« モーターボートが陸に乗り上げ、4人けが 東京・港区(19日) | トップページ | 痴漢容疑で農水省職員逮捕 「触っていない」と容疑を否認(20日) »

2011年6月20日 (月)

【6億円強奪】主犯格、別の場所から指示でアリバイ工作? 暴力団関係者は逃走支援か(20日)

東京都立川市の警備会社「日月(にちげつ)警備保障」立川営業所で約6億円が奪われた事件で、主犯格として逮捕された指定暴力団住吉会系組の周辺者、蓑田哲郎容疑者(46)が事件当時、自分が経営する中古自動車販売会社「和光商事」=埼玉県吉川市=から、実行犯に指示を出していたとみられることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 蓑田容疑者とともに17日に逮捕された自称暴力団組員の亀治中(かめじなか)博之容疑者(40)ら2人も、同社や自宅周辺にいたとみられる。警視庁立川署捜査本部は、3人が現場から離れた場所で、他人名義などの携帯電話を使って実行犯に指示を出すことで、アリバイ工作をした疑いがあるとみている。

 実行犯として先に逮捕された渡辺豊容疑者(41)ら2人は、逃走の際に仲間の支援を受けていることから、捜査本部では、別の暴力団関係者らが逃走を手助けしたとの見方を強め、関与の疑いが浮上している山口組系組員らの行方を追っている。

 

捜査関係者によると、捜査本部は事件当時、蓑田容疑者らが使ったとみられる携帯電話について、電話会社側に残されていた発着信位置のデータを入手するなどして解析を進めた。

 その結果、事件当時、蓑田、亀治中両容疑者が使ったとみられる携帯電話は和光商事周辺にあり、自称暴力団組員の伊藤彩人容疑者(25)が使ったとみられる携帯は、自宅がある横浜市内にあったことが確認されたという。

 実行犯とされる渡辺容疑者と、植木秀明容疑者(31)は事件後、仲間が運転する車と合流した形跡があり、それぞれ別の車に乗り換えて逃走したとみられており、逃走や現金を運ぶ手助けをしたのは、他に逮捕された3人以外だと推定されるという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110620/crm11062001460003-n2.htm

 

« モーターボートが陸に乗り上げ、4人けが 東京・港区(19日) | トップページ | 痴漢容疑で農水省職員逮捕 「触っていない」と容疑を否認(20日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【6億円強奪】主犯格、別の場所から指示でアリバイ工作? 暴力団関係者は逃走支援か(20日):

« モーターボートが陸に乗り上げ、4人けが 東京・港区(19日) | トップページ | 痴漢容疑で農水省職員逮捕 「触っていない」と容疑を否認(20日) »