« 2011年6月30日 | トップページ | 2011年7月2日 »

2011年7月1日

2011年7月 1日 (金)

大阪で投資詐欺被害者に再度投資を持ちかける弁護士名乗る男を本物の弁護士が看破(1日)

大阪で、投資詐欺の被害者の女性に相談を受けた弁護士が、再度投資を持ちかける弁護士を名乗る男を追及、偽物の弁護士と見抜き、警察に通報した。
「わたし、○○法律事務所の○○です。皆さんで150万円という金額で再度投資をもちかけるんですよ」と話す男の訪問を受けたのは、投資詐欺の被害者で74歳の女性。
まだ何も手続きをしていないはずなのに、裁判の日程が決まっていたり、男の名刺に書かれた電話番号は、葬儀業者のものだったりと不審だらけだった。
映像は、女性から相談を受けた本物の弁護士が、男の名前が弁護士会に登録されていないことから偽者であると見抜き、撮影したもの。

本物弁護士「大阪の弁護士の田村です。今、(名前を)検索したけど、おらんのですけど。登録番号は何番?」
ニセ弁護士「登録番号取りに行ってもいいですか」
本物弁護士「登録番号は素で言えるのが当たり前やろ」

こうして、男は退散した。
女性に被害はなく、本物の弁護士は1日、警察に通報した。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車上荒らし行脚:「30年続けた」窃盗未遂容疑59歳逮捕(1日)

 「目標は1日20台、2万円」。愛知県警中署は1日、沖縄県出身で住所不定、無職の伊敷勇信容疑者(59)を窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。同署の調べに対し伊敷容疑者は、自らノルマを設けて車上荒らしを繰り返し全国行脚する生活を30年間続けていたと供述。同署は09年8月以降だけで計1万件、約1000万円の余罪があるとみて追及する。

 逮捕容疑は1日午前4時半ごろ、名古屋市中区の駐車場で軽乗用車から金品を盗もうとしたとしている。同署によると、車を物色する伊敷容疑者に気づいた男性会社員(33)が、持ち主の同僚男性(26)に連絡、2人で取り押さえた。伊敷容疑者は針金2本を持っており、針金でドアロックを解除するのが得意の手口だという。

 調べに対し「今まで一度も働いたことはない。30年間、車上荒らしをし(刑務所を)出たり入ったりしていた」と供述。09年8月に刑務所を出所後「1日20台、2万円」を目標に車上荒らしを繰り返し、サウナやビジネスホテルに寝泊まりして東京や千葉、神奈川、大阪、兵庫などを渡り歩いたと話しているという。【岡大介】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110702k0000m040056000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

81歳女性が振り込め被害 2300万円だまし取られる(1日)

警視庁王子署は1日、東京都北区の無職女性(81)が現金計2300万円をだまし取られる振り込め詐欺被害が発生したと発表した。

 同署によると、6月28日午後9時ごろ、女性に息子を装った男から「会社の会計から金を借りた。今日監査があるから返さないといけない」「バイク便が取りに行く」と電話があった。29日午後1時ごろ、グレーのジャージー姿の男が自宅に現金500万円を受け取りにきたという。

 その約2時間後、「実はまだ1千万円以上ある。なんとか都合がつかないか」と再度電話があり、午後4時ごろ、紺色のスーツ姿の男が女性方を訪問。女性は現金1800万円を男に手渡した。

 1時間後、現金が届いたか確認するため女性が息子に電話をしたことで、だまされたことに気づいたという。

 現金を受け取りにきた男はいずれも20代で身長170センチくらいだった。同署は詐欺事件として調べている。

Msn_s1_12 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070118190023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

プロボクサーを覚醒剤所持容疑で逮捕 警視庁(1日)

覚醒剤を持っていたとして、警視庁が覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、プロボクサーで渡嘉敷ボクシングジム所属(東京都中野区)、儀間謙英容疑者(26)を逮捕していたことが1日、同庁への取材で分かった。

 同庁によると、儀間容疑者は「自分の物ではない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は6月30日午後7時ごろ、都内の路上で、覚醒剤0・5グラムを持っていたとしている。

 同庁によると、路上を歩いていた儀間容疑者に警察官が職務質問したところ、覚醒剤を放り投げたため、発覚したという。

Msn_s1_11 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070119020026-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)

