« 2011年7月28日 | トップページ | 2011年7月30日 »

2011年7月29日

2011年7月29日 (金)

去年も手配犯3人が出国審査すり抜け(29日)

入管当局が出国審査で指名手配犯を見落としていた問題で、去年も1年間で3人の容疑者が審査をすり抜けて国外へ逃亡していたことがJNNの取材でわかりました。

 この問題は、警察当局が指名手配し、国外への逃亡を防ぐため、入国管理局に通報した事件の容疑者が、出国審査をすり抜けて国外に逃亡していたことが明らかになったものです。

 見落とした容疑者の数について、法務省は28日、「今年に入って4人」と説明していましたが、調査の結果、去年も1年間で3人に対して同様のミスがあったことがJNNの取材で新たにわかりました。これで、去年以降、合わせて7人の容疑者が国外へ逃亡していたことになりますが、この中に凶悪犯が含まれるかについて、法務省は「答えられない」としています。

 一方、去年以降、出国審査で身柄を確保できたのは18人で、警察当局が通報した容疑者のおよそ3割が出国審査で見落とされ、国外へ逃亡していたことになります。

 法務省では、入国審査官がパソコンの警告サインに気付かなかった人的ミスが原因とみて、システムの改善を検討しています。(29日17:26)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4788466.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

老夫婦、車中にスイカやメロン30個…窃盗容疑(29日)

山形県警鶴岡署は28日、同県鶴岡市大西町、無職長南貞夫容疑者(81)と妻で無職の智子容疑者(74)を窃盗容疑で逮捕した。

 発表によると、両容疑者は28日午前9時10分頃、同市茨新田の農業男性(60)のメロン畑からアンデスメロン3個(時価1500円相当)を盗んだ疑い。

 2人の車の中には、スイカやメロンなど約30個があり、同署は余罪があるとみて調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災者装い支援物資を詐取、ネットで売却か(29日)

東日本大震災の被災者を装い、インターネットの支援サイトを通じて支援物資をだまし取ったとして、愛知県警は29日、同県津島市越津町、無職服部匡哉容疑者(21)を詐欺容疑で逮捕した。

 県警は、服部容疑者が計13回にわたって全国の支援者からベビー用品や衣類、書籍などを送らせ、ネットオークションで売却していたとみている。

 発表によると、服部容疑者は、東京都の民間活動団体(NGO)が運営する支援サイトに「福島県の服飾専門学校に入校中に地震に遭い、必死に逃げてきた。化粧品や衣類、本、CDを支援要請します」と虚偽の書き込みをし、5月下旬、このサイトを見た埼玉県内の男性会社員(40)からパソコン用プリンターのインクカートリッジ9個(約2万円相当)を送らせ、だまし取った疑い。

 このサイトでは、被災者が必要な物資を、支援者が提供可能な物資をそれぞれ登録し、NGO側が橋渡しをしている。6月下旬、サイトの登録者から「支援物資がネットオークションに出品されている」との指摘を受けたNGOが、愛知県警に届け出ていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバーパトロールで発見 児童ポルノ所持で逮捕(29日)

金沢東署が児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)の疑いで、群馬県伊勢崎市下植木町、会社員、飯野勇容疑者(38)を逮捕していたことが29日、分かった。

 逮捕容疑は28日朝、自宅のパソコンでファイル共有ソフト「eMule(イーミュール)」の共有フォルダー児童ポルノ画像を保存し、インターネット上の不特定多数の人に閲覧させる目的で所持したとしている。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、飯野容疑者は「2、3年前から児童ポルノ画像を収集していた」と供述。石川県警少年課が5月、サイバーパトロールで画像を発見。飯野容疑者を割り出して、28日に家宅捜索し現行犯逮捕したという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗難の散弾銃持ち郵便局強盗 容疑の53歳男を逮捕 広島(29日)

29日午後2時半ごろ、広島県庄原市本村町の備後本村郵便局に散弾銃を持った男が押し入り「金を出せ」と局員らを脅した。男は間もなく局長ら3人に取り押さえられ、庄原署が強盗容疑で現行犯逮捕した。

