« 2011年7月18日 | トップページ | 2011年7月20日 »

2011年7月19日

2011年7月19日 (火)

ひったくり対策に新兵器「くるみちゃん」 (19日)

ひったくり対策に新兵器です。

 警視庁が新たに開発した、その名も「かごごと、すっぽり、くるみちゃん」。自転車の前かごをすっぽり覆うことができる新型カバーです。カバーをかけた後でも、チャックから簡単に荷物の出し入れができます。

 ひったくり事件の実に4割が自転車を狙ったものだということで、警視庁は今後、「くるみちゃん」を無料配布するなど、ひったくり対策に力を入れることにしています。Logo1_2

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4779968.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び運転の阪大教授停職 警察庁で交通安全指導も(19日)

 大阪大は19日、酒気帯びで運転したとして兵庫県警宝塚署に逮捕された人間科学研究科の教授(63)を停職8カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同大によると、教授は5月21日午後5時ごろ、宝塚市で酒気帯び状態で別の車に衝突する事故を起こしたとして、現行犯逮捕された。前夜、自宅で相当量の焼酎を飲み、逮捕時には基準値を上回る呼気1リットルあたり0.65ミリグラムのアルコール分が検出されたという。

 同教授は1998年から2007年まで、警察庁などの「アルコールが運転に与える影響の調査報告研究委員会」の委員を務め、交通安全教育の指導などにあたっていたという。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本犬初の警察犬誕生 岡山の柴犬「二葉」が試験合格(19日)

岡山県警の警察犬試験で19日、柴(しば)犬の「二葉(ふたば)」(メス・5歳)が合格した。県警によると、日本犬としては全国初の警察犬の誕生だ。8月に委嘱式があり、約1年間、行方不明者の捜索などにあたる。

 二葉は、体長50センチ、体重11キロ。2009年、10年の審査会に続いて挑戦した。過去2回は、「待て」の指示にじっとしていられなかったり、高跳びで障害物に頭をぶつけたりと、ミスを連発して涙をのんだ。

 その後、飼い主の久戸瀬(くどせ)邦子さん(41)=岡山市中区=と、毎日高さ80センチの板を跳び越えるなど訓練を重ね、先月8日の審査会にみたび挑戦。体臭のついた布を頼りに、林の中からひとを捜し出す「捜索部門」では、制限時間(10分以内)よりもずっと短い5分30秒で捜索を終え、成長の跡を見せた。委嘱後は道に迷ったお年寄りなどを捜すのが主な任務となるという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アヘン4キロ密輸入でリトアニア人男性を逮捕 名古屋税関(19日)

名古屋税関と愛知県警中部空港署は19日までに、アヘンを密輸入しようとしたとして、関税法違反などの疑いで、リトアニア国籍の無職トーマス・ストゥンギス容疑者(29)を逮捕した。アヘン密輸入の摘発は中部空港では初めて。

 逮捕容疑は6月27日、中部空港で二重底にしてアヘン約4・1キロ(4100万円相当)を隠したスーツケース2個をベルギーから持ち込もうとしたとしている。名古屋税関によると、落ち着きがないなど不審な点があったことから、手荷物を入念に調べたところ、アヘンが見つかったとしている。

 ストゥンギス容疑者は「3000ドルの報酬で、名古屋にスーツケースを運ぶよう頼まれた」と供述している。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110719/crm11071918200014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

強盗事件には迎撃捜査を

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201107181601001

 今月に入って、都内の強盗事件が多すぎる。19日未明には東京都昭島市のコンビニに刃物を持った男が押し入り、レジから約10万円を奪って逃走。約20分前には直線で約5キロの立川市幸町のコンビニでも刃物使用の強盗未遂事件が起きている。

17日夜には東京・武蔵野市で閉店間際の雑貨店に包丁ようなものを持った男が押し入り、現金約20万円が奪われる事件が発生。

 11日には東京・国立市の郵便局に男が押し入り、現金約50万円が奪われたほか6日夜には東京・福生市の会社社長宅に複数の男が押し入り、社長と妻の手足などを縛った上、現金およそ100万円と自家用車が奪われる緊縛強盗事件が起きている。

