« 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月25日 »

2011年7月24日

2011年7月24日 (日)

「包丁でおやじを刺した」同居の長男を逮捕(24日)

 東京都八王子市のマンションで住人の会社員、中村了さん(50)が刺殺された事件で、警視庁捜査1課は24日、殺人容疑で中村さんの長男で同居の無職、中村翔容疑者(21)を逮捕した。同課によると、翔容疑者は「包丁でおやじを刺して殺したのは間違いない」と容疑を認めている。

 同課によると、翔容疑者は事件後に行方不明になっていたが、24日朝、神奈川県茅ケ崎市で発見された。動機などは供述しておらず、同課で詳しく調べる。

 逮捕容疑は23日午後2時ごろ、八王子市北野町の自宅マンションで、中村さんの右胸や背中など数カ所を刃物で刺し、殺害したなどとしている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110724/crm11072416230014-n1.htm

Msn_s1_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察の追跡…ミニバイクで逃走の高校生が衝突、重傷(24日)

 24日午前4時25分ごろ、大阪府泉南市樽井の市道交差点で、泉南署のオートバイに追跡されていたミニバイクが軽乗用車と出合い頭に衝突、ミニバイクを運転していた同市の男子高校生(17)が頭を打ち重傷、後ろに乗っていた男子中学生(15)も頭に軽傷を負った。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、同日未明にバイク5台ぐらいの集団を同署員が発見。職務質問をしようと近づくとばらばらに逃げたため、このうちヘルメットを着用していない2人乗りのミニバイクを追跡していたという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「生活苦で捕まりたかった」東京から大阪までタクシー無賃乗車、無職男逮捕 大阪(24日)

東京から大阪までタクシーに無賃乗車したとして、大阪府警淀川署は24日、詐欺の疑いで住所不定の無職、水垣清容疑者(67)を逮捕した。同署によると、水垣容疑者は「生活ができなくなり、警察に捕まりたかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は23日午後8時ごろ、JR東京駅八重洲口でタクシーに乗車し、JR新大阪駅までの料金18万700円を支払わなかったとしている。

 同署によると、水垣容疑者は、新幹線が運行しているため不審に思った男性運転手(54)に「金はある」と説明。24日午前2時すぎに到着すると、「持っていない」と話したため、運転手が近くの交番に届けた。逮捕時の所持金は約6千円だった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110724/crm11072417480015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)

早期検挙に期待

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212_2

201107211017000

 23日未明、東京・立川市など東京の西部地区でコンビニ強盗が相次いだ。

 立川市のミニストップに男が押し入り、店員に刃物を突きつけて脅し、現金およそ21万円を奪って逃走。2時間前には、隣接する国分寺市や昭島市のコンビニにも刃物のようなものを持った男が押し入る強盗未遂事件があった。

 19日にも現場周辺でコンビニ店を狙った強盗事件が2件あり警視庁は、同一犯の可能性が高いとみて捜査している。

 東京の今年上半期(1~6月)の強盗事件は267件で前年同期に比べて54件も減少した。警察庁によると東京の認知件数は大阪府の278件に次ぐ全国ワースト2位で3位が愛知県の198件、4位が神奈川県の195件、5位が埼玉県の137件。

 全国の認知件数は1910件で前年同期比176件減少した。東京の-54件は約3分の1を占め、減少件数としては全国ナンバー1だった。検挙率も前年より11ポイントも上回り72.7㌫を誇っており、今回の一連の事件の早期解決に期待したい。期待を込めて首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【快答Oちゃん】
 『相談』ある男性と交際をはじめて1年以上になるのですが、彼はブログで私のプライベートな事を勝手に公開しています。実名ではありませんが、友人や家族などが見れば分かってしまいます。捕まえることができるか、あるいは慰謝料を請求できるでしょうか
 『回答』
 残念ながら、プライバシーの侵害は犯罪ではありません。しかし、それによって貴方が受けた精神的打撃に対しては、慰謝料の請求ができます。
 ネット利用者が内容を見て、「○○さんだ」と特定できない記述や、その人物が誰か分からない人には不快感や不安を感じないのに、貴方だけが気にしているだけではプライバシー侵害にはならないのです。
 また、公開された事実がその人(特定の人物)に取り返しがつかない被害を与えてしまう場合やその話の内容で、貴方の社会的な評価をおとしめることになれば名誉毀損として犯罪になります。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・府中市で自転車に乗っていた24歳の大学院生がひき逃げされ死亡(24日)

