« 自殺者、13年連続で3万人超…政府白書(10日) | トップページ | 機関車模型10台やテレビで1千万円相当の盗難(10日) »

2011年6月10日 (金)

元巡査、配属直後に事故起こし母を身代わりに(10日)

京都府警五条署地域課の男性の元巡査(19)が在籍当時の4月に交通事故を起こし、母親(50)を身代わりにしたとして、府警が犯人隠避教唆容疑などで書類送検し、本部長訓戒にしたことがわかった。

 5月12日付で、元巡査は同日、依願退職。府警は母親も犯人隠避容疑で書類送検した。

 府警によると、元巡査は公休だった4月8日夜、京都府亀岡市内の府道で軽乗用車を運転中、対向してきた男性(44)運転のワゴン車と接触。直後に携帯電話で母親を呼び出し、身代わりを頼んだ疑い。男性は首に軽傷。

 元巡査は亀岡署員に「母が運転し、私は助手席にいた」と話したが、男性の説明と食い違っていたため、身代わり依頼が発覚。元巡査は警察学校を卒業して配属されたばかりだった。

 

« 自殺者、13年連続で3万人超…政府白書(10日) | トップページ | 機関車模型10台やテレビで1千万円相当の盗難(10日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元巡査、配属直後に事故起こし母を身代わりに(10日):

« 自殺者、13年連続で3万人超…政府白書(10日) | トップページ | 機関車模型10台やテレビで1千万円相当の盗難(10日) »