« 偽1万円札使用で男を逮捕 東京・昭島(13日) | トップページ | 「震災で金下ろせない」と寸借詐欺 男逮捕(13日) »

2011年7月13日 (水)

ピンクチラシ 街から姿消す 福岡市中心部 撲滅活動 効果表れ ネット台頭で需要低下も(13日)

性風俗店を宣伝する、いわゆるピンクチラシが福岡の街から消えつつある。名刺サイズからポスターほどの大きさまで肌もあらわな女性がほほ笑むチラシは、かつて電話ボックスや公衆便所、街路樹にまで貼られ、景観を台無しにしていた。激減したのは行政、警察、市民による撲滅活動が功を奏したことに加え、携帯電話やインターネットの普及でチラシの需要がなくなりつつあることも背景にあるようだ。

 福岡市役所によると、ピンクチラシが特に多かったのは2002-04年ごろ。中洲や天神の繁華街や博多駅筑紫口のホテル周辺では街路樹の枝にまでびっしりと貼られ、行政と市民ボランティアが撤去しても、夕方にはまた出現する“いたちごっこ”だった。

 対策として市は03年3月、悪質な違反者には懲役などの罰則を盛り込んだ「ピンクちらし等の根絶に関する条例」を施行した。04年3月にはより厳しく改正、チラシを所持しただけで100万円以下の罰金が科せられるようにした。

 福岡県警も、違法な業者の摘発を進めると同時に、チラシの製作を請け負う印刷業者の取り締まりを強化。生活環境課によると条例違反による摘発は04、05年の116人をピークに減り続け、今年はわずか1人という。

 撤去件数も激減。02年度は約360万枚と1日あたり約1万枚回収していたが、10年度は約5万7千枚。公衆電話を管理するNTT西日本は「目に見えて被害が少なくなった」という。市民ボランティアも「かつては住宅街や通学路にも貼られていたが、見かけなくなった」と口をそろえる。

 こうした背景について県警幹部は(1)携帯電話の普及で主な貼り場所だった公衆電話が減った(2)性風俗店の無料案内所が乱立し、需要がなくなった(3)広告媒体がチラシからインターネットに変わった-などと分析する。一方で「最近は無差別に貼るのではなく、ビジネスホテルに忍び込んで客室の隙間から入れるなど手口が巧妙化している」とも話す。

 福岡市都市景観室の続孝之室長は「官民が一体で取り組んだ成果。ただ依然として根絶には至っておらず、今後も撤去活動を続けていく」としている。

=2011/07/13付 西日本新聞夕刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/253246

 

« 偽1万円札使用で男を逮捕 東京・昭島(13日) | トップページ | 「震災で金下ろせない」と寸借詐欺 男逮捕(13日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52197749

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクチラシ 街から姿消す 福岡市中心部 撲滅活動 効果表れ ネット台頭で需要低下も(13日):

« 偽1万円札使用で男を逮捕 東京・昭島(13日) | トップページ | 「震災で金下ろせない」と寸借詐欺 男逮捕(13日) »