東京・府中市で24日未明、男性がひき逃げされ死亡した。
午前0時40分ごろ、府中市白糸台で、自転車に乗っていた東京外国語大学の大学院生・野上郁哉(ふみや)さん(24)が車にはねられ、胸などを強く打ち、まもなく死亡が確認された。
野上さんは、はねられた際に、現場からおよそ20メートル離れた民家の庭まで飛ばされ、逆立ちしている状態で発見されたという。
警視庁は、ひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁3本束ね夫を刺す…殺人未遂容疑で妻逮捕(24日)

 23日午前0時45分頃、大阪府高石市取石の府営住宅の一室から女の声で「夫を刺した」と110番があり、駆けつけた高石署員が、住人の建設業・片山清さん(59)が胸から血を流して倒れているのを発見した。

 片山さんは重傷。室内にいた妻の無職・松子容疑者(60)が包丁で刺したことを認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。松子容疑者も手に軽傷を負っていた。

 発表によると、松子容疑者は台所にあった包丁3本をタオルで束ねて犯行に及んだといい、「夫に『テレビの音がうるさい』と言われ、カッとなって刺した」などと供述しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

八王子の男性殺害、長男から事情聴く (24日)

23日午後、東京・八王子市のマンションでこのマンションに住む会社員の中村了さん(50)が刃物で胸などを刺され殺害された事件で、警視庁は行方がわからなくなっていた中村さんの長男を24日朝、神奈川県内で発見し現在、事情を聴いています。

 中村さんは長男と2人暮らしですが、現場の状況から中村さんは部屋の中で襲われたとみられていて、警視庁は長男が事件について何らかの事情を知っているとみて調べています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4783803.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・木更津の女子大生遺棄 本田容疑者を窃盗罪で起訴 (24日)

千葉県木更津市の林道で6月、千葉商科大2年の菊池果奈さん=当時(19)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄と窃盗の疑いで逮捕された無職、本田祐樹容疑者(24)について、千葉地検は24日、菊池さんの預金口座から現金を引き出したとして、窃盗罪で起訴した。

 地検は同日、死体遺棄容疑については処分保留としたが、本田被告が菊池さんの死亡にも関与したとみて、引き続き犯行に至った経緯などを慎重に調べる。

 起訴状によると、本田被告は6月11日、同市内のコンビニエンスストアのATM(現金自動預払機)で、菊池さん名義の預金口座からキャッシュカードを使って現金50万円を引き出したとされる。

 地検は起訴内容の認否を明らかにしていないが、本田被告は逮捕時に県警の調べに対し、「金を引き出したのは間違いないが、不正に入手したものではない」と容疑を否認していた。

 これまでの調べで、本田被告は死体遺棄容疑について、「木更津まで車で一緒に行ったが、菊池さんとは遺棄現場近くで別れた」と容疑を否認。司法解剖でも死因の特定には至っておらず、詳しい死亡の経緯は明らかになっていない。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110724/crm11072412170009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24日単位・レベル)

殺人事件の容疑者確保 

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201107210949001

 世界一になった「なでしこジャパン」の熊谷紗希選手が出席した私的な祝勝会の内容が「ツイッター」に流され、大騒ぎとなった。

 流したのは同席した男子学生で、内容は熊谷選手が監督批判したり同僚選手の上半身裸の写真を見せているなど、会場からの中継方式で書いたようだが、かなりデタラメだったという。

警察庁が発表した23年版警察白書でネット利用のマナー問題を特集している。「サイバー空間におけるモラルやマナー問題で現実社会との比較」のアンケートだ。

 その中で、サイバー空間のモラル、マナーが「かなり悪い」とした回答が56.3㌫あり、「少し悪い」の26㌫を含めると実に82㌫がマナーの悪さを指摘している。

 モラルやマナーばかりでなく、ネットでは有害情報が溢れたり中には違法な情報もあるがなぜか?の設問では、「警察の取締が十分でないのが原因のひとつ」としたのが55.9㌫で「プロバイダ等の取り組み不足が原因のひとつ」としたのが54.7㌫あった。

