« 2011年7月12日 | トップページ | 2011年7月14日 »

2011年7月13日

2011年7月13日 (水)

改造バッグで万引き センサーすり抜ける(13日)

 防犯センサーに感知されないように細工した「改造バッグ」を使って万引きをしたとして、ベトナム人の男が逮捕されました。

 ベトナム人のグェン・バー・ティン容疑者(28)は去年11月、埼玉県越谷市のドラッグストアで、口紅などの化粧品8点、およそ2万7000円相当を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、ティン容疑者は、アルミ箔(はく)などで細工した手提げバッグに盗んだ商品を入れ、出入り口付近に設置されている防犯センサーをかいくぐっていたということです。ティン容疑者は「生活費を稼ぐためにやった」と供述していて、警視庁は、去年10月からこれまでに首都圏で30件、200万円相当の余罪があるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210713054.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

メジロ:愛玩、観賞目的の捕獲禁止…来年4月から 環境省(13日)

環境省は13日、野鳥のうちメジロだけ認めていた愛玩、観賞目的の捕獲を来年4月から原則として認めない方針を決めた。メジロは美しい鳴き声が親しまれ各地で競鳴会が開かれている。一方、愛好家の間で高値で取引されることも多く、密猟が暴力団の資金源になっているとの指摘もあった。中央環境審議会の小委員会で鳥獣保護法に基づく指針の改定案として了承された。

 同法は鳥類などの捕獲を原則として禁じているが、愛玩、観賞目的はその例外となっていた。メジロの捕獲と飼育は指針で1世帯1羽だけ認められていたが、指針は「原則として許可しない」と改定される。

 メジロの捕獲はこれまで指針に基づき都道府県知事が許可していた。許可捕獲数は05年度の799羽から08年度には1277羽に増加していた。違反して捕獲した場合は、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科せられる。【江口一】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110714k0000m040047000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石巻市の少年ら、津波被害のコンビニATM壊し窃盗(13日)

東日本大震災の津波で損壊したコンビニエンスストアの現金自動預払機ATM)から現金約1300万円を盗んだとして、宮城県警捜査3課と石巻署などは13日、窃盗の疑いで、解体工(19)ら石巻市の4人と、仙台市泉区の専門学校生(18)のいずれも少年計5人を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は3月11日午後3時40分から同21日午後2時までの間、宮城県石巻市渡波のコンビニ内に設置されたATMハンマーなどで破壊し、機械内にあった現金約1300万円を盗んだとしている。コンビニは津波で窓やドアが割れ、自由に出入りできる状態だった。ATM管理会社の従業員が巡回した21日に被害が発覚した。

 県警によると、5人は石巻市の中学の同級生で「5人でやりました。遊びに使った」などと容疑を認めているという。

 県警のまとめでは、震災後の宮城県内沿岸部のATM荒らしは計22件で、被害総額は約1億8千万円に上るという。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「震災で金下ろせない」と寸借詐欺 男逮捕(13日)

 東日本大震災が発生した3月11日に「ATM(=現金自動預け払い機)が壊れ、金を下ろせない」などと言って、東京都内の外国人から金をだまし取ったとして、韓国国籍の男が13日に逮捕された。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の宋尚烈容疑者(41)。警視庁によると、宋容疑者は震災当日、東京・文京区のネパール料理店で「震災でATMが壊れ、金を下ろせない」などと言って、偽の携帯電話と名刺を渡す代わりに店長の外国人女性から現金3万円をだまし取った疑いが持たれている。

 また、去年の夏以降、外国人が経営する飲食店で金をだまし取られる被害が大分県などで相次いでいて、現場からは宋容疑者の指紋などが見つかっているという。

 警視庁は、宋容疑者が外国人ばかりを狙い、数十件の犯行を繰り返していたとみて調べている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/07/13/07186378.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクチラシ 街から姿消す 福岡市中心部 撲滅活動 効果表れ ネット台頭で需要低下も(13日)

性風俗店を宣伝する、いわゆるピンクチラシが福岡の街から消えつつある。名刺サイズからポスターほどの大きさまで肌もあらわな女性がほほ笑むチラシは、かつて電話ボックスや公衆便所、街路樹にまで貼られ、景観を台無しにしていた。激減したのは行政、警察、市民による撲滅活動が功を奏したことに加え、携帯電話やインターネットの普及でチラシの需要がなくなりつつあることも背景にあるようだ。

