« 捜査資料、再就職当日に入手 元警部、任意段階で供述(23日) | トップページ | 京都女性殺害 事件前、親しい人招いた?(23日) »

2011年7月23日 (土)

警察庁に標的型メール…接続先、半数が中国(23日)

官公庁や企業のパソコンから機密情報を抜き取るため、ウイルスを仕込んだメールなどを送る「標的型攻撃」について、5月に警察庁の複数部署の職員に届いた24通のメールの接続先を同庁が分析したところ、半数が中国だったことが分かった。

 日本の政府機関への標的型メールが、同庁にも届いていることが公になったのは初めて。

 同庁によると、届いたメールは、開くと外部サーバーに強制的に接続されて情報が抜き取られる仕組み。12通は中国につながるプログラムで、残りは接続先を特定できなかった。いずれも開封していないため、情報漏えいはなかった。

 メールは他省庁からの発信を装い、タイトルに「至急」や「資料」などの単語が入っていた。届いた職員の所属は様々で、アドレスがどのように伝わったのかは分かっていないという。

 

« 捜査資料、再就職当日に入手 元警部、任意段階で供述(23日) | トップページ | 京都女性殺害 事件前、親しい人招いた?(23日) »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁に標的型メール…接続先、半数が中国(23日):

« 捜査資料、再就職当日に入手 元警部、任意段階で供述(23日) | トップページ | 京都女性殺害 事件前、親しい人招いた?(23日) »