 県警によると、男は同市西城町西城の木工業、秋山健二容疑者(53)。持っていた散弾銃は、27日に同署に盗難届があったものと型番が一致。秋山容疑者も盗んだことを認めている。

 局内には当時、局長のほか局員と女性客の計4人がいた。脅された局員が現金100万円を差し出したところ、「もっと出せ」と要求した。銃に弾は入っていなかった。

 庄原署には27日、庄原市西城町の会社員の男性(64)から「自宅で保管していた散弾銃が盗まれた」と届け出があり、捜査中だった。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110729/crm11072919540027-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強制わいせつ容疑で男逮捕 ミニバイク使い被害数十件 愛知県警(29日)

自転車の女性に背後からミニバイクで近づいて脅し、体を触ったとして、愛知県警中川署などは29日、強制わいせつの疑いで、名古屋市中川区長須賀、無職、木村貴人容疑者(32)を逮捕した。

 中川署によると、平成20年以降、名古屋市やあま市などで、同様の手口によるわいせつ事件が数十件発生。また、木村容疑者と特徴が似た男によるバイクでのひったくり事件も数百件あったといい、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は昨年9月、名古屋市の路上で、自転車で帰宅途中の女性=当時(25)=にミニバイクで背後から近づいて「痛い思いをしたくなかったら胸を触らせろ」と脅し、近くの駐車場で体を触ったとしている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110729/crm11072920310031-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県警巡査長、警察手帳を紛失 ズボンのポケットに入れ(29日)

兵庫県警川西署は29日、地域3課の男性巡査長(28)が警察手帳を紛失したと発表した。悪用は確認されていないという。

 発表によると、巡査長は26日午後、ズボンのポケットに警察手帳を入れて退庁。27日は手帳の有無を確認せずに勤務したが、28日朝の出勤前になって自宅で手帳がないことに気づいた。26、27の両日は勤務後に飲食や買い物などで伊丹、尼崎、西宮各市や大阪市に出かけたという。

 宮本泰彦副署長は「早期発見に努めるとともに、管理を徹底する」とコメントした。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110729/crm11072921560034-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)

事件が優先だsign03

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201107240957000

 名古屋市名東区の路上で、50歳の女性が歩いて帰宅途中、左後方から来たミニバイクの男にショルダーバッグをひったくられそうになり、手でバッグをつかんで抵抗したため約5メートル引きずられ、女性は肋骨と左鎖骨を折る重傷。約1時間の間に数キロ以内でミニバイクを使って女性ばかりを狙う同様手口のひったくりが未遂を含めて他に3件発生しており警察は関連を調べている=産経新聞電子版

 ひったくり事件は、場合によっては死亡事件に繋がる重大事件。そのインフラとなるバイク。そのバイクの所有者情報を持つのは自治体だ。

 この事件とは関係ないが、例えば目撃者の情報からバイクの登録ナンバーが分かり、警察が自治体に「ナンバー照会」しようとしても、自治体が守秘義務をタテに照会を拒む例が増えている。

 この問題、平成18年7月、改正道交法で放置された違反車両の持ち主からも違反金をとれることから、警察が持ち主を照会したところ、札幌市が「守秘義務」をたてに断った経緯がある。

 しかし、その後、総務省は「秘密には当たらない」との見解を都道府県に通知しているはずだ。したがって、拒否する自治体があれば〝捜査妨害〟と言われてもしかたがないだろう。こんな自治体は住民の安全無視も甚だしい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

宅配ピザ店員から現金奪い逃走(29日)新潟市

28日午後10時ごろ、新潟市東区船江町1の山の下海浜公園駐車場で、20代後半とみられる男が、宅配ピザを注文して呼び出した男性店員(25)にナイフを突きつけて脅し、現金約1万5千円の入ったウエストポーチを奪って逃走した。

 新潟東署によると、男は身長約175センチでがっちりした体格。白色Tシャツに黒色っぽいズボンと野球帽を身に付けていた。男性店員にけがはなかった。男は注文したピザ1枚も持ち去ったという。同署では強盗事件とみて、調べている。

新潟日報2011年7月29日http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/25482.html

2010_0123_11120247newslogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都営アパートで男性死亡、顔に打撲の跡 (29日)