 今年上半期(1~6月)に都内で発生した強盗事件は267件で前年同期に比べて54件も減っているが、例えば武蔵野市では5月7日に吉祥寺本町でパチンコ景品交換所が襲われ1200万円が強奪され、翌日の8日にはやはり吉祥寺で衣料雑貨店で40万円が奪われ、そして7月17日にも強盗事件は発生した。このように集中して発生する地域に機動隊や機動捜査隊などを集中的に配備する迎撃捜査も必要ではないのか。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 【快答Oちゃん】
 『質問』 
 パチンコ必勝法があると言われて申し込みました。指定された店でこれも指定された番号のパチンコ台で教材とおり撃ち込むのですが儲かりません。電話で抗議すると、もっと確立の高い情報があるが、それには50万円が必要だと言われました。儲かるものでしょうか?
 『回答』
 パチンコは遊技機です。賭博性がないよう1台1台公安委員会がチェックしています。確立の問題で「絶対儲かる」ことはありません。過去に台のクギを動かして出玉を調整する「クギ師」なる違法行為が何度も摘発されています。

  パチンコの攻略法についての判例があります。平成20年2月の福岡地裁ですが、「絶対に儲かる」として福岡市の男性がパチンコ攻略情報を購入したが、結果が出ずに情報量を騙し取られたとしてシークレット会社に214万円の返還を求めていたもの。

 地裁は「出玉数は、釘の配置や角度など複合的な要因による偶然性が高い。勧誘では確実に稼げるとしているために支払った」と指摘。消費者契約法第4条2項(断定的判断を与えた)による契約の取り消しの理由にあたると判断したようです。
 警察的には情報の提供を受けていれば「詐欺」の立証が困難であるばかりか、当たるときもあれば当たらないときもあるのは、当然のことです。それが遊技機です。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜GS強盗事件で2人逮捕、余罪追及 (19日)

今年3月、横浜市のガソリンスタンドに押し入り、売り上げ金およそ18万円を奪ったとして、無職の男ら2人が逮捕されました。この店では今年1月にも同様の強盗事件が起きていて、警察は余罪を追及しています。

 強盗の疑いで逮捕されたのは、神奈川県横須賀市の無職、永塚泰路容疑者(29)と山口晃由容疑者(22)です。

 警察の調べによりますと、永塚容疑者らは今年3月、横浜市金沢区にあるガソリンスタンドに押し入り、店内にいたアルバイトの店員に包丁をつきつけ、店の売上金およそ18万円を奪った疑いが持たれています。取り調べに対し、永塚容疑者らは「知らない。関係ない」と容疑を否認しています。

 この店では今年1月にも、およそ52万円が奪われる同様の強盗事件が起きていて、警察は永塚容疑者らの犯行とみて調べています。また、現場付近の他の店でも去年11月から同様の手口の強盗事件が14件起きていて、被害総額はおよそ800万円に上るということです。

 警察は永塚容疑者らが同様の強盗を繰り返していたとみて、余罪を追及しています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4779922.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ愛好者をデータベース化 被害防止へ警察庁(19日)

警察庁は、子供の性的虐待場面の画像がやり取りされる「児童ポルノ」事件の多発を受け、全国の愛好者や手口などの情報を集めてデータベース(DB)をつくることを決めた。情報の蓄積と分析を進めて捜査をスピードアップさせ、被害拡大を防ぐのが狙いだ。

 18歳未満の子供の裸や強姦(ごうかん)する場面を撮影したり、その画像をネットに投稿したりする児童ポルノ事件の摘発は年々増え、昨年は過去最多の1342件、926人に達した。狙われる子供の中に小学生以下が含まれることが多く、昨年は被害者614人の2割、126人だった。これも過去最多だ。

 被害の深刻化の一方で捜査は容易ではない。全国各地に住む愛好者がインターネットのサイトで匿名で結びつき、増殖を続けながら犯行を拡大させる。通信記録の解析や警察本部間での情報共有に手間取り、容疑者特定に長い期間がかかる。その間に画像がファイル共有ソフトを通じて、国内外に拡散している。

 データベースはそんな現状を打開するためにつくる。盛り込む情報は(1)児童買春・児童ポルノ禁止法施行翌年の2000年からこれまでに同法違反で摘発した約3800人のうち、小学生以下の子供を狙った者の氏名や事件内容、手口(2)容疑者側と違法画像をめぐってネット上でやり取りした者のハンドルネームやIDなどだ。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「生活費稼ぐため」…ネット掲示板で口座売り込み容疑 36歳男逮捕(19日)

