« 英女性殺害の被告人質問「誘惑に負けた」 (8日) | トップページ | 息子に刺され父親死亡か 別居中の父親、離婚話で妻ともめる?包丁持ち部屋に(8日) »

2011年7月 8日 (金)

未承認の韓国製避妊薬を販売 韓国人2人逮捕「日本の薬売るだけではもうからず」(8日)

未承認の韓国製避妊薬を販売目的で持っていたとして、警視庁組織犯罪対策1課は薬事法違反の現行犯で、いずれも韓国籍で東京都新宿区大久保、医薬品販売会社「清雅」の社長、朴昭妍(47)と調布市西つつじケ丘、従業員、林泰完(44)の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、2人は「日本の薬を売るだけではもうからなかった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は6日午後0時55分ごろ、朴容疑者の自宅で、韓国で市販されている日本未承認の避妊薬「モシロン錠」3箱などを販売目的で持っていたとしている。

 同課は朴容疑者の自宅から約100種類500点の医薬品を押収した。同店では月約190万円を売り上げていたとみて調べている。同課によると、朴容疑者が韓国で買い付けし、郵送したり自分で日本に持ち込んだりして仕入れていた。モシロン錠は韓国で1箱980円で購入し、日本では1500円で売っていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110708/crm11070811550007-n1.htm

 

« 英女性殺害の被告人質問「誘惑に負けた」 (8日) | トップページ | 息子に刺され父親死亡か 別居中の父親、離婚話で妻ともめる?包丁持ち部屋に(8日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52151021

この記事へのトラックバック一覧です: 未承認の韓国製避妊薬を販売 韓国人2人逮捕「日本の薬売るだけではもうからず」(8日):

« 英女性殺害の被告人質問「誘惑に負けた」 (8日) | トップページ | 息子に刺され父親死亡か 別居中の父親、離婚話で妻ともめる?包丁持ち部屋に(8日) »