 福岡市役所によると、ピンクチラシが特に多かったのは2002-04年ごろ。中洲や天神の繁華街や博多駅筑紫口のホテル周辺では街路樹の枝にまでびっしりと貼られ、行政と市民ボランティアが撤去しても、夕方にはまた出現する“いたちごっこ”だった。

 対策として市は03年3月、悪質な違反者には懲役などの罰則を盛り込んだ「ピンクちらし等の根絶に関する条例」を施行した。04年3月にはより厳しく改正、チラシを所持しただけで100万円以下の罰金が科せられるようにした。

 福岡県警も、違法な業者の摘発を進めると同時に、チラシの製作を請け負う印刷業者の取り締まりを強化。生活環境課によると条例違反による摘発は04、05年の116人をピークに減り続け、今年はわずか1人という。

 撤去件数も激減。02年度は約360万枚と1日あたり約1万枚回収していたが、10年度は約5万7千枚。公衆電話を管理するNTT西日本は「目に見えて被害が少なくなった」という。市民ボランティアも「かつては住宅街や通学路にも貼られていたが、見かけなくなった」と口をそろえる。

 こうした背景について県警幹部は(1)携帯電話の普及で主な貼り場所だった公衆電話が減った(2)性風俗店の無料案内所が乱立し、需要がなくなった(3)広告媒体がチラシからインターネットに変わった-などと分析する。一方で「最近は無差別に貼るのではなく、ビジネスホテルに忍び込んで客室の隙間から入れるなど手口が巧妙化している」とも話す。

 福岡市都市景観室の続孝之室長は「官民が一体で取り組んだ成果。ただ依然として根絶には至っておらず、今後も撤去活動を続けていく」としている。

=2011/07/13付 西日本新聞夕刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/253246

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽1万円札使用で男を逮捕 東京・昭島(13日)

偽の1万円札を使ってコンビニエンスストアで買い物をしたとして、警視庁捜査2課は13日、偽造通貨行使の疑いで、東京都昭島市美堀町、会社員、傳田清美容疑者(39)を逮捕した。同課によると、傳田容疑者は容疑を認めているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は今月7日、自宅近くのコンビニエンスストアで、偽の1万円札を使って弁当など約1500円分の買い物をしたとしている。

 偽札の印刷がにじんでいたことなどから不審に思った店員が同日、警視庁に届け出た。傳田容疑者が自分で偽造した可能性があるとみて、経緯を調べている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自動小銃など14丁所持容疑 福岡の暴力団関係者を再逮捕(13日)

福岡県警は13日、福岡市内のマンションに自動小銃や拳銃など計14丁を隠し持っていたとして、銃刀法違反(加重所持)などの疑いで、同市早良区、自称会社員、菅正知容疑者(38)=覚せい剤取締法違反の罪で起訴=を再逮捕した。

 県警によると、菅容疑者は指定暴力団工藤会系組員と交友関係があり、マンションの部屋が工藤会の武器庫として使用されていたとみて調べている。

 再逮捕容疑は6月22日午後3時5分ごろ、福岡市西区の賃貸マンション一室で、自動小銃やライフル銃、散弾銃など計14丁と実弾431発を所持した疑い。

 菅容疑者は6月22日、自宅マンション駐車場で袋に入った覚せい剤を持っていたとして現行犯逮捕された。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110713/crm11071319090023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビ盗容疑で4人逮捕 愛知、三重で500件関与(13日)

三重県警捜査1課と津署などは13日までに、カーナビゲーションを盗んだとして、窃盗の疑いで20代の男4人を逮捕、送検した。

 県警によると、4人は愛知県豊明市新田町西筋、無職、松本大地被告(27)=窃盗罪で公判中=や津市久居北口町、外装業、伊藤肇被告(26)=同=ら。昨年8月以降、三重、愛知両県でカーナビを狙った車上荒らし約500件に関与したと自供。被害総額は5千万円以上とみられる。

