« 「けんかしに来たんや」ボランティアバスの選定要求(6日) | トップページ | 室内に女性遺体:資産家の81歳、背中に刺し傷…小樽(6日) »

2011年7月 6日 (水)

熱中症死、1か月で19人…搬送は8372人(6日)

5月30日~7月3日の熱中症による死者が19人に達し、昨年同時期(6月1日~7月3日)の5人の約4倍となったことが5日、総務省消防庁の統計(速報値)でわかった。

搬送されたのは8372人で、昨年同時期(2704人)の約3倍。梅雨のさなかに猛暑が続いているのが原因とみられ、総務省消防庁は「節電が呼びかけられているが、無理せず、エアコンや扇風機を上手に使って、熱中症を予防してほしい」としている。

 気象庁によると、昨年は、7月3日までに、最高気温35度以上の猛暑日が計4日で延べ20か所だったが、今年は3日までに計11日、延べ245か所と猛暑ぶりが際立っている。6月29日には、今年最多の全国74か所で猛暑日を記録し、全国で1154人が熱中症により搬送され、うち6人が死亡した。

(2011年7月5日22時18分  読売新聞)

 

« 「けんかしに来たんや」ボランティアバスの選定要求(6日) | トップページ | 室内に女性遺体:資産家の81歳、背中に刺し傷…小樽(6日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症死、1か月で19人…搬送は8372人(6日):

« 「けんかしに来たんや」ボランティアバスの選定要求(6日) | トップページ | 室内に女性遺体:資産家の81歳、背中に刺し傷…小樽(6日) »