インターネットの掲示板で自分名義の口座を売ろうとしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は犯罪収益移転防止法違反の疑いで、東京都練馬区北町、鉄筋工、広川秀樹容疑者(36)を逮捕した。

 同課によると、広川容疑者は「10件ぐらい掲示板に書き込んだ。生活費を稼ぐためだった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、5月27日~29日、ネット掲示板に銀行口座を意味する「◎坐」という隠語を使って、「◎坐有ります。きちんと、取引していただける方、よろしくお願いします」などと3回にわたって書き込み、自分名義の口座を販売しようとしたとしている。

 同課によると、書き込みを見て、実際に口座を買った人はいなかった。売ろうとしていた口座は平成21年9月ごろに作っていた。広川容疑者は昨年6月、同様の事件で逮捕され、有罪判決が確定。執行猶予中だった。

 銀行口座は振り込め詐欺などに悪用するため売買するケースが多発し、問題になっている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110719/crm11071911360004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山の万引きは46%が高齢者(19日)

高齢者による万引きに歯止めがかからない。

 和歌山県警がまとめた今年上半期の犯罪情勢によると、6月末現在、万引きの疑いで検挙された容疑者505人のうち46・5%が、60歳以上の高齢者だった。その大半が配偶者を持たず、8割が犯行時に現金を所持していることなどから、県警は、独り暮らしに伴う社会的孤立や生きがいの喪失が犯行の背景にあるとみて、行政機関と連携し、高齢の容疑者に対する社会的支援にも取り組んでいく。

 県警生活安全企画課によると、万引きで検挙された年代別割合は、2005年までは少年(14~19歳)の比率が高く全体の3割を占めていたが、同年を境に状況が逆転。高齢者(60歳以上)の検挙件数が09年を除いて常に少年を上回るようになった。昨年は検挙者数の45・3%を高齢者が占め、今年上半期では70歳以上が27・7%、60~69歳が18・8%で、少年の倍近い数字になっている。

 高齢者の万引きを減らそうと、県警は昨年9~11月、県内14署に万引きの疑いで検挙された高齢者のうち、協力が得られた35人に対し実態調査を行った。

 その結果、65・7%が初犯で職業的に万引きを繰り返しているものは少なかった。8割が犯行当時、現金を所持し、生活水準については54・3%が「普通」と回答。昼食前と夕食前に総菜や食品をスーパーなどで盗むケースが多く、経済的不安から節約を図ったとみられる。

 配偶者の有無を調べると、51・4%が「なし」、42・9%が「同居」、「別居」は5・7%だった。無職が94・3%を占め、交友関係については、51・4%が「少ない」、34・3%が「ほとんどいない」と答えた。県警は、社会とのつながりが希薄で、規範意識も低くなっていると分析している。

 県警では、万引き取り締まりと啓発活動の強化に取り組む一方、取り調べの際、容疑者に県の高齢者生活支援室などの窓口や事業活動を伝え、各種の社会参加活動を促すことなどで更生を後押しし、万引き全体の抑止を図る。

 田村正寿・県警犯罪抑止対策官は「警察活動だけでは高齢者の万引き対策は難しい。地域コミュニティーに参加して孤立化を防ぎ、『万引きは犯罪で恥ずかしいもの』という規範意識を再び芽生えさせたい」と話している。(磯江祐介)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷の母子、就寝中に殺害か…抵抗の跡なく(19日)

東京都渋谷区元代々木町のマンションで今月18日、住人の看護士・舩山清美さん(35)と長男で小学3年の

昇磨

(

しょうま

)

君(9)が遺体で発見された事件で、2人に抵抗したような形跡がなかったことが警視庁幹部への取材でわかった。

 同庁は19日、特捜本部を設置。2人が就寝中に殺害された可能性があるとみて捜査している。

 同庁幹部によると、清美さんと昇磨君は和室に敷かれた布団の上で死亡していた。首には絞められたような形跡があり、18日未明から早朝にかけて、絞殺されたとみられている。

 事件は18日午前8時20分頃、無職の夫(33)が「妻と子供が死んでいるようだ」と110番したことで発覚。夫の説明では、前日の17日は家族3人でレンタカーで外出し、18日午前1時頃に帰宅した。夫は午前5時頃、レンタカーを返しに行き、いったん自宅に戻った後、渋谷区内の飲食店に出かけたと話しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「女性殺した」と供述 死体遺棄容疑で逮捕の元介護福祉士の男 熊本(19日)