 逮捕容疑は昨年12月12日夜から翌13日朝にかけ、名古屋市港区の駐車場で車からカーナビなどを盗んだほか、今年1月28日夜から翌29日朝にかけて津市の駐車場でもカーナビを盗んだ疑い。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110713/crm11071319120024-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

情報提供をsign03

2009_1228_222559212_3

201107131001000

【メール警視庁】 

7月13日(水)、午前3時00分ころ、武蔵野市桜堤3丁目の路上で、女性が帰宅途中、男に体を触られました。(不審者の特徴については、中肉、短髪、黒色っぽいTシャツ、黒色っぽいハーフパンツ、徒歩)
【地図】http://www3.wagamachi-guide.com/Mail-Keishicho/index.asp?adr=13203008003
首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 【ニュース】福島県内外の獣医師や動物愛護団体の関係者ら約50人が16、17の両日、区域内を捜索し、捕獲用のケージを使って助け出すことになりました。犬や猫が対象で、少なくとも数百匹に上るとみられていますが、飼い主にとっては家族同様、よかったですね。助け出された犬やネコはネットで公開され飼い主を捜します=読売新聞電子版
 よって本日の相談は「野良猫への餌やり」 

【快答Oちゃん】
 『相談』 
猫に餌をやっている人がいます。路上に置くのですが、餌が産廃物に当たるような大げさなものでもないし、困っています。
 『回答』 
 猫嫌いの人が猫の糞尿被害を訴えているのを知りながら野良猫に餌を与え続けた近所の住人の行為が違法と判断された判例があります。
 世の中には様々な人がいます。猫等の小動物を好む人も多く存在します。こうした行動をとる人の意見も尊重すべきですが、一方で、特に猫の糞尿等による臭い等を嫌う人も多く存在します。特に都会においては、他人に不快感を与え糞尿等で被害が出るような場合で受忍限度を超えれば損害賠償の責めにあいます。保健所への通報もひとつの手段ですが、処分されることもあります。動物愛護団体などに相談することもよいでしょう。 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

800万円で腎臓売買容疑、提供者や組長ら逮捕 警視庁(13日)

 東京都内の医師が生体腎移植を受けるために暴力団員らに金を支払ったとして臓器移植法違反容疑(臓器売買の禁止)で逮捕された事件で、この医師が別の暴力団組長らに800万円を渡して移植手術を受けたとして、警視庁は13日、同容疑などで医師や組長ら6人の逮捕状を取り、組長ら4人を逮捕した。

 暴力団と組んで臓器売買をし、実際に移植が実施されたケースが立件されるのは初めて。警視庁は暴力団の組織的関与の有無などを調べる。

 逮捕されたのは、住吉会系暴力団組長の坂巻松男(70)、腎臓の提供者(ドナー)で埼玉県越谷市出身の暴力団関係者・石川竜哉(21)、医師の知人の会社役員・江口祐子(47)、組長の知人で無職の男(30)の4容疑者。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼なじみの7人を窃盗で逮捕、370件関与か(13日)

愛知県警岡崎署は13日までに、窃盗の疑いで、岡崎市米河内町日影、無職、近藤弘貴容疑者(21)=窃盗罪で起訴=ら7人を逮捕した。

 同署は、近藤容疑者らのグループが昨年7月以降、岡崎市などで自販機荒らしや空き巣など約370件(被害総額約1700万円)に関与したとみて調べている。

 逮捕容疑は4月15日深夜、岡崎市のアパートで自営業男性の部屋に侵入し、現金約100万円を盗むなどした疑い。

 同署によると、近藤容疑者らは小中学校からの友人。同市内の飲食店をたまり場にしており、集まったメンバーで盗みを繰り返していた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生駒・女性不明、遺体はバラバラに切断か (13日)

行方不明になっている資産家の女性のクレジットカードを使ったとして男が逮捕され、供述どおりに奈良県で遺体が見つかった事件で、遺体はバラバラに切断された可能性が高いことがわかりました。

 生駒市の井口清美さん(60)名義のクレジットカードを不正に使用した疑いで逮捕された永井真太郎容疑者(34)は、「井口さんの遺体を生駒山に埋めた」と供述、その場所から白骨化した頭や手足の骨などが見つかっています。身元は特定できていませんが、解剖の結果、骨には鋭利な刃物のようなもので切断した跡があり、警察は、死後にバラバラにされ、埋められたとみています。