専門家の要請をshine

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201106161443000

 今年5月までの振り込め詐欺の被害総額は45億3619万4761円で前年同期より9億3348万6168円も増えていることが警察庁のまとめで分かった。ところが認知件数は2288件で前年同期に比べて518件減っている。

 5月に全国で認知した振り込め詐欺の件数は439件で前月より126件減少。被害総額も9億7111万3000円でやはり2億5020万386円減少した。ところが、前年同期(5月)と比べると19件、被害額も4億5953万5426円とそれぞれ増えている。
 このように前年に比べて被害額が増加した背景にはオレオレ詐欺の増加がある。

 今年5月までのオレオレ詐欺認知件数は1753件、被害額は38億2202万9761円で前年同期に比べて件数で273件、額で12億2578万9392円増えた。振り込め詐欺全体の7割以上を占めるオレオレ詐欺の増加が全体の数字を引き上げた要因と分析できる。

 北海道では半年で被害総額が1億1000万円になり、既に昨年1年間の総額約9400万円を超えているという。震災復興支援をかたる融資保証金詐欺の被害も初めて確認されるなど新手口への対処も含め、全国の警察の総力を挙げた対処が望まれる。未遂を徹底的に捕まえてほしい。

 今、振り込もうとしているお年寄りを2時間や3時間説得してもダメなんだから、事前にお年寄り宅を回る担当者には、さらなる高度な話術が必要だ。警察官OBを使えば良いというのでは全然ダメ。1週間ぐらいの講習を受けさせるか相談員の経験者を充てることだ。

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状維持とする。
 家庭・家族に起因する事件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

【メール警視庁】6月中、東京都内では、月別にみて本年最も多い

Bye1

「26人」もの方が交通事故で亡くなりました。

 警視庁では、重大交通事故の発生を抑止するため、7月5日()から11日()までの1週間、取締りを強化するなどの緊急対策を実施します。

 車・二輪車を運転する人、自転車に乗る人、歩行者など、それぞれの立場から交通ルールを守り、交通事故を起こさない、また、遭わないように十分注意してください。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

外国人の集団に男性蹴られ重体 傷害容疑で男2人聴取(1日)

1日午前2時半ごろ、川崎市川崎区東田町の路上で、外国人らしい7~8人が男性に蹴るなどの暴行を加えていると、通行人の女性から110番があった。

 川崎署によると、男性は市内の建設作業員(40)で、病院に運ばれたがくも膜下出血で意識不明の重体。同署は、近くの飲食店で客引きをめぐりトラブルがあったとみて、いずれもバングラデシュ人で30~40代の男性店主と男性店員から傷害容疑で事情を聴いている。

 2人は「現場にはいた」と話している。

Msn_s1_10 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070113010015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

部下の30代女性警察官に不適切メール セクハラの元性犯罪捜査室長を戒告 愛知県警(1日)

捜査1課性犯罪捜査室長だった当時、部下の女性職員にセクハラをしたとして、愛知県警は1日、知多署の前副署長で刑事部付の吉村義喜警視(55)を戒告の懲戒処分とした。

 監察官室によると、吉村警視は、性犯罪捜査室長だった昨年1月から12月、部下の30代の女性警察官に不適切な内容のメールを数十回送った。

 今年3月に知多署副署長に異動したが、セクハラ行為の疑いが発覚し4月に更迭された。県警の調査に「セクハラと言われれば仕方ない」と話しているという。

 県警は、当時の上司で機動捜査隊長の警視(50)も監督責任を問い、本部長注意とした。

 中村正孝首席監察官は「幹部職員としてあるまじき行為。職員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

Msn_s1_9 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070113430018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「レコーディングに資金必要」交際女性から270万円詐取 容疑のプロデューサー名乗った作業員逮捕(1日)

音楽のプロデューサーを名乗って「レコーディング資金が必要」などとうそを言い、交際相手の女性から現金をだまし取ったとして、警視庁深川署は詐欺の疑いで、住所不定、畜産作業員、木下智之容疑者(48)を逮捕した。同署によると、「金は受け取ったが、だましたつもりはない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は平成22年2月下旬ごろ、交際していた都内の女性会社員(54)に、「プロデューサーの仕事が入ってレコーディング資金が必要なので貸してほしい。給料で返す」などとうそを言って、現金270万円を銀行口座に振り込ませてだまし取ったとしている。