熊本県山江村の山中に元交際相手の女性とみられる遺体を捨てたとして県警に18日、死体遺棄容疑で逮捕された同県多良木町の元介護福祉士、椎葉太一郎容疑者(35)が「女性を殺した」と殺害を認める供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。県警は交際関係のもつれがなかったかなど殺害の動機を調べ、殺人容疑で再逮捕する方針。

 椎葉容疑者が殺害したと話した女性は、同県湯前町の無職女性(55)で、県警は身元の確認を急ぐとともに19日にも司法解剖し死因を調べる。

 県警によると、女性は4月5日に自宅を出たまま行方が分からなくなっていたが、18日に県警が椎葉容疑者を任意で事情聴取したところ「女性の遺体を捨てた」と供述。供述に基づいて捜索した結果、山江村の林道脇の山中から遺体が見つかっていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110719/crm11071910010003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タレント鈴木蘭々さん兄を逮捕 無許可でFM局開設 蘭々さん、ゲストとして登場も(19日)

無許可でFMラジオ局を開設したとして、警視庁保安課は電波法違反の現行犯で、タレントの鈴木蘭々さんの兄で、東京都日野市百草、無線機器販売会社社員、鈴木敏裕容疑者(45)を逮捕した。

 同課によると、鈴木容疑者は「リスナーからの反応がうれしくてやめられなかった」と供述しているという。

 同課によると、鈴木容疑者は自宅アパートの屋上にアンテナを設置し、ミニFM局「JOUT-FM百草」を開設。平成11年ごろから始めたとみられ、今年7月からは毎週金曜午後10時~日曜午前6時まで放送していた。

 番組内では、DJ名で「すーさん」と名乗っていた。電子メールで一日約100件の音楽リクエストがあった。鈴木蘭々さんがゲストとして登場したこともあったという。放送は約50キロ離れた場所でも聴かれた。

 逮捕容疑は今月17日、総務大臣の許可を受けずに、FM局を開設したとしている。

 地域で広範囲に電波を発信するミニFM局の無許可開設は電波障害の原因にもなるため禁止されている。同課が同法違反容疑で前回、立件したのは昭和60年で約26年ぶりという

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110719/crm11071911540006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・立川と昭島で連続コンビニ強盗 警視庁(19日)

19日午前1時10分ごろ、東京都昭島市玉川町のコンビニエンスストア「サンクス昭島玉川4丁目店」で、押し入った男が刃物をちらつかせながら、男性アルバイト店員(22)を「金を出せ」と脅し、レジから約10万円を奪って逃げた。

 警視庁によると、約20分前には直線で約5キロ離れた立川市幸町のコンビニ「ファミリーマート立川四中前店」で、男がレジにいた男性経営者(61)と男性アルバイト店員(33)を刃物で脅したが、抵抗されたため、何もとらずに逃げる強盗未遂事件が発生していた。

 立川署と昭島署は、男の着衣や顔が似ていることから、同一人物による連続強盗事件とみている。男は20~30歳で165~170センチの中肉。黒っぽいTシャツに紺色のズボンをはき、ベージュ色の布で顔を隠していた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110719/crm11071908540002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大衆紙盗聴 ロンドン警視庁のトップが辞任(19日)

イギリスの人気大衆紙が盗聴を行い、廃刊に追い込まれた問題は、首都・ロンドンの警察トップが辞任する事態に発展した。

 ロンドン警視庁のポール・スティーブンソン警視総監は17日、突然、記者会見を行い、辞任を表明した。総監は、廃刊となった大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」の元副編集長で先週逮捕されたウォリス容疑者を警視庁のPRコンサルタントとして一時雇っていたことから、関係を疑われていた。

 総監は「はっきり言わせてもらうが、私の身は全くもって潔白だ」と述べ、ウォリス容疑者の、契約への関与を否定。1年後に迫るロンドンオリンピックの警備に捜査員らを集中させるためにも騒ぎを終わらせたいと、辞任の理由を説明した。

 19日には議会が「メディア王」ルパート・マードック氏らを証人喚問するため、現地では、問題が明らかになる前に辞めたとの見方が広がっている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/07/18/10186682.html

 

続きを読む "大衆紙盗聴 ロンドン警視庁のトップが辞任(19日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国で3人死亡、3人不明 海や山、事故相次ぐ(19日)