 井口さんは先月中旬ごろから連絡がつかなくなりましたが、その後、井口さんの携帯電話から長女に「韓国に旅行に行く」とメールが送られたということで、警察は、永井容疑者が事件の発覚を遅らせるため、偽装メールを送った可能性もあるとみています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4774909.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

特急に飛び込み死亡、巻き添え4人軽傷 (13日)

12日午前、東京のJR新小岩駅で、通過中の特急電車にはね飛ばされた女性がホームの売店に突っ込み、男女4人が巻き込まれ、軽いけがをしました。はね飛ばされた女性は死亡していて、警視庁は女性が自殺したとみて調べています。

 東京のJR新小岩駅。12日午前10時過ぎ、そのホームは一時、騒然となりました。駅を通過中の特急電車「成田エクスプレス」に、40代から50代とみられる女性が飛びこんだのです。

 電車にはねられた女性は売店に突っ込み、店の中や外にいた男女4人が巻き込まれたということです。電車に飛び込んだ女性は、はずみでホーム側にはねとばされ、売店のガラス扉を突き破りました。

 売店付近には複数の乗客がいましたが、男性1人、女性3人の合わせて4人が巻き込まれ、打撲や切り傷などの軽傷を負いました。

 「散らばったガラスがあったので、ビックリした」(清掃員の女性)

 はねられた女性は、間もなく死亡しました。警視庁はホーム内のカメラの分析から、女性が電車に飛び込み自殺したとみて、身元の確認を急いでいます

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4774230.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗:容疑で平塚の男2人逮捕 避難の無人住宅に侵入 (13日)

福島第1原発事故で避難して無人になっていた住宅に盗みに入ったとして神奈川県警は12日、平塚市田村9の自称自動車ブローカー、尾形寛行容疑者(38)と同市大神、無職、栗原芳昭容疑者(46)を窃盗と住居侵入容疑で逮捕した。栗原容疑者は容疑を認め、尾形容疑者は否認しているという。逮捕容疑は5月8日午前11時半から9日午前11時ごろの間、福島県広野町の無職男性(74)方に侵入し現金1万3000円と高級腕時計2点(計10万円相当)などを盗んだとしている。【中島和哉】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110713k0000m040136000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の傘固定具は違反か?…警察の判断割れる(13日)

傘をハンドルに固定して自転車をこぐのはOKか、違反か――。

 携帯電話を使用するなど、不安定な状態で自転車を運転するのを禁じる鳥取県道交法施行細則が10月1日に改正施行される。そこで注目されるのが、傘の固定具を使っての運転の可否だ。県警は「違反の恐れがある」と使用を控えるよう求めているのに対し、メーカーは「そもそも安定させるために開発した道具。違反のニュアンスが示されると混乱を招く」と反発している。

 傘の固定具は約30年前から流通し始め、県内でもホームセンターなどで販売されている。ハンドル中央部に固定具をはめ込み、傘を取り付けるタイプで、1個2000円程度。

 県警などによると、今回の細則改正で、携帯使用のほか「傘を差し、物を担ぎ、物を持つなど視野を妨げ、又は安定を失うおそれがある方法」を禁じる。違反すると5万円以下の罰金が科される。これに固定具を使った運転が該当するかが、論争の種となっている。

 県警交通企画課の担当者は「傘を固定しても、強風や大型車両が通過する際の風圧にあおられれば、安定性を失う。風が穏やかな日でも、視野の妨げになる」と指摘。「細則違反になる可能性がある。発見したらただちに摘発するわけではないが、安全性確保のためには使用を控えたほうがいい」としている。

 これに対し、メーカー側は反発している。事故防止策として、商品に▽強風時は使用しない▽大型車両近くでは自転車を押して歩く▽視界を遮らないよう気をつける――などの注意書きを添えており、守れば法令違反にならない、という考えだ。

 固定具を開発したメーカー「ユナイト」(愛知県清須市)の担当者は「これまでに固定具の使用が原因となった事故の報告はない」と指摘したうえで、「片手運転しなくてもすむように開発した商品。自転車がないと生活が著しく不自由になる人もいる。きちんとした検証もなく『危ないのでは』という感覚だけで禁じるのはおかしい」と憤る。

