« 火のついた新聞紙持ち銀行に押し入る…男逮捕(24日) | トップページ | 腎移植、別の暴力団関係者仲介で実施か 金銭授受の可能性(24日) »

2011年6月24日 (金)

自動車盗、増加率ワースト 全国減少傾向も…(24日)

全国で自動車盗が減少する中で、県内では今年に入って被害が多発し、前年からの増加率は全国ワーストとなっている。海外への転売目的の窃盗グループが活動を活発化させているとみられ、県警は警戒を強めている。

 警察庁によると、昨年全国で発生した自動車盗は、前年比8%ほど減り約2万3800件で、今年も4月末時点で前年同期比0・1%減。

 岐阜県も1700件以上が発生した2003年をピークに近年は4分の1以下に減少していたが、昨年後半から徐々に増え始め、今年は5月末までに前年比で約2倍の323件が発生している。

 隣接する愛知県でも前年比で3割ほど被害が増えており、複数の窃盗グループが東海地方を中心に組織的な犯行を繰り返しているとみられる。県警捜査3課は「発生件数が増えるということは需要があるということ。海外に新たな市場なり、ルートが開拓された可能性がある」と指摘。盗んだ車を解体して海外に運び出す拠点の摘発などに努めている。

 摘発する側だけでなく、被害に遭わないよう所有者の自助努力も重要になる。

 県警生活安全総務課によると、被害車両のうち、鍵を付けたままだったケースが約3割あった。「短時間の駐車でも、必ずエンジンを切ってドアをロックするのが基本」だ。

 被害場所は一戸建て住宅の駐車場が意外にも17%と高く、マンションやアパートを含めると、自宅に隣接する場所に駐車していて盗まれる例が約4割に上る。同課は「家の敷地内だからといって安心してはいけない。ハンドルを固定する装置や警報器、駐車スペースにカメラやライトを付けたりして、犯人が盗みにくい状況をつくってほしい」と呼び掛けている。

◆高級車、商用車が上位

 県警によると、被害に遭いやすいのは海外で人気がある高級車や商用車。昨年に県内で盗まれた532台の車種別では、トヨタのハイエースとランドクルーザー、日野自動車のトラックがトップ3を占めた。

 意外なのが、9位のスズキのワゴンR。海外への輸出目的というよりは、別の犯罪を行う際の足代わりに使うために盗む例が目立つという。県警は今年2月、愛知、三重、静岡県警と合同でスズキ(浜松市)に対し、防犯装置のイモビライザーを標準装備した車種の拡大を申し入れている。

 

« 火のついた新聞紙持ち銀行に押し入る…男逮捕(24日) | トップページ | 腎移植、別の暴力団関係者仲介で実施か 金銭授受の可能性(24日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動車盗、増加率ワースト 全国減少傾向も…(24日):

« 火のついた新聞紙持ち銀行に押し入る…男逮捕(24日) | トップページ | 腎移植、別の暴力団関係者仲介で実施か 金銭授受の可能性(24日) »