連休最終日で海の日の18日、水難や山の事故が相次いだ。共同通信の午後8時現在のまとめでは全国で3人が死亡、3人が行方不明になり、11人がけがをした。

 愛知県蒲郡市の海岸で、家族と遊びに来ていた同県安城市の保育園児仲楽生ちゃん(5)が海面に浮いているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 神奈川県三浦市では、岩場から海に飛び込んで遊んでいた横浜市の高校3年井手航さん(18)が行方不明になった。一帯は台風6号接近の影響で波が高くなっていた。茨城県ひたちなか市では、海開き前の海水浴場で遊泳中の市立中3年仲田徹也君(14)の行方が分からなくなった。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011071801000488.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区の成城学園前駅で振り込め詐欺の撲滅キャンペーン(19日)

東京・世田谷区の小田急線成城学園前駅で、振り込め詐欺の撲滅キャンペーンが行われた。
成城駅周辺を担当する警視庁成城警察署の管内では、2010年、振り込め詐欺の被害が都内で最も多い45件発生した。
2011年に入ってから、被害件数は減っているが、成城署では18日、駅前広場で被害を未然に防ぐためのキャンペーンを実施し、柔道技の「押さえ込み」にかけて、振り込め詐欺を押さえ込もうと、柔道着に身を包んだ子どもらが注意を呼びかけた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00203648.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児切りつけ、36歳母親を殺人未遂容疑で逮捕(19日)

大阪市東淀川区のマンションで1月、当時小学3年の女児(10)が首などを切りつけられた事件で、大阪府警捜査1課は18日、母親の無職東原かよ子容疑者(36)(東淀川区西淡路)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 東原容疑者は容疑を否認しているという。

 発表によると、東原容疑者は1月29日正午から午後2時頃までの間、自身の母親(69)の自宅マンションで、長女に睡眠導入剤を飲ませた上、刃物で首やほおを数か所切りつけたり、首を絞めたりした疑い。長女は全治2週間のけがを負い、現在は施設に保護されている。府警はマンション付近の防犯カメラ映像を解析するなどした結果、東原容疑者の犯行と断定したという。

 調べに対し、東原容疑者は「(事件当時は長女と)会っていないし、マンションに一歩も入っていない」と話しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

医師の妻「謝礼授受を撮影」 臓器売買、トラブル回避に(19日)

 暴力団が関与した臓器売買事件で、臓器移植法違反容疑などで逮捕された医師堀内利信容疑者(55)の妻則子容疑者(48)が「相手が暴力団なので、トラブルにならないように金の受け渡しを撮影した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、則子容疑者が、仲介した住吉会系暴力団側に800万円の謝礼を手渡した様子が映ったビデオ映像を押収。堀内容疑者らは、この事件の前にも腎移植手術を画策して別の暴力団と金銭トラブルになっており、同庁はさらなるトラブルを回避するために撮影したとみている。

 捜査関係者によると、映像には、則子容疑者が、100万円ずつの札束にした800万円を封筒から取り出し、住吉会系組長(70)の指示で臓器売買の交渉役を務めた会社社長江口祐子容疑者(47)に手渡す様子が映っていた。則子容疑者が「臓器提供者(ドナー)が心変わりして、移植手術が頓挫することはないか」などと問いかける姿も映っていたという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「救急車でドライブや」 パトカーに衝突の無職男を逮捕 大阪(19日)

18日午前10時55分ごろ、大阪市住吉区遠里小野の路上で、「救急車が盗まれた」と市消防局の救急隊員から110番があった。救急車は信号無視や蛇行運転を繰り返しながら、パトカーの追跡を振り切って逃走。約10分後に約4キロ北東の同市東住吉区駒川の路上で信号待ちのため停車した後、突然バックし、追跡してきたパトカーにぶつけたため住吉署員が運転していた男を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 住吉署によると逮捕されたのは同市住吉区遠里小野の無職の男(39)で、「救急車でドライブや」などと、つじつまの合わないことを供述しているという。

 救急車は右後部が損傷し、パトカーは左前輪がパンクしていることから、住吉署は窃盗や器物損壊の疑いでも調べる。市消防局によると、救急車の隊員3人は「気分が悪い」と訴えた80代の女性を搬送しようと盗難現場付近の女性宅に向かい、当時車内は無人で施錠されていなかった。女性は別の救急車で病院に運ばれ命に別条はないという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110718/crm11071823150010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月18日 | トップページ | 2011年7月20日 »