« 大分・佐伯市で自宅の押し入れに知人女性の遺体を遺棄した疑いで塗装工の42歳男を逮捕(21日) | トップページ | 偽造トラベラーズチェック200万円分、大阪で換金被害(21日) »

2011年6月21日 (火)

「用心棒代」支払うな 県暴力団排除条例、初の勧告(21日)

今年4月に施行された兵庫県暴力団排除条例に基づき、県公安委員会が県内の建設業男性(36)に対し、指定暴力団山口組系組員への「用心棒代」の支払いをやめるよう勧告したことが20日、捜査関係者への取材で分かった。同条例による勧告は初めて。

 同条例は暴力団の資金源を絶つことを目的に、県民や事業者らに暴力団への利益供与を禁じている。

 捜査関係者によると、建設業男性は条例が施行された4月以降、県内の建設業者から親ぼく会費名目で集めた現金数万円を、「用心棒代」として知人の山口組系組員(38)に手渡したとされる。

 この組員が5月、神戸市内の建設作業員の男性に対する恐喝容疑で、兵庫県警に逮捕されたことで分かった。勧告に従わなければ、県公安委が事業者名などを公表するという。

 同条例はこのほか、都市計画法上の住居地域や学校などの教育施設の周囲200メートル以内で、組長らが設ける別宅を「準暴力団事務所」と定義し、全国で初めて取り締まりの対象としている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0004191556.shtml

 

« 大分・佐伯市で自宅の押し入れに知人女性の遺体を遺棄した疑いで塗装工の42歳男を逮捕(21日) | トップページ | 偽造トラベラーズチェック200万円分、大阪で換金被害(21日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「用心棒代」支払うな 県暴力団排除条例、初の勧告(21日):

« 大分・佐伯市で自宅の押し入れに知人女性の遺体を遺棄した疑いで塗装工の42歳男を逮捕(21日) | トップページ | 偽造トラベラーズチェック200万円分、大阪で換金被害(21日) »