« 板橋の強盗殺人、DNA一致の男が容疑認める(8日) | トップページ | 福島第1原発:警戒区域での窃盗対策 最新鋭防犯装置配備(8日) »

2011年7月 8日 (金)

観覧車解体中、大型クレーン倒れ車4台が下敷き(8日)

7日午後4時20分頃、福岡市西区の「エバーグリーンマリノアホテル」(休館)敷地内で、観覧車「スカイドリームフクオカ」の解体作業をしていた大型クレーン車(550トン)が倒れた。

 観覧車の支柱も土台から横倒しになったほか、別の大型クレーン車(220トン)も倒れ、駐車中の車4台が下敷きになった。

 550トンのクレーン車の男性運転手(52)が運転席内で足を挟まれ軽傷を負った。福岡県警西署が業務上過失傷害容疑も視野に原因を調べている。

 観覧車は2001年12月にオープンし、当時は高さが国内で最も高い120メートルあった。利用者低迷で、09年に営業を停止、売却のため解体していた。

 

« 板橋の強盗殺人、DNA一致の男が容疑認める(8日) | トップページ | 福島第1原発:警戒区域での窃盗対策 最新鋭防犯装置配備(8日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観覧車解体中、大型クレーン倒れ車4台が下敷き(8日):

« 板橋の強盗殺人、DNA一致の男が容疑認める(8日) | トップページ | 福島第1原発:警戒区域での窃盗対策 最新鋭防犯装置配備(8日) »