« 2011年7月27日 | トップページ | 2011年7月29日 »

2011年7月28日

2011年7月28日 (木)

車から盗んだ下着“900枚” 36歳男を逮捕(28日)

盗んだとみられる下着類およそ900枚が車から見つかりました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、愛知県一宮市の会社員・斉藤宏容疑者(36)です。警察の調べによりますと、斉藤容疑者は去年10月、名古屋市西区にあるコインランドリーの乾燥機の中から、下着など34枚を盗んだ疑いです。警察の調べに対し、斉藤容疑者は容疑を認めていて、車の中からは下着類およそ900枚が見つかりました。警察は、斉藤容疑者が3年ほど前から名古屋市などのコインランドリーで下着を繰り返し盗んでいたとみています。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210728034.html

2009_1229_211958annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

懸賞金:スーパー強殺事件など受付期間を延長…警察庁(28日)

95年に東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」でアルバイトの女子高生ら3人が射殺された強盗殺人事件で、警察庁は28日、事件解決に結び付く情報の提供者に支払う懸賞金について、情報の受付期間を30日から1年間延長することを決めた。

 栃木県日光市(旧今市市)で05年12月、小学1年の女児が下校途中に連れ去られ、茨城県の山林で遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件についても、8月1日から1年間延長する。

 八王子の事件については、地元の防犯協会など民間団体による私的な懸賞金300万円も支払われる。今市の事件については、公的懸賞金が懸けられる以前に設定されていた家族らによる200万円の私的懸賞金を今回から復活させる。

 また、警察庁は、09年11月に新潟市で発生した、タクシー内で運転手の男性が刺殺され、売上金が奪われた強盗殺人事件についても300万円の懸賞金を懸けることを決めた。期間は7月29日から1年間。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110729k0000m040071000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年5人「AKB48グッズほしくて」募金箱窃盗14件 大阪(28日)

コンビニエンスストアや牛丼店などで東日本大震災の義援金が入った募金箱窃盗を繰り返したとして、大阪府警少年課は28日、窃盗容疑で大阪府守口市などに住む高校生3人を含むいずれも15歳の少年計5人を逮捕し、大阪地検に最終送致したと発表した。グループは14件の募金箱窃盗で現金約6万6千円を手にしていた。中心メンバーの3人は人気アイドルグループ「AKB48」の熱狂的ファン。「グッズやCDを買う金がほしくてやった」などと供述しているという。

 府警によると5人は、5月29日に守口市内のコンビニで、レジ付近にあったそれぞれ現金約1万円が入った募金箱2つを盗むなど、グループ内でメンバーを変えながら5月下旬から6月上旬までの間、守口市や大阪市内などで14件の犯行を繰り返したとされる。

 5人は中学の同級生。犯行時は見張り役など役割を分担し、1晩で4件の犯行を繰り返したこともあったという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110728/crm11072819020021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「菅首相に罰を与える」官邸前でナイフ所持 男を現行犯逮捕(28日)

 首相官邸前でナイフを所持していたとして、警視庁は銃刀法違反の現行犯で、東京都清瀬市梅園、無職、福島俊樹容疑者(36)を逮捕した。警視庁によると、福島容疑者は「菅直人首相が辞めないので、罰を与えるために来たが、警察官がいるのでできなかった」と供述している。

 逮捕容疑は27日午後10時半ごろ、東京都千代田区の首相官邸前の路上で、果物ナイフ(刃渡り約11センチ)を所持していたとしている。

 警視庁によると、福島容疑者は、官邸の警備にあたっていた機動隊員に「バッグの中に刃物が入っている」と自ら名乗り出たため、その場で取り押さえられたという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110728/crm11072819510022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)

地域社会と少年犯罪

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201107211013000

 名古屋市昭和区の70歳の無職女性宅に侵入し、携帯電話やノートパソコンなど64点(約5万円相当)を盗んだ疑いで17歳の少年と小学6年の弟(11)の兄弟が愛知県警に逮捕された。

 警察庁によると平成22年の少年による窃盗事件で、共犯事犯の検挙者数は1243人で単独犯は1568人。単独犯の54.8㌫に対して共犯は45.2㌫だった。

 少年の検挙人員は7年連続で減少しているが、同じ年齢層の人口1000人当たりの検挙人員は成人の5.1倍に上っているという。また刑法犯少年に占める再犯者の割合は31.5㌫で、増加する傾向にある。