 同署によると、木下容疑者と女性は21年6月にインターネットの音楽サイトで知り合い、交際を始めたという。木下容疑者は偽名を使ってプロデューサー兼ミュージシャンと名乗っていた。金を振り込んだ後、しばらくして木下容疑者と連絡が取れなくなったことを不審に思った女性が、今年はじめ、同署に相談していたという。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070116130019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:疑いでグループ8人逮捕 1都2県で被害1770万円--県警 /千葉(1日)

県警捜査2課は29日、1都2県で振り込め詐欺を繰り返していたとして、東京都新宿区西新宿6、自称自営業、中山惣介(のぶゆき)被告(33)=詐欺罪で起訴=ら計8人からなる振り込め詐欺グループを逮捕・起訴したと発表した。昨年4月~今年1月だけで被害総額は1770万円に上り、同課は余罪があるとみて捜査している。

 県警は昨年4月、グループ内で被害者宅に金を受け取りに行く「受け子」をしていた男を逮捕し、関係先を家宅捜索して資料を押収。その後、電話をかける役割を担う「かけ子」のリーダーで、東京都小金井市本町6、無職、鷹野哲男被告(32)=同=やその部下などを相次いで逮捕していた。中山被告は犯行に使う携帯電話を提供し、グループ内の連絡役をしていたという。

 また同課は29日、このグループが船橋市の無職男性(69)から現金をだまし取った詐欺事件で、自宅まで金を受け取りに行く「受け子」役をしたとして、別の振り込め詐欺グループの男2人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。2人は東京都港区赤坂9、自称派遣社員、森稔容疑者(26)と東京都足立区の自称塗装業の少年(17)。

 逮捕容疑は、今年1月13、14日、中山グループの8人らと共謀し、男性宅に息子を装って電話をかけ「コピー機を売る副業を始め、仕入れ代に会社の金を勝手に使った。今日中に返さないといけない」などとうそを言い、集金の金融業者を装って自宅に赴き、男性から現金456万円を受け取ったとしている。【中西啓介】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110630ddlk12040269000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東電会見に出席の自称記者、Suica盗み逮捕(1日)

東京・銀座の路上で車上荒らしをしたとして、警視庁築地署が、福島第一原子力発電所の事故に関する東京電力の会見に「ネイビー通信」記者を自称して出席していた住所不定、無職田代裕治容疑者(36)を窃盗の疑いで現行犯逮捕していたことが同署幹部への取材でわかった。逮捕は6月21日。

 同署幹部によると、田代容疑者は6月21日朝、東京都中央区銀座の路上で、駐車中の無施錠の車の助手席にあった定期入れからSuica(スイカ)1枚を盗んだ疑い。車の所有者の男性(33)が車を物色していた田代容疑者をその場で取り押さえた。

 田代容疑者はネットカフェで寝泊まりしていたといい、逮捕時の所持金は約1000円だった。「交通費が欲しかった」と容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店も暴力団お断り!全国初、熊本県1300店(1日)

熊本市内の飲食店など約1300店が、暴力団員の来店を断る取り組みを1日から始める。九州新幹線鹿児島ルートの全線開業などに伴い、観光客が安心して楽しめる街づくりが狙い。熊本県暴力団排除条例が1日付で全面施行となり、無理に来店する暴力団員には罰金が科される。熊本県警によると、暴力団員の来店を規制する制度は全国初という。

関連記事

記事本文の続き 取り組みに参加するのは、市中心部の繁華街にある居酒屋やスナック、酒を提供するレストラン、パチンコ店、風俗店、ゲームセンターなど。店側は「暴力団員立入禁止」と書かれたB5判の板(標章)を県公安委員会に申請し、入り口の見えやすい場所に張る。

 暴力団員の来店があると店側が県警に通報、県公安委員会が暴力団員に対し、店に立ち入らないよう中止命令を出す。違反すれば50万円以下の罰金。県警もパトロールを強化し、暴力団員の出入りを把握する。

 飲食店の男性経営者(39)は「一見、暴力団と分からない人も敬遠して入って来られなくなる」と新制度を歓迎する。

 一方、「忙しくて対応できない」「他店の様子を見て決める」などとして標章を申請していない店もあり、取り組みへの参加を決めたのは対象地域にある約2600店の半数にとどまる。

 標章制度の事務を担当する熊本北署の奥田整史警部は「暴力団排除をうたったステッカーは多数あるが、実際の効果は薄かった。条例で罰金などが明記されたことは意義深く、標章を『守り札』として活用してほしい」と話した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「刑務所に入りたかった」 大阪府警そばでタクシー強盗 車直行させ現行犯逮捕(1日)

