« 女児から唾液収集 「つばくれおじさん」逮捕 200人分のテープや容器を押収(14日) | トップページ | 石材店主婦殺人、客の男を指名手配…現場に指紋(14日) »

2011年6月14日 (火)

初の全面可視化「検事が萎縮、追及できてない」(14日)

東京地検特捜部が初めて取り調べの全過程を録音・録画(可視化)した事件の容疑者が13日、起訴された。

 大阪地検特捜部の不祥事の再発防止策として、可視化の試行が始まってから約2か月。両地検の特捜部は、ほかに3事件計6人の取り調べで部分的な可視化を試行したが、検察内部では課題も浮上している。

 起訴されたのは、東京地検特捜部が5月24日に会社法の特別背任容疑で逮捕した不動産ファンド事業会社「セレアセットアドバイザーズ」の元役員・徳島政治容疑者(47)。起訴状では、不動産売買を巡って同社に5000万円の損害を与えたとしている。

 弁護人によると、24日の弁解録取から、起訴直前の取り調べまでの全過程で録音・録画が行われた。1日約1~4時間、計約50時間の取り調べの様子がDVD約30枚に収められたという。

 全面可視化は、日本弁護士連合会などが強く求めており、徳島容疑者の弁護人の中村勉弁護士も「(徳島容疑者は)自分の言い分を十分に主張できたと話している。違法な取り調べの抑止力になる」と高く評価する。

 一方、DVDを見た検察幹部らは「取り調べた検事が、誘導や脅迫と受け止められることを恐れて萎縮したためか、十分な追及ができていない」と話す。徳島容疑者は容疑を認めていたが、「否認事件では自白を引き出すのは難しい」との見方が強い。

 

« 女児から唾液収集 「つばくれおじさん」逮捕 200人分のテープや容器を押収(14日) | トップページ | 石材店主婦殺人、客の男を指名手配…現場に指紋(14日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51942853

この記事へのトラックバック一覧です: 初の全面可視化「検事が萎縮、追及できてない」(14日):

« 女児から唾液収集 「つばくれおじさん」逮捕 200人分のテープや容器を押収(14日) | トップページ | 石材店主婦殺人、客の男を指名手配…現場に指紋(14日) »