警視庁によりますと、28日午後11時ごろ、東京・立川市の都営アパート8階の部屋で、この部屋に住む無職の飯田邦和さん(35)が死亡しているのを同居している母親が見つけました。

 飯田さんは、部屋にあるパイプハンガーと呼ばれる洋服かけにもたれかかった状態で死亡していて、顔や腰には打撲の跡があったということです。

 警視庁は、飯田さんが事件に巻き込まれた可能性もあるとみて29日午後から司法解剖を行い、死因を調べることにしています。(29日11:33)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4788251.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・杉並区のウナギ店で開店準備をしていた店主ら2人病院に搬送 一酸化炭素中毒か(29日)

東京・杉並区のウナギ店で29日昼ごろ、開店の準備をしていた店主ら2人が、一酸化炭素中毒とみられる症状で病院に搬送された。
杉並区和田のウナギ店「小満津(こまつ)」で午後0時半ごろ、「煙を吸って具合が悪くなった」と通報があった。
店では、店主の男性(60代)と、その妻(50代)が開店準備中に木炭から火をおこしていたところ、気分が悪くなったという。
2人は病院に搬送されたが、意識はあるという。
警視庁は、2人が一酸化炭素中毒になった可能性があるとみて、くわしい状況を調べている。

Logo4

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

御堂筋の赤い服騒動 防犯カメラに若い女性(29日)

大阪市のメーンストリート「御堂筋」で彫刻群19体に赤い服のような布が付けられた騒動で、付近に設置された防犯カメラに、若い女性とみられる人物が、彫刻に服を着せる様子が映っていたことが28日、分かった。自転車で近づき、赤い布を手早く着せているが、19体分の衣装を自転車1台で運ぶのは難しく、複数による“同時多発犯行”の可能性も浮上してきた。

 防犯カメラは、御堂筋の淀屋橋-本町間の西側にあるビルに設置された2台。ビル前にある「啓示」と題した女性像の彫刻付近を撮影中の25日午前4時8分ごろ、南から自転車が近づき、降りた人物が前かご付近から布を取り出し、台座にあがって彫刻にかぶせる様子が映っていた。

 この人物は若い女性とみられ、白っぽい上着に短めのズボン姿。大きなバッグを背負っていた。またこの「女性」が作業を終えて自転車で立ち去る際、彫刻の前で別の自転車に乗った若い男性とみられる人物とすれ違ったが、その際顔を見合わせ、“合図”を交わしたようにも見える。

 大阪市は被害届を出さない方針だが、この防犯カメラを管理する民間会社は、大阪市側から照会があった場合、映像の提供にも応じる意向をみせている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

免職通知渡され「刺してやる」元市臨時職員逮捕(29日)

島根県警松江署は28日、松江市八雲町平原の元同市臨時職員柳原司容疑者(49)を脅迫容疑で逮捕した。

 同署や市によると、柳原容疑者は5月1日から、臨時職員として採用されていたが、遅刻や欠勤が続くなどしたため、今月25日付で免職された。26日午後2時45分頃、免職通知を渡した同市人事課の男性職員(47)に「けんかを売る気か。刺してやる」などと言って脅迫した疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

5メートル引きずられ女性会社員骨折 名古屋でミニバイク連続ひったくり(29日)

28日午後11時45分ごろ、名古屋市名東区社台3丁目の路上で、歩いて帰宅途中の近所の女性会社員(50)が、左後方から近づいてきたミニバイクの男にショルダーバッグをひったくられそうになり、手でバッグをつかんで抵抗したため約5メートル引きずられた。女性は肋骨と左鎖骨を折る重傷。

 名東署によると、男は黒っぽい服に、黒のヘルメットを着用。同署は強盗致傷容疑で逃げた男の行方を追っている。

 午後11時15分から29日午前0時15分ごろにかけて、数キロ以内でミニバイクを使って女性ばかりを狙う同様の手口のひったくりが未遂を含めて他に3件発生しており、同署が関連を調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110729/crm11072909010001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

伊良部秀輝元投手が死去 地元警察は自殺とみて捜査(29日)