 警察は少年補導員を中心に少年相談、街頭補導などの活動など総合的な非行対策を実施しているが、なんと言っても第一義的には家庭。さらに、非行少年は地域社会も見逃さないという連携が必要だが、近年は、街頭でうっかり少年に声をかけようものなら、親が「不審な人から声をかけられた」と逆に警察に通報されかねないのである。おかしな世の中になってしまったものだ。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

横領:総額1億9000万円着服か…警視庁、容疑者を逮捕(28日)

取引先に代金を支払ったように装って、現金計2900万円を着服したとして、警視庁捜査2課は28日、東京都東久留米市東本町5、住宅メーカー「三井ホーム」(東京都新宿区)元社員、柳詰(やなづめ)清孝容疑者(52)を業務上横領容疑で逮捕した。社内調査によると、03年12月~今年2月に総額1億9000万円を着服したとみられる。

 逮捕容疑は05年5月~07年8月、三十数回にわたって会社の口座から現金を引き出すなどして横領したとしている。柳詰容疑者は「遊興費や株の購入、外車購入の頭金に使った」と容疑を認めているという。捜査2課によると、柳詰容疑者は同社東京西支店(武蔵野市)で経理責任者を務めていた。口座から現金を引き出した際の伝票を偽造し、取引先に代金を支払ったように装っていたという。

 同社は今年2月、横領を把握、翌月、柳詰容疑者を懲戒解雇した。【川崎桂吾、前谷宏】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110728k0000e040052000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ちくられ退学、頭にきた」少年3人逮捕(28日)

同級生だった少年に告げ口をされ退学になったことに腹を立て暴行したなどとして、警視庁少年事件課は監禁と傷害の疑いで、東京都府中市の無職少年(15)ら15~19歳の少年3人を逮捕した。

 同課によると、少年は「高校を続けたかったのに、ちくられて退学になったので頭にきた」と容疑を認めているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、6月20日午後9時5分ごろ、同市で、都立定時制高校1年の男子生徒(16)を車に乗せ、「逃げたら車でひくぞ」と脅して約10分間監禁した上、近くの公園で頭突きするなどの暴行を加え、軽傷を負わせたとしている。

 同課によると、少年と男子生徒は同じ高校に通っていたが、男子生徒が今年4月中旬ごろ少年に恐喝されていることを教員に相談していた。少年は、今年5月に退学処分になっていた。

 同課によると、少年らは同市内を中心に活動する不良グループの構成メンバーだったという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

指名手配犯、入管すり抜け国外逃亡 法務省が経緯調査(28日)

警視庁などが指名手配し、国外逃亡を防ぐため、警察庁を通じて入国管理局に手配していた事件の容疑者数人が、今年に入って成田空港などから出国していたことが28日、分かった。入管のミスが原因とみられ、法務省が経緯を調査している。

 警察庁によると、今年1月以降、容疑者数人が成田空港などから相次いで出国したことが確認された。殺人など重要犯罪の容疑者は含まれていないという。

 各都道府県警が指名手配した容疑者をめぐっては、国外逃亡を防ぐため、警察庁を通じて入管に「国際海空港手配」の手続きを実施。出国審査の際、旅券などから手配犯であることがコンピューターで自動的に検知される仕組みとなっている

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110728/crm11072813510013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

17歳少年、小学6年の弟と盗み 名古屋(28日)

愛知県警昭和署などは28日、名古屋市内の女性宅から携帯電話などを盗んだとして、窃盗の疑いで、名古屋市瑞穂区の無職少年(17)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は午前1時50分ごろ、同市昭和区の無職女性(70)宅に小学6年の弟(11)と一緒に侵入し、携帯電話やノートパソコンなど64点(約5万円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、2階で寝ていた女性の家族が物音に気づいて110番し、駆けつけた自動車警ら隊員が身柄を確保した。同署は、弟を児童相談所に通告した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110728/crm11072814470020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元刑事課長、部下の車で飲酒運転…警官も同乗(28日)

同僚と酒を飲んだ後に車を運転したとして、広島県警監察官室は27日、三次署の元刑事課長の男性警部(49)=三次署付=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで地検に書類送検した。

 県警は同日、警部を停職6か月の懲戒処分とした。

 発表によると、警部は5月15日、三次市吉舎町の公園で署員や元警官らと開いた懇親会でバーベキューを食べながら飲酒。「ちょっと乗せてみいや」と部下の車に乗り、園内や林道を約1キロ運転した疑い。缶ビール2本と日本酒1・5合程度を飲んだというが、「飲んで2時間たっており、酔いはさめて大丈夫だと思った」と話しているという。

