« 室内に女性遺体:資産家の81歳、背中に刺し傷…小樽(6日) | トップページ | ベンツ北朝鮮不正輸出事件 警視庁、押収した「流通センター」建設の計画文書を公開(6日) »

2011年7月 6日 (水)

失踪15年:横山ゆかりちゃんの父「必ず見つける」(6日)

 群馬県太田市で96年7月、当時4歳の横山ゆかりちゃんが失踪してから7日で15年になる。その4日後には20歳の誕生日を祝福されるはずだった。ゆかりちゃんの自宅には昨年来、業者から、成人式用の振り袖のカタログが次々に届いた。父保雄さん(44)は「どんなに困難でも、必ずゆかりを見つけてみせる」と誓っている。

 「目に入れても痛くないっていうのは、こういうことなんだな」

 保雄さんはゆかりちゃんを初めて腕に抱いた時、そう思った。誕生日は7月11日。ゆかりちゃんは「大きくなったら、お菓子屋さんになりたい」と話し、保雄さんは「特別な才能がなくてもいい。元気に育ってほしい」と成長を見守った。

 しかし、96年に夫婦でゆかりちゃんを連れて出掛けたパチンコ店で、姿を見失った。店内の防犯カメラには、ゆかりちゃんに話しかける不審な男が映っていたが顔は判然としなかった。保雄さんは自宅にこもり「誘拐犯」からの電話を2カ月間待ち続けたという。

 あの日から15年。自宅には昨年から、誕生時の個人情報を基にしたとみられる、ゆかりちゃんあての振り袖カタログが次々届くようになった。

 「振り袖姿を思い浮かべようとしても、顔は4歳のままなんです」と保雄さん。パチンコ店に連れて行き、目を離したことを後悔する日々が今も続く。

 捜査が行き詰まる中、保雄さんは今年、新たな行動に出た。太田市と、隣接する栃木県足利市では79~96年、ゆかりちゃんら女児5人が半径10キロ圏で殺害されたり失踪する事件が未解決のままになっている。他の4家族に呼び掛け6月に家族会を結成した。保雄さんは「ゆかりは必ず帰ると信じている。警察は捜査を頑張ってほしい」と力を込めた。【塩田彩】

Logo_mainichi_s1_3

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110706k0000m040167000c.html

 

« 室内に女性遺体:資産家の81歳、背中に刺し傷…小樽(6日) | トップページ | ベンツ北朝鮮不正輸出事件 警視庁、押収した「流通センター」建設の計画文書を公開(6日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失踪15年:横山ゆかりちゃんの父「必ず見つける」(6日):

« 室内に女性遺体:資産家の81歳、背中に刺し傷…小樽(6日) | トップページ | ベンツ北朝鮮不正輸出事件 警視庁、押収した「流通センター」建設の計画文書を公開(6日) »