 東京西武で強盗事件が相次いでいるのに加えて、八王子市で23日に発生した殺人事件で首都東京の体感治安をレベル3に上げたが、殺人事件は事情を知っていると見られる同居の長男の身柄を確保したこともあり「レベル2(ブルー)」に引き下げることにした。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションで男性が血を流し死亡 長男不明(24日)

 23日午後、東京・八王子市のマンションで、男性が胸などから血を流し倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認された。警視庁は殺人事件として捜査している。男性は長男と2人暮らしだったが、長男の行方が不明になっている。

 警視庁によると、23日午後2時半ごろ、東京・八王子市にあるマンションの4階の廊下で、4階に住む会社員・中村了さん(50)が胸などから血を流して倒れているのが見つかった。中村さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡した。胸や背中には刃物で複数回刺された痕があったという。また、血痕は中村さんの部屋の中にもあったということで、警視庁は、中村さんが部屋の中で刺されたとみて調べている。

 中村さんは長男と2人暮らしだったが、長男の行方がわからないことから、警視庁は、長男が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/07/23/07187169.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・西部でコンビニ強盗相次ぐ 同一犯の可能性(24日)

23日未明、東京・立川市など東京の西部でコンビニ強盗が相次ぎました。

 警視庁によりますと、午前4時ごろ、立川市の「ミニストップ立川緑町店」に男が押し入りました。男はアルバイトの男性(19)に刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅し、現金およそ21万円を奪って逃げました。このおよそ2時間前には、隣接する国分寺市や昭島市のコンビニ店に刃物のようなものを持った男が押し入る強盗未遂事件がありました。いずれも20歳から30歳くらいの男で、黒色の長袖で長ズボン姿でした。19日にも現場周辺でコンビニ店を狙った強盗事件が2件あり、警視庁は、同一犯の可能性が高いとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210723020.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児ひき逃げ容疑でバス運転手を逮捕 (24日)

21日、茨城県常総市の路上で1歳の女の子が倒れているのが見つかり、その後、死亡した事故で、警察は、保育園バスの運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

 ひき逃げや自動車運転過失致死の疑いで逮捕されたのは、常総市の保育園バスの運転手・澤田忠夫容疑者です。警察によりますと、澤田容疑者は21日午後5時頃、常総市川崎町の市道で猪瀬琳央ちゃん(1)をひき逃げし、死亡させた疑いが持たれています。

 琳央ちゃんは、3歳の姉が乗る保育園バスを迎えに母親とともに路上に出ていて、保育園バスが走り去った後に路上で倒れているのが見つかりました。

 澤田容疑者は当初から「何かをひいた感じはしなかった」と話していましたが、警察では事故の前後、現場を通った車両が保育園バスだけだったことなどを判断し、逮捕に至りました。取り調べに対し、澤田容疑者は「ひいたり、はねたりした認識はない」と容疑を否認しています。(23日19:18)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強制捜査の方針、決定当日に漏らす 元警部、隠蔽工作も(24日)

品川美容外科(東京都港区)を巡る捜査資料流出事件で、同外科側への強制捜査の方針が決まった当日にこの情報が、同外科に再就職した警視庁元警部の中道宜昭(のりあき)容疑者(53)を通じて同外科に伝わっていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、捜査指揮官だった同庁捜査1課警部の白鳥(しろとり)陽一容疑者(58)が漏らした疑いがあるとみて調べている。

 白鳥警部らは捜査資料を流出させた地方公務員法違反容疑で逮捕されたが、それとは別に捜査情報も漏らしていた疑いが強い。情報が伝わった翌日、中道元警部が同外科のパソコンのデータを消すよう指示していたことも判明。同庁は、資料や情報の入手を隠蔽(いんぺい)する工作をしていたとみている。