 また、飲酒運転と知っていながら警部が運転する車の助手席に同乗し、制止しなかった同署の巡査部長(40)を戒告、車を貸した巡査長を所属長注意処分にした。中村和博首席監察官は「誠に遺憾で、深くおわびする。指導の強化で再発防止に努める」とのコメントを出した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・川越市で80代の両親と川で自殺図り、殺害した疑い 63歳の長男逮捕(28日)

埼玉・川越市で、80代の両親と川で自殺を図り殺害した疑いで、長男が逮捕された。
飲食店経営・松本 悟容疑者(63)は、26日夕方、川越市の入間川で、両親の晋さん(89)とリウ子さん(83)と川で自殺を図り、殺害した疑いが持たれている。
自宅からは、遺書とみられるメモが見つかっており、調べに対し、松本容疑者は「両親を道連れにして心中しようとしたが、死ねなかった」と話しているという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00204239.htmlLogo4_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラセブン:マスク盗まれる ダン役俳優は「返して」(28日)

特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の撮影に使われたセブンのマスクが、モロボシ・ダン役の俳優、森次晃嗣さん(68)の経営する神奈川県藤沢市のレストランから盗まれていたことが27日、分かった。県警藤沢署が窃盗容疑で捜査している。

 森次さんは「マスクは本物で、私の分身。店を訪れるファンのためにもすぐに返してほしい」と訴えている。

 藤沢署によると、25日昼ごろ、店内の棚に飾ってあったマスクがなくなり、空のプラスチックケース(縦60センチ、横40センチ)だけがテーブルに置かれているのを森次さんが発見、110番した。店は定休日で、セブンのフィギュアなどがほかに約50点あったが、無事だった。

 森次さんは「親交のある俳優の京本政樹さんから贈られたマスク。テレビの鑑定番組で500万円の値が付いたこともあったが、お金には換えられない。とても悲しい」と話している。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/flash/news/20110728k0000m040130000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店に刃物男、数百万円奪い逃走(28日)

27日午後10時50分頃、岐阜県山県市高富のパチンコ店「ブラボー」に男が押し入り、数百万円を奪って逃げたと、同店から110番があった。

 当時、店は閉店しており、店員3人がいたが、けがはなかった。

 山県署で強盗事件として調べている。

 発表によると、男は店のシャッターを閉めていた女性店員に刃物を突きつけて脅し、2階の事務室に案内させ、金庫などから数百万円を奪って逃げたという。

 男は身長約1メートル70、30~40歳、黒っぽい服装でニット帽を深くかぶり顔を隠していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げの疑いで女逮捕、男性は死亡(28日)

27日未明、千葉市中央区で自転車に乗っていた男性が乗用車にひき逃げされ死亡した事件で、警察は乗用車を運転していた41歳の女を逮捕しました。

 自動車運転過失致死などの疑いで逮捕されたのは、市原市の風俗店従業員、出口かおり容疑者(41)です。

 出口容疑者は27日午前1時15分ごろ、千葉市中央区の交差点で自転車に乗っていた20歳くらいの男性を乗用車ではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性はその後、病院で死亡が確認されました。

 警察によりますと、出口容疑者は昼前になって「人をはねたがけがは重いのか」などと警察署を訪ねてきて、取り調べに対し「無免許がばれるのが怖くて逃げた」と容疑を認めているということです。警察は事故の詳しい状況を調べるとともに、男性の身元確認を急いでいます。(28日01:42)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4787124.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年の千葉・浦安市質店強盗事件 山口組系暴力団組員の男ら4人逮捕(28日)

2009年2月、千葉・浦安市で腕時計およそ50点、2,500万円相当が奪われた事件で、千葉県警は、山口組系暴力団組員の男ら4人を逮捕した。
強盗などの疑いで逮捕された北海道・札幌市の山口組系暴力団組員・清水義春容疑者(40)ら4人は、2009年2月、浦安市の質店に消火器を噴射しながら侵入し、腕時計およそ50点、2,500万円相当を奪った疑いが持たれている。
調べに対し、清水容疑者らは「やったのは間違いない」と、容疑を認めているという。
警察は、余罪についても追及している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00204218.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死刑執行、当面は命じない…江田法相(28日)

