« 「警察は敵」消火器をパトカーに噴射(24日) | トップページ | 風俗店が多く入居 暴力団関係者、警官から取り締まり確認の内部情報 (24日) »

2011年6月24日 (金)

無銭飲食8時間、牛丼店で1550円分(24日)

秋田県警由利本荘署は23日、住所不定、無職の男(36)を詐欺(無銭飲食)の容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、男は22日午後5時半頃、同県由利本荘市内の牛丼チェーン店を訪れ、代金を支払う意思がないのに牛丼など1550円分を食べた疑い。

 男は23日未明までの約8時間店内にいて、その間に牛丼と豚丼、牛鍋丼などを食べたという。

 不審に思った男性店長が同署に通報した。男の所持金は36円だった。男は調べに対し、「丸2日、何も食べていなかった。腹が減って我慢ができなくなり、食べてしまいました」と供述している。

 男は秋田市の牛丼チェーン店でも今年5月上旬、所持金が十数円だったにもかかわらず約10時間半の間に牛丼4杯(約2200円相当)を食べ、秋田東署に詐欺容疑で逮捕され、送検後、釈放されていた。

 

« 「警察は敵」消火器をパトカーに噴射(24日) | トップページ | 風俗店が多く入居 暴力団関係者、警官から取り締まり確認の内部情報 (24日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無銭飲食8時間、牛丼店で1550円分(24日):

« 「警察は敵」消火器をパトカーに噴射(24日) | トップページ | 風俗店が多く入居 暴力団関係者、警官から取り締まり確認の内部情報 (24日) »