 同外科の池袋院では一昨年12月、脂肪吸引手術を受けた女性(当時70)が死亡。捜査1課が業務上過失致死容疑で捜査を始め、今年4月20日、施術をした医師を逮捕した。

 捜査関係者らによると、同課は東京地検と協議のうえ、今年2月初め、医師を容疑者として3月上旬に関係先を家宅捜索する方針を決めた。警部と元警部がこの日、携帯電話で話した記録があったほか、強制捜査の方針が元警部から同外科関係者に伝わったことを示すメモ書きも見つかったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「浴室で妻の遺体切断」と供述 神奈川県警元警部補(24日)

神奈川県警元警部補の山口英男容疑者(50)が妻の死体遺棄容疑で逮捕された事件で、山口容疑者が県警の調べに「自宅の浴室で遺体を切断し、血などを念入りに洗い流した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。山口容疑者は25日に勾留期限を迎え、横浜地検は死体遺棄・損壊罪で起訴する方針。

 これまでの調べに山口容疑者は、昨年9月2日未明、横浜市南区の自宅マンションで、妻で韓国人の趙永珠さん(当時41)の遺体を包丁などで切断し、ポリ袋に入れて近くの川などに捨てた、と供述していた。室内からは大量の血の跡は見つからなかったという。

 山口容疑者は「結果的に妻を殺したことになる」などと供述しており、県警は殺人容疑でも捜査。しかし、遺体のごく一部しか見つかっていないことや、殺害方法などの詳細な供述が得られていないことから慎重に裏付けを進めている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

爆弾製造ネットに氾濫 テロの脅威、日本も直面(24日)

ノルウェーで起きた爆弾と銃乱射による連続テロ。原料の調達が容易で爆弾の製造法がネット上でも公開されていることで、日本もテロの脅威にさらされているといえる。「国内で爆弾テロがいつ起きても不思議でない」(警察幹部)という状況を踏まえ、警察当局は薬品類を扱う業者の指導を強める。一方で、銃乱射などの無差別殺傷事件に神経をとがらせるが、実効性のある対策を打ち出せないのが実情だ。

関連記事

記事本文の続き 日本国内ではかつて「爆弾=極左過激派」との構図が定着していた。だが、最近は思想的背景のない者が爆弾の原料を購入したり、爆弾を製造したとして摘発を受けるケースが目立つ。

 平成22年10月、自宅に薬品や火薬を隠し持っていたとして警視庁に爆発物取締罰則違反容疑などで逮捕された男は、動機を「いじめの復讐(ふくしゅう)」と供述。21年に毒劇物取締法違反容疑で逮捕された当時19歳の少年も、爆発物実験の動画をネットに投稿することで優越感を得ていたという。

 爆弾の製造法はネット上で公開されており、いつでも誰でも日本国内で爆弾テロを起こせるインフラが整っているともいえ、ネットと薬品販売業者の指導が警察のテロ対策の重要な柱のひとつとなっている。

 警察はサイバーパトロールを強化し製造法の記載があればサイトの削除を要請。販売業者を回り販売記録の保管や本人確認を徹底するとともに大量に買うような不審者があれば、通報するよう呼びかけている。

 だが、今回のテロで大きな被害が出た銃乱射などの無差別殺傷は有効な抑止策を見いだせていない。警察は街頭に制服警察官を多く配置することで抑止力としているが、「自爆覚悟の相手には限界がある」(警察幹部)との声も聞かれる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

内縁の45歳妻を殺害容疑 岸和田、63歳男が自首、逮捕(24日)

内縁の妻(45)の首を絞めて殺害したとして、大阪府警岸和田署は23日、殺人容疑で大阪府岸和田市上野町の無職、五百(いほ)州平容疑者(63)を逮捕した。

 逮捕容疑は22日午前11時ごろ、自宅のワンルームマンションで、内妻の保井(やすい)望登美(もとみ)さんの首を両手で絞め、殺害したとしている。

 同署によると、五百容疑者は約1年前から保井さんと同居。23日午後0時20分ごろ、同署に「人を殺しました」と自首。五百容疑者とともに自宅マンションを訪れた署員が、ベッドであおむけに倒れている保井さんの遺体を発見した。同署で動機などを調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110724/crm11072400320000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月25日 »