36件の証拠品計約330点について、書類を偽造して検察庁に送ったように装い、保管場所から持ち出して隠したとしている。

 証拠品は窃盗事件などの被疑者の遺留品。同県警では時効3カ月前までをめどに、検察庁に送ることになっているが、巡査長は「事件で忙しく、いいかげんにやっていた」と話しているという。巡査長は証拠品を同署敷地内のプレハブ小屋などに隠していたが、今春の異動の際、ごみ捨て場にまとめて投棄していた。県警は1点以外は回収し、捜査に支障はなかったとしている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110801/crm11080122380016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月1日 | トップページ | 2011年8月3日 »