« 合成麻薬4キロが漂着 神奈川の海岸2カ所(29日) | トップページ | 同僚のスピード違反見逃し罰金 京都府警の警部補ら2人(29日) »

2011年6月29日 (水)

四つの名前を持つ中国女…なぜか男の名も(29日)

中国人と、帰化した日本人の2人の人物になりすまし、虚偽の結婚を届け出たとして、徳島県警公安課とつるぎ署は28日、東京都東村山市の無職、曲雪紅こと渡辺麗子被告(45)=詐欺罪で公判中=を有印私文書偽造容疑などで逮捕した。

 渡辺被告は結婚や養子縁組で、四つの名前を持っていたという。

 渡辺被告は、2001年3月、親戚女性の名をかたり、曲の名で入国。05年9月には、本名の侯月麗として日本人と結婚、09年に帰化して渡辺麗子となった。10年6月、中国籍男性と結婚するため曲の名で申請書を偽造。同市役所に虚偽の申し立てを行った疑い。

 渡辺被告は、今年3月、都内の郵便局で売却を目的に貯金口座を作ったとして逮捕され、徳島地検に曲の名で起訴(詐欺罪)されている。同事件で自宅を家宅捜索した際、渡辺名義のパスポートが発見され、今回の事件が発覚した。

 県警によると、渡辺被告は養子縁組をして「高添順一」の名も持ち、1998年に入国して以来、四つの名前を使い分けて生活していた。今後の公判は、本名の渡辺麗子の名前で行われるという。

 

« 合成麻薬4キロが漂着 神奈川の海岸2カ所(29日) | トップページ | 同僚のスピード違反見逃し罰金 京都府警の警部補ら2人(29日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52073877

この記事へのトラックバック一覧です: 四つの名前を持つ中国女…なぜか男の名も(29日):

« 合成麻薬4キロが漂着 神奈川の海岸2カ所(29日) | トップページ | 同僚のスピード違反見逃し罰金 京都府警の警部補ら2人(29日) »