 既に同様の細則を設けている都道府県では、判断は割れている。東京都では、警視庁がホームページで固定具の使用にふれ「危険な場合があるのでやめましょう」と、事実上、使用をやめるよう呼びかけている。大阪府警の担当者は「傘や自転車のサイズ、強風といえるかどうかなど判断が難しい場合が多く、即座に違反だとは言えない。見つけても注意にとどめることが多い」と明かす。

 鳥取市内のあるホームセンターは、細則改正後も固定具を店頭に置き続けるという。スタッフの一人は「明確に禁じられているのは片手運転。規定があいまいとはいえ、片手運転しなくても済む固定具のニーズは、これからもあると思う」と話している。(松田卓也)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警戒区域のペット救え…獣医師ら捜索、除染も(13日)

政府の原子力災害現地対策本部は13日、福島第一原発から20キロ圏の「警戒区域」に取り残されたペットの救出に乗り出すと発表した。

 福島県内外の獣医師や動物愛護団体の関係者ら約50人が16、17の両日、区域内を捜索し、捕獲用のケージを使って助け出す。犬猫が対象で、少なくとも数百匹に上るとみられるという。

 救出後はスクリーニング(放射能検査)をし、基準値を超えた場合には除染も行う。県内の施設で一時的に保護した上で、インターネットなどを通じ飼い主らに引き取りを呼びかける。

 犬や猫をやむなく残して避難した飼い主から、救出を望む声が上がっていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会「5代目」就任 発砲相次ぐ福岡、田中組主導強まる(13日)

指定暴力団「工藤会」(北九州市)は12日、会長交代の継承式を同市小倉北区の本部で行い、5代目会長に組織ナンバー2の田上不美夫理事長(55)が就任した。4代目の野村悟会長(64)は総裁に退いた。ただ、今後も実質的には「野村体制」が続くとみられ、福岡県警は「凶悪な組織体質は変わらない。引き続き徹底的に取り締まる」としている。

 田上会長は、工藤会傘下の最大組織「田中組」の前組長。野村総裁は田中組出身で、昨年ごろから田上会長への跡目継承を模索していたとされ、今年に入って親交の深い指定暴力団関係者らに意向を伝えていた。

 また、工藤会理事長には菊地敬吾・田中組組長(38)が就任。「総裁」「会長」「理事長」の最高幹部が田中組出身者や組長で占められ、同組の主導による支配体制が一段と強まるとみられる。

 暴力団に施設などを貸すと、県暴力団排除条例に触れるため、この日の継承式は工藤会本部事務所内で行われた。県警の捜査員が監視する中、直系組長や別の指定暴力団関係者らが朝から集まった。

 福岡県内では一般市民に銃口が向けられる事件が相次いでおり、北九州市の建設会社事務所で社員が拳銃で狙われた事件や、福岡市の九州電力会長宅が手榴弾(しゅりゅうだん)で襲撃された事件などについて、県警は工藤会の犯行とみて捜査を続けている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110713/crm11071309030003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

列車内で女性の胸触ったら…張り込みの女性警察官 痴漢容疑で会社員逮捕(13日)

福井県警は13日、県迷惑防止条例違反の疑いで、同県南越前町日野、会社員、菅原真容疑者(37)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、13日午前5時ごろ、JR北陸線武生-王子保間を走行中の列車内で、前の席に座った女性警察官の胸を、座席越しに触った疑い。

 県警によると、同様の手口による被害の相談があったため、女性警察官らが車内で張り込みをしていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110713/crm11071310100005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【資産家女性死体遺棄】遺体に切断面 50~70歳の女性 身元特定急ぐ(13日)

奈良県生駒市の山中で白骨化した遺体が見つかった死体遺棄事件で、生駒署捜査本部は13日、見つかった遺体を司法解剖した結果、50~70歳の女性で半年以内に死亡したとみられると発表した。

 遺体は頭蓋骨や手、足などの骨の一部で、切断面があったことも判明。捜査本部は遺体が行方不明になっている無職、井口清美さん(60)とみて、わずかに残っていた皮膚などからDNA鑑定を行い、身元の特定を急ぐ。