 最後の死刑執行から28日で1年を迎えるのを機に、江田法相が読売新聞のインタビューに応じ、法務省で死刑制度のあり方の議論が進められていることから、「(議論の)最中に執行することは、なかなかできる話ではない」と述べ、当面は執行を命じない意向を明らかにした。

 同省によると、1年前の執行直後の死刑囚は107人だったが、27日現在の死刑囚は過去最多の120人に上っている。

 同省は昨年8月、死刑の存廃を含めた制度のあり方を研究する勉強会を省内に設置したが、論点整理の段階にとどまっている。26日、取材に応じた江田法相は「人間というのは理性の生き物なので、理性の発露として人の命を奪うのは、ちょっと違うのではないか」と死刑に対する消極的な考えを示した。そのうえで執行について「法務大臣に与えられた権限をどう行使するか、世界の

趨勢

(

をにらみながら考えている」とした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

認知症の母に暴行 傷害容疑で無職男を逮捕(28日)

愛知県警春日井署は27日、81歳の母に暴行を加えたとして傷害容疑で、春日井市八光町の無職、伊藤純一容疑者(54)を逮捕した。

 同署によると、伊藤容疑者は両親との3人暮らしで、約2年前から仕事を辞めて両親を介護していた。両親ともに認知症だったといい、伊藤容疑者は「母親が言うことを聞かず、日常的に殴っていた」と容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は27日午前0時ごろ、自宅1階で母冨美子さんの顔を数回殴って転倒させ、弾みで右頭部に打撲を負わせたとしている。伊藤容疑者が約11時間後に119番し、冨美子さんは病院に運ばれたが、意識不明の重体。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石原容疑者、容疑認める 警視庁捜査資料漏洩(28日)

品川美容外科の医療過誤捜査をめぐる資料漏洩事件で、漏洩(ろうえい)を求めたとして地方公務員法違反(唆し)の疑いで逮捕された同病院の元渉外担当で、警視庁OBの元警部、石原三八一(みやかず)容疑者(61)が警視庁の調べに対して容疑を認める供述をしていることが、捜査関係者と病院関係者への取材で分かった。

 石原容疑者は「私も警視庁のOB。真実に反することを言っては、家族に顔向けができない」などと供述しているという。

 捜査資料を漏らしたとして逮捕された同庁捜査1課警部の白鳥陽一容疑者(58)は調べには応じているが、漏洩などについては黙秘。石原容疑者とともに、唆し容疑で逮捕された元病院渉外担当で、捜査1課OBの中道宜昭容疑者(53)は資料を受けとったことは認めているが「こちらから求めてはいない」と容疑は否認している。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110728/crm11072801310002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

数種類の銃弾を使用 八王子スーパー強盗殺人(28日)

東京都八王子市のスーパー「ナンペイ」で平成7年7月、アルバイトの女子高生ら3人が射殺された強盗殺人事件で、犯人は材質などが異なる数種類の銃弾5発を、1丁の銃から発射していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。同一の銃弾を国内で大量調達するのは難しかったとみられ、警視庁八王子署捜査本部は、犯人が暴力団関係者など複数ルートから銃や弾を入手し、犯行に及んだ可能性があるとみている。

 事件は今月30日、発生から丸16年を迎える。捜査本部は今後も、数十人態勢で捜査を継続する。

 捜査本部の調べでは、犯人は被害者3人に計4発を発砲したほか、室内の金庫に向けて1発を発砲しており、現場や被害者の体内には5発の弾丸が残っていた。鑑定の結果、弾丸は複数種類あった。表面をコーティングする金属が異なるなどしており、製造過程や流通ルートが異なるものだった。

 犯行に使われた拳銃は、フィリピン製の38口径回転式銃「スカイヤーズビンガム」。

 弾に残る銃特有の傷跡「線条痕」が同じだったことから、5発はいずれも同一の銃から発射されたことが分かっている。

 同じ銃には、同一種類の銃弾を使用するのが普通で、米国など海外では同一種類が何十発もセットで販売されているが、銃使用が禁止されている国内では、暴力団関係者のヤミ市場などで銃弾はバラバラで売られることも多いという。

 捜査本部は、犯人がこうしたヤミ市場などから銃や銃弾を入手した可能性もあるとみて捜査。流通ルートの洗い出しなどを進め、暴力団関係者や外国人らについて調べるなどしているが、入手ルートの特定には至っていない。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110728/crm11072802000004-n1.htm

 

続きを読む "数種類の銃弾を使用 八王子スーパー強盗殺人(28日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月27日 | トップページ | 2011年7月29日 »