« 無銭飲食8時間、牛丼店で1550円分(24日) | トップページ | 出会い系被害女性、カード会社などを提訴(24日) »

2011年6月24日 (金)

風俗店が多く入居 暴力団関係者、警官から取り締まり確認の内部情報 (24日)

大阪府警西淀川署の男性巡査部長(39)が現金を受け取る見返りに暴力団関係者(41)に内部情報を漏洩(ろうえい)したとされる疑惑で、巡査部長が前任地の吹田署に勤務していた時期に暴力団関係者への暴対法に基づく中止命令をめぐり、初めて面識を持ったことが24日、捜査関係者への取材でわかった。その後、飲食接待などを経て、癒着に至ったとみられる。

 暴力団関係者は、指定暴力団山口組系直系組織に所属していたが、平成18年ごろ破門。この前後、巡査部長は吹田署刑事課で暴力犯係主任を務めており、同署が暴力団関係者に出した中止命令をきっかけに2人は知り合ったとみられる。

 暴力団関係者は破門前から不動産関係の会社を経営。同社が管理する賃貸ビルには風俗店などが多く入居していたことから、店の周辺に違法行為を取り締まる警察車両がいないかどうか確認するなどの目的で警察の内部情報を得ようとしていた疑いがあるという。

 この会社への家宅捜索では、警察車両の情報や捜査員の名簿などが見つかっている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110624/crm11062413570015-n1.htm

 

« 無銭飲食8時間、牛丼店で1550円分(24日) | トップページ | 出会い系被害女性、カード会社などを提訴(24日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風俗店が多く入居 暴力団関係者、警官から取り締まり確認の内部情報 (24日):

« 無銭飲食8時間、牛丼店で1550円分(24日) | トップページ | 出会い系被害女性、カード会社などを提訴(24日) »