« 墓地に強盗、管理人と妹刺されけが(11日) | トップページ | 2人死亡火災:妻の無理心中か…東京・あきる野(11日) »

2011年6月11日 (土)

拉致疑われる失踪、現場で30年前の状況再現へ(11日)

1981年に行方不明となり、北朝鮮に拉致された可能性が高いとされる「特定失踪者」の安達俊之さん(当時18歳)について、失踪時の状況を再現する試みが19日、最後に目撃された石川県白山市白山町(旧鶴来町)の交差点で行われる。

 安達さんは81年6月20日、白山町の交差点で同僚女性と車に乗っているのを友人が目撃したのを最後に、女性とともに消息を絶った。失踪状況などから北朝鮮に拉致された可能性があるとして、2003年に「特定失踪者」リストに入った。

 再現は、地元の支援組織「安達俊之さんを思う会」が失踪30年を迎えるにあたり、安達さんの親戚や友人の協力を得て初めて実施する。安達さんが乗った想定の乗用車が交差点に差し掛かり、信号待ちした後、30年前に向かった方向に走り去る流れで、これまで寄せられた目撃証言に沿って失踪状況を検証する。

 思う会の河原秀昭代表(62)は「月日がたち、安達さん失踪事件も風化しつつある。地元の人に改めて関心を持ってもらうきっかけになれば」と話している。

 一方、11日には特定失踪者問題調査会(東京都)の荒木和博代表が来県し、県内で発生した北朝鮮による拉致が疑われる失踪事件について、白山市内で調査報告などを行う。

 

« 墓地に強盗、管理人と妹刺されけが(11日) | トップページ | 2人死亡火災:妻の無理心中か…東京・あきる野(11日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51910450

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致疑われる失踪、現場で30年前の状況再現へ(11日):

« 墓地に強盗、管理人と妹刺されけが(11日) | トップページ | 2人死亡火災:妻の無理心中か…東京・あきる野(11日) »