1日未明、大阪市中央区を走行中のタクシー車内で、客の男が「金を出せ、強盗や」と男性運転手(66)を脅した。運転手は約500メートル離れた府警本部まで車を走らせ、庁舎前で警備中の男性巡査部長に助けを求め、男は強盗未遂容疑で現行犯逮捕された。

 東署によると、男は住所不定、無職、矢野啓視容疑者(38)。「刑務所に入りたくてやった」と供述している。運転手にけがはなかった。

 逮捕容疑は1日午前2時25分ごろ、中央区内本町の路上で、タクシー運転手の胸ぐらをつかんで脅迫し、金を奪おうとした疑い。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070110010009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

友人女性宅で大麻を所持 傷害容疑のダルビッシュ投手の弟、大麻取締法違反容疑でも逮捕(1日)

友人女性への傷害の疑いで大阪府警に逮捕された、プロ野球日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手(24)の実弟で無職、ダルビッシュ翔容疑者(22)=大阪府羽曳野市=が、大麻取締法違反(所持)容疑でも逮捕されていたことが1日、府警への取材で分かった。

 逮捕容疑は1月下旬、同府河内長野市に住む友人の女性(19)宅で大麻0・012グラムを所持した疑い。さらに1月25日早朝、この女性宅で、女性の顔を殴ったり腹を蹴ったりして軽傷を負わせた疑い。

 6月7日に大麻取締法違反容疑で逮捕され、処分保留となり、17日に傷害容疑で再逮捕された。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070111550012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無言119番、いたずらと限らないと県が出動要請(1日)

「脳幹出血で倒れ、119番したが、声が出なかったため、いたずら電話と勘違いされた」という趣旨の手紙が県民から寄せられていたことを、神奈川県の黒岩知事は30日の記者会見で明らかにした。

 この手紙を受け、県は市町村に対し、無音状態が続く119番には、命に危険があることを前提に速やかに救急隊を出動させるよう要請した。

 手紙によると、2009年1月5日、川崎市中原区の自宅で、40歳代の男性が脳幹出血で倒れ、携帯電話で3回119番したが、声が出なかったため、電話を切られ、救急隊は出動しなかった。男性は6日後に再び119番し、病院に運ばれたという。

 川崎市消防局によると、通話の録音記録は約2週間分しか保管していないため、男性とのやりとりの記録は残っておらず、経緯を確認できないという。

 県は、119番で声が出ない場合は、電話機をたたくよう呼びかけている。一部市町村を除いて、どこからの119番か表示する「発信地表示システム」があり、救急隊を出動させることが可能という。

 黒岩知事は記者会見で、「手紙で訴えられていることは、普遍的な119番システムの問題点だと思ったので対応した」と語った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

閉店作業中のラーメン店に強盗29万奪う 大阪・大東(1日)

1日午前5時半ごろ、大阪府大東市大野のラーメン店「ラーメン大阪住道店」に男が押し入り、男性店員(49)に果物ナイフと特殊警棒のようなものを突き付け「金を出せ」と脅し、カウンターにあった売上金など約29万円を奪って逃げた。

 四条畷署によると、店は閉店作業中で、ほかに女性店員(40)がいたが、2人ともけがはなかった。強盗容疑で行方を追っている。

 男は20代後半ぐらいで、身長170~180センチ。黒っぽいジャージー姿で、帽子をかぶり白いマスクで顔を隠していた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070109060007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生が特急「スーパーひたち」から転落(1日)

茨城県笠間市で、走行中の特急列車から高校1年の女子生徒が転落しました。命に別条はないということです。

 30日午後1時半過ぎ、特急「スーパーひたち」の上り列車から、「走行中の車両から人が落ちた」と警察に通報がありました。JRによりますと、笠間市を走行中の「スーパーひたち34号」で、運転士が6号車のドアが閉まっていることを示す表示が消えたことに気づき、列車を緊急停止させたところ、およそ100メートル後方に人が倒れていたということです。転落したのはひたちなか市に住む県立高校1年の女子生徒で、頭を打つなどしてドクターヘリで病院に搬送されましたが、命に別条はないということです。警察が転落の経緯を調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210630047.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学生切りつけ、殺人未遂容疑で高校生逮捕 (1日)