 捜査関係者によると、井口さんのクレジットカードで現金を引き出そうとしたとして窃盗未遂容疑で逮捕された無職、永井真太郎容疑者(34)は「(井口さんの)遺体を刃物のようなものでばらばらにした」と供述しており、捜査本部が詳しく調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110713/crm11071311330007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:川崎・宮前、2日間で3件 計2600万円被害 /神奈川(13日)

◇「手渡し」手口

 宮前署は9日、川崎市宮前区に住む80代の無職女性が息子を装った男から電話を受け、7、8両日に計1000万円をだまし取られる詐欺の被害に遭ったと発表した。振り込め詐欺の一種で「手渡し詐欺」と呼ばれる手口で、県警が警戒を強めているが、同区内ではこの2日間で別のお年寄り2人が同様の手口でいずれも800万円をだまし取られる事件が起きたばかり。

 同署によると、7日正午過ぎごろ、女性宅に息子をかたる男から「会社の金を流用した。月曜には返すから1000万円貸してほしい」と電話があった。女性は7日午後に自宅にあった250万円を、8日正午過ぎには銀行で下ろした750万円を、息子の「代理の集荷担当」を名乗る男に渡した。男は30歳前後だったという。

 8日に東京都内の銀行の窓口で現金を下ろした際には、行員から使途を尋ねられたものの、女性は電話の男の指示通りに「家で使うお金だから大丈夫」などと説明したという。

 同区内では、7日には80代、8日には70代のいずれも無職の女性が、孫や息子をかたる男から電話で「浄水器販売のアルバイトで失敗し、800万円が必要」などと言われ、自宅に来た男に現金を渡し、だまし取られる事件が起きている。【杉埜水脈】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110710ddlk14040145000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

接触:野生化した牛、パトカーに 福島・楢葉町(13日)

東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている警戒区域の福島県楢葉町で牛の群れが県警のパトカーに接触する事故があったことが分かった。乗車していた警察官にけがはなかった。住民が避難時に放した家畜とみられる。

 県警によると、パトカーは10日夜、空き巣などの警戒のため楢葉町周辺を巡回中に牛に囲まれた。赤色灯をつけていると、牛が近づくことがあるというが、このパトカーが点灯させていたかは不明。

 同町を含む第1原発から半径20キロは震災直後に避難指示区域に指定され、畜産農家らは世話のできない牛を避難させていた。【蓬田正志】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110713k0000m040106000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピンで70歳代日本人男性が不審死(13日)

【バンコク=若山樹一郎】フィリピンの日本大使館によると、比中部セブ州ラプラプ市で12日、70歳代の日本人男性が自宅で頭から血を流し、首にコードが巻かれた状態で死亡しているのが見つかった。

 地元紙によると、男性は愛媛県出身のウケナ・タカオさん。ウケナさんは1人暮らしで、室内には争ったような跡はなく、貴重品も残っていた。警察は、事件の可能性があるとみて、捜査しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

看守、容疑者に睡眠薬入り茶飲ませた疑い 岐阜県警捜査(13日)

岐阜中署の数人の看守係が、勾留中の複数の容疑者の男に睡眠導入剤を混ぜたお茶を飲ませていた疑いがあるとして、岐阜県警が暴行や薬事法違反などで捜査していることが12日、県警への取材でわかった。

 県警によると、看守係らは聴取に対して「容疑者らが夜中に騒ぐなどするため、留置場での管理を容易にするためにやった」などと説明しているという。

 看守係らは5月ごろ、勾留中の複数の容疑者に対し、医師が処方していないのに睡眠導入剤をお茶に混ぜて飲ませた疑いがある。看守係は、使用せずに余った睡眠導入剤を保管して、それを容疑者に飲ませていたという。

 6月上旬、県警の留置管理業務の聞き取り調査で発覚した。岐阜中署では、20~30代の看守約10人が3班体制で交代で勤務していた。県警監察課は「関係者を聴取するなど、現在調査している」としている。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

馬乗りで殴られ無職男性死亡 大阪(13日)

大阪市西成区の路上で同市浪速区塩草2、無職、米沢渡さん(53)が男に馬乗りで顔を殴られた後、急性硬膜下血腫で9日に死亡する事件があり、西成署は12日までに傷害致死容疑で捜査を始めた。