プロ野球のロッテ、阪神や米大リーグのヤンキースで投手として活躍、日米通算106勝を挙げた伊良部秀輝さんが、米ロサンゼルス近郊の自宅で死去していたことが28日、分かった。42歳。ロサンゼルス郡保安官事務所当局者が明らかにした。同事務所は自殺とみている。

 連絡が取れないことを心配した友人らの通報を受け、同事務所が27日に自宅を調べ、遺体を発見した。

 香川・尽誠学園高から1988年にドラフト1位でロッテ入り。97年にはヤンキースに移籍して活躍した。2003年に阪神で日本球界に復帰し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、04年に戦力外となった。(共同)

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110729/bbl11072905160003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大量の交通違反切符を自宅に放置 警部補を処分(29日)

茨城県警の警部補(53)が、大量の交通違反の切符を処理しないで自宅に隠していたとして懲戒処分されました。

 茨城県警の男性警部補は2006年から2009年の間に、飲酒運転の違反切符など58件の公文書を自宅に隠していたとして書類送検されました。無免許運転や速度違反なども含まれ、大半がすでに時効になっています。警部補は「長期間、書類を放置していたのが発覚するのが怖かった」と話しているということです。県警は、停職3カ月の懲戒処分とし、警部補は28日付で依願退職しました。県警は「極めて遺憾で、再発防止を徹底する」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210728048.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横領容疑:高崎の堀越学園学生寮を家宅捜索(29日)

群馬県高崎市の学校法人「堀越学園」が運営する創造学園大の男性学長(63)が、知人から預かった古美術品を勝手に処分した横領の疑いがあるとして県警は28日、古美術品を保管していた学園の学生寮を家宅捜索した。

 この知人によると、09年に学園に貸した甲冑(かっちゅう)や古伊万里などの美術品約100点の一部を勝手に売却されたとして10年5月に告訴した。

 創造学園大は09年、覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた元女優、酒井法子さんが入学し話題になった。東京都内で堀越高校を運営する堀越学園とは別法人。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110729k0000m040131000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

故三浦氏報道、朝日新聞社側が勝訴(29日)

 「ロス疑惑」で殺人罪に問われて無罪が確定した三浦和義氏(故人)が、2008年2月にロス市警に殺人容疑で逮捕されたことをめぐり、三浦氏の遺族が「逮捕後の報道で名誉を傷つけられた」と朝日新聞社に1100万円の支払いなどを求めた訴訟で、東京地裁は28日、遺族の請求を棄却する判決を言い渡した。

 問題とされたのは、「ロス市警『新証拠ある』」などの見出しで、ロス市警が逮捕に踏み切った理由について米連邦捜査局(FBI)が警察庁に回答した内容などを報じた08年2月25日付の記事。

 村上正敏裁判長は「ロス市警が逮捕に踏み切った理由として新証拠の存在を挙げていることが、真実だと信じる相当の理由があった」などと述べ、朝日新聞社の責任を否定した。判決は、「ロス疑惑をめぐる事実関係には広く国民が関心を持っていたため、逮捕された理由などを報道する必要性があった」とも指摘した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出会い系で少女に売春させる女2人逮捕(29日)

出会い系サイトを使って18歳未満の少女に買春をさせたとして、埼玉県警少年捜査課と幸手署は28日、児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)容疑で、幸手市のアルバイト女(20)=犯行当時(19)=と春日部市の無職少女(17)を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 少年捜査課などの調べでは、アルバイト女は3月22日と26日の2回にわたり、知人の当時県立高校2年の女子生徒(17)が18歳未満と知りながら、無職少女が住んでいた幸手市内のアパートで、出会い系サイトで探した杉戸町の男性会社員(40)ら2人を相手に1回1万5000円から2万円で買春をさせた疑いが持たれている。

 また、無職少女は2月17日と22日の2回にわたり、春日部市内のホテルなどで、女子生徒に久喜市の男性会社員(38)ら2人を相手に1回1万5000円から2万円で買春をさせた疑いが持たれている。

 少年捜査課によると、女子生徒と無職少女は中学時代の先輩と後輩で、女子生徒が無職少女に借金があり、この返済を理由に女子生徒に買春させ、アルバイト女とともに代金を全額取り上げていたという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月28日 | トップページ | 2011年7月30日 »