« 40万円載せた車奪う 強盗容疑で男逮捕(16日) | トップページ | 男性が刺され死亡…知人「酒飲んで口論に」(16日) »

2011年7月16日 (土)

韓国で「政界工作」か…対北不正輸出事件(16日)

 北朝鮮への高級外車不正輸出事件で、朝鮮籍の自称会社役員、安成基(アンソンギ)被告(71)=外為法違反罪で起訴=の関係先を警視庁公安部が家宅捜索した際、韓国の国会議員や軍高官らの名刺を押収していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。公安部は安被告を朝鮮労働党の工作員とみており、韓国内に北朝鮮に対する宥和的な世論を形成するため、政界などに接触して工作活動をしていた疑いがあるという。

関連記事

記事本文の続き 公安部は先月、安被告の東京都内の自宅や関係する会社などを家宅捜索。捜査関係者によると、その際、韓国の国会議員や政府高官、高級軍人、業界団体の実力者らの名刺が多数押収された。

 安被告は平成20年9月と12月、経済制裁が行われている北朝鮮へ中古の高級外車を無許可で輸出したとして逮捕・起訴されているが、活動はそれだけにとどまらず、頻繁に韓国を訪れ、政界などに接触していたとみられる。

 公安部によると、安被告は調べに対し「私はただの在日朝鮮人のビジネスマンとは違う」「祖国のために活動し、韓国で国会議員に接触するなど、工作活動に従事していた」と認めたという。

 公安部の調べでは、安被告の「工作活動」は、外貨獲得や物資調達などのための貿易推進、日本などでの協力者獲得といった経済的な活動に加え、韓国実力者の協力を得て政治的な地下組織を設立することだった疑いがある。

 韓国では今月、民間の大学教育研究機関の幹部らが北朝鮮工作機関「225局」の指示で、政治扇動活動をする地下組織を構築した疑いで家宅捜索を受ける事件が起きている。公安部では、安被告も同様の地下組織設立を目指して活動していたとみている。

 公安部によると、安被告は不正輸出をめぐって、この225局の前身に当たる対外連絡部朝鮮労働党の秘密資金を管理する「39号室」の傘下にある組織「朝鮮サンミョン」の指示を受けていた。

 事件以前から、その一部署である「サンミョン2」ナンバー2の60代女性幹部から直接指示を受けていた形跡があり、北朝鮮のために政治や経済工作を行っていた可能性がある。

 周囲に「自分はサンミョン2の日本側のトップ」と話し、日本では少なくとも5人の協力者を育成。自分の「補助工作員」として利用していたとみられる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 40万円載せた車奪う 強盗容疑で男逮捕(16日) | トップページ | 男性が刺され死亡…知人「酒飲んで口論に」(16日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52221014

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国で「政界工作」か…対北不正輸出事件(16日):

« 40万円載せた車奪う 強盗容疑で男逮捕(16日) | トップページ | 男性が刺され死亡…知人「酒飲んで口論に」(16日) »