 同署によると、8日午後11時50分ごろ、西成区萩之茶屋3の路上で、米沢さんに男が馬乗りになって顔を十数発殴っているのを、通行人が目撃。男は現場からそのまま立ち去った。米沢さんは病院に運ばれ、当初は意識があったが、9日に容体が急変した。

関連記事

記事本文の続き 男は20~30代とみられ、身長170~175センチの細身。黒っぽいTシャツにジーパン姿だった。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

臓器提供者ら3人立件へ 逮捕の医師と妻も 警視庁(13日)

生体腎移植をめぐる臓器売買事件で逮捕された開業医の堀内利信容疑者(55)が、宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)で移植手術を受けた際にも、臓器提供者(ドナー)らと金銭のやりとりをした疑いが強まったとして、警視庁組織犯罪対策4課は12日、臓器移植法違反(臓器売買の禁止)などの疑いで、堀内容疑者と妻の則子容疑者(48)を再逮捕し、臓器提供者ら3人を新たに立件する方針を固めた。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、同病院で手術が行われた臓器提供について、則子容疑者が「謝礼を支払った」と供述しており、組対4課は裏付け捜査を行った結果、供述通りに臓器売買が行われていたと判断した。

 宇和島徳洲会病院の腎移植手術をめぐっては、平成18年にも会社役員ら2人が逮捕される臓器売買事件が起きており、刑事事件化すれば2度目となる。

 捜査関係者によると、堀内容疑者らのほかに組対4課が新たに立件する方針を固めた3人は、臓器を提供した男(21)、臓器提供を仲介したとみられる指定暴力団住吉会系組長(70)と知人の女。

 堀内容疑者と則子容疑者は昨年7月に行われた同病院での腎移植手術で、組長と知人の女から臓器提供者の男を紹介され、1千万円前後を支払うなどした疑いが持たれている。男は組長に借金があり、臓器提供を承諾したとみられる。

 臓器提供は原則、親族間にのみ認められるため、堀内容疑者と男は養子縁組を偽装。手術の約1カ月前になって縁組を結ぶ偽装書類を役所に提出した疑いもある。手術の可否を検討する同病院の倫理委員会に対しても、以前から実質的な親子関係にあったように装う文書を提出していた。

 堀内容疑者と則子容疑者は宇和島徳洲会病院で移植を受ける前の21年10月~昨年4月、別の暴力団組員らから臓器提供者の紹介を受け、1千万円を支払った疑いで先月逮捕された。

 この手術は直前になって金銭トラブルで頓挫。組対4課は、焦った堀内容疑者らが組長らに臓器売買を持ちかけたとみている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6億円強奪 被害警備会社、現金輸送業務から撤退へ(13日)

東京都立川市の6億円強奪事件で、被害を受けた日月警備保障の浜野亘秀社長が12日、東京都公安委員会の聴聞会に出席し、現金輸送業務から撤退する意向を表明した。同社はビルや施設の常駐警備に業務を特化するとしている。

 強奪事件発生後の6月、警視庁が現金輸送部門などへの立ち入り検査を実施。警備業法で定められた社員の新任時や半年ごとの教育を適正に実施していなかったことが判明した。

 これを受け、都公安委は同社を処分する方針を固め、聴聞会を開いた。15日にも具体的な処分内容を決める見通し。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110712/crm11071221500034-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルに「爆弾仕掛ける」、威力業務妨害容疑で医師を逮捕(13日)

埼玉県警上尾署は12日、同県上尾市内のホテルに「爆弾を仕掛ける」などと電話をして業務を妨げたとして、威力業務妨害の疑いで、住所不定、医師、藤井博容疑者(62)を逮捕した。

 上尾署によると、藤井容疑者は3日から約1週間、ホテルに滞在。従業員に接客態度が悪いとクレームを付けていた。

 逮捕容疑は12日午前、ホテルに「これから殺しに行く」などと3回電話をしてホテルの業務を妨害したとしている。

 藤井容疑者は医師の派遣会社に登録し、同時期に同市内の病院で勤務していた。「そんなことは言ってない」と容疑を否認している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110712/crm11071223590035-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月12日 | トップページ | 2011年7月14日 »