« 6億円強奪、プレート替え茨城へ逃走か (1日) | トップページ | “カリスマ美容師”無免許営業の疑い 顧客に芸能人も(1日) »

2011年6月 1日 (水)

名前書き間違えバレる 他人になりすましネットカフェ利用の男を書類送検(1日)

インターネットカフェで身分証を求められた際に他人の運転免許証を提示したとして、警視庁目黒署は1日、インターネット利用営業規制条例(本人確認義務)違反の疑いで、東京都世田谷区の無職男(24)を東京地検に書類送検した。同条例の適用は都内初。送検容疑は3月1日、目黒区のネットカフェで、40代の男性店長に身分証の提示を求められた際、他人名義の免許証を出したとしている。

 同署によると、男は「他人の免許証が使えるかどうか試してみたかった」と供述しているという。

 同署によると、男は入会申込書を書く際に名前の一部を間違えたり、交付された会員証に自分の名前を書いて訂正するなどしたという。店長が不審に思い、数日後、同署に相談した。

 同条例はネットカフェで他人を装った犯罪が増え問題視される中で、昨年施行された。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110601/crm11060115560023-n1.htm

 

« 6億円強奪、プレート替え茨城へ逃走か (1日) | トップページ | “カリスマ美容師”無免許営業の疑い 顧客に芸能人も(1日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51826693

この記事へのトラックバック一覧です: 名前書き間違えバレる 他人になりすましネットカフェ利用の男を書類送検(1日):

« 6億円強奪、プレート替え茨城へ逃走か (1日) | トップページ | “カリスマ美容師”無免許営業の疑い 顧客に芸能人も(1日) »