6月30日夕方、山梨県昭和町で、男子高校生が電車内で中学生をナイフで切りつけ、殺人未遂で警察に現行犯逮捕されました。

 6月30日午後5時15分ごろ、山梨県昭和町付近を走っていたJR身延線の電車内で、17歳の男子高校生が持っていたナイフで男子中学生の首を切りつけました。

 電車は近くの駅に緊急停車し、男子高校生は、駆けつけた警察官に殺人未遂で現行犯逮捕されました。

 警察によりますと、切りつけられた14歳の男子中学生は、首におよそ10日間のけがをしましたが、命に別状はないということです。

 また、2人は面識がなく、電車内で隣り合わせに座っていたところ、トラブルになり、男子高校生が持っていたナイフでいきなり切りつけたということで、警察で動機などを調べています。

 この事件の影響で、JR身延線はおよそ1時間にわたり運転がストップしました。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4764829.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取砂丘に4人分の人骨…死後数十年経過か(1日)

30日午後3時10分頃、鳥取市浜坂の鳥取砂丘で、人骨の一部が埋まっているのを鳥取県砂丘事務所の所長(56)が見つけた。

 県警鳥取署員が周囲を掘ったところ、成人とみられる4体の骨があった。すでに風化しており、県警は、死後数十年が経過しているとみている。鳥取大で鑑定し、死因や詳しい死亡時期などを調べる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人から覚醒剤譲り受けた巡査長を懲戒免職 千葉県警(1日)

覚醒剤を譲り受けて使用したとして、警視庁から覚せい剤取締法違反の疑いで、6月17日に東京地検に書類送検された千葉県警行徳署警備課の男性巡査長(29)に対し、同県警は30日、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 送検容疑は5月18日ごろ、埼玉県内の知人宅で、知人から覚醒剤の入った注射器を受け取り、その場で使用したとしている。警視庁によると、薬物密売サイトの捜査で逮捕した薬物購入者の携帯電話履歴から男性巡査長が特定されたという。

 県警監察官室の調べに対し、男性巡査長は「知人に勧められ、好奇心で昨年10月から5回ほど使った」と容疑を認め、「人としてやってはいけないことをしてしまい申し訳ない」と謝罪している。行徳署では主に災害や雑踏警備にあたっており、勤務態度に問題はなかったという。

 県警の西野正一首席監察官は「警察官の職にある者がこのようなことを起こしたのは誠に遺憾で、深くおわび申し上げる。再発防止に努めたい」とコメントした。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110630/crm11063023040033-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ダルビッシュ投手の弟逮捕 大阪府警、知人女性への傷害容疑(1日)

知人女性に暴行を加え、けがをさせたとして、大阪府警が傷害容疑で、プロ野球日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手の弟で、大阪府羽曳野市野の無職、ダルビッシュ翔容疑者(22)を逮捕していたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。府警によると、翔容疑者は「腹が立ったから殴った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、1月25日未明、同府河内長野市内の知人女性(19)宅で、女性に殴るなどの暴行を加え、顔や頭に軽いけがをさせたとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070101300003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬・太田の「ゆかりちゃん誘拐」に懸賞金 警察庁(1日)

警察庁は1日、平成8年に群馬県太田市で発生した横山ゆかりちゃん=失踪当時(4)=誘拐事件を新たに公的懸賞金の対象にすることを決め、情報の募集を始める。ゆかりちゃんの発見や連れ去った容疑者の逮捕につながる情報提供者に最高300万円、私的懸賞金を合わせると計600万円が支払われる。

 同事件や足利事件を含め、昭和54~平成8年に栃木、群馬両県境で発生した5件の女児殺害や失踪の両親らが家族会を結成し、同一犯としての捜査を求めている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070105000005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【大阪・友梨さん不明事件】懸賞金制度の対象期間を延長(1日)

 大阪府熊取町で平成15年5月、当時小学4年の吉川友梨さん(17)が行方不明になった事件で、警察庁は7月2日から、公的懸賞金制度の対象期間をさらに1年間延長することを決めた。

 懸賞金は最高300万円で、事件解決に結びつく有力な情報を提供した人に支払われる。友梨さん行方不明事件は19年7月に制度の対象に指定され、1年ごとに延長されてきた。

 府警によると、事件に関する情報提供は20年で224件、21年で206件、昨年は156件と減少傾向にある。府警は7月1日朝、JR阪和線熊取駅と南海本線泉佐野駅の駅前でチラシを配る。情報提供は泉佐野署捜査本部((電)072・464・1234)。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/crm11070105010006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月30日 | トップページ | 2011年7月2日 »