« ひったくりで女性死亡、被告に懲役20年 (23日) | トップページ | 香川県庁職員を盗撮容疑で逮捕 警視庁(24日) »

2011年6月24日 (金)

貧困ビジネス拡大か 無届け施設に1万6000人 生活保護の高齢者ら(24日)

厚生労働省は23日、法的位置付けのない無届け宿泊施設に入所している生活保護受給の高齢者らが2010年6月時点で、全国で1万6614人に上り、09年1月の前回調査から4027人増えたと発表した。入所施設の総数は1314カ所で、123カ所減った。

 無届け施設には行政の目が届きにくく、劣悪な住環境で高額な利用料を請求する「貧困ビジネス」に当たるケースもあるとみられる。調査では、不況を背景にホームレスを受け入れる施設が増えており、厚労省は「悪質な貧困ビジネスが拡大している可能性がある」とみている。

 調査は無届け施設の実態把握が目的で今回が2回目。厚労省が昨年7月、全国の自治体を通じ、老人福祉法や社会福祉法で位置付けられる有料老人ホームや無料低額宿泊所以外で、把握している施設の状況をまとめた。都道府県別で入所者が最も多いのは大阪府の5350人、次いで北海道の1976人、愛知県の1819人。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110623/crm11062319310033-n1.htm

 

« ひったくりで女性死亡、被告に懲役20年 (23日) | トップページ | 香川県庁職員を盗撮容疑で逮捕 警視庁(24日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧困ビジネス拡大か 無届け施設に1万6000人 生活保護の高齢者ら(24日):

« ひったくりで女性死亡、被告に懲役20年 (23日) | トップページ | 香川県庁職員を盗撮容疑で逮捕 警視庁(24日) »