« 繁華街の貴金属店に車で突入し窃盗 大阪・ミナミ、2年前も同様被害(27日) | トップページ | 路上で男性死亡、ひき逃げで捜査(27日) »

2011年6月27日 (月)

茨城・整体師殺害 容疑者の女は元宝塚トップスターの付き人(27日)

茨城・ひたちなか市で、整体院を共同経営していた夫・沢田孝幸さん(享年37)を殺害した容疑で逮捕された沢田さつき容疑者(38)。整体院の常連だった准看護師・菊池明代容疑者(27)と共謀し、6月14日早朝に自宅マンションで孝幸さんを殺害したとみられている。

関連記事

記事本文の続き さつき容疑者は孝幸さんとは3度目の結婚だった。高校を卒業後、舞台女優を目指してダンスの専門学校に通ったが、ケガで断念。東京でいったん会社に就職した後、元宝塚のトップスター・日向薫(54)の付き人になった。

 劇場で裏方の仕事をしていた5才年下の男性と最初の結婚をしたのは、28才のころだった。しかし、すぐに夫の家庭内暴力が明らかになる。さつき容疑者の兄・A氏は当時のことをこう語る。

「妹が旦那の両親に相談してわかったんです。妹は自分の実家にはいわずに我慢していました。結局、お互いの将来のことを考えて離婚しようということになって…。結婚期間は1年ほどでした」(A氏)

 当時、住んでいた部屋の壁がぼこぼこにへこんでいたほどだったという。

 2度目の結婚相手は、離婚後に働いていた居酒屋で知り合った、店の常連客。ごく普通の会社員だった。

「結婚して専業主婦になったんですが、妹は、間もなくパートに出るようになりました。妹が仕事を頑張れば頑張るほど旦那のほうが働かなくなり、しばらくすると会社も辞めてしまった。それが原因で2年ほどで離婚しました」(A氏)

 その後、実家に戻ったさつき容疑者は、飲食店でアルバイトを始め、そこで知り合ったのが孝幸さんだった。32才で3度目の結婚をし、結婚生活は5年ほど続いた。A氏が知る限り、結婚生活は順風満帆だった。

「月に1、2度は夫婦で実家に顔を見せに来てくれました。帰ってくるたびに妹に“最近どう?”と聞くんですが、“元気だけが取り柄だから”といつも答えてました。夫婦仲が悪いとか、DVで悩んでいるなんてまったく思わなかったです」(A氏)

 今年の正月には、白いジャージー姿の孝幸さんと真っ白いコートのさつき容疑者が、仲睦まじく初詣に行く姿が、近所住民にも目撃されていた。

 しかし、またしても夫のDVに苦しんでおり、仲の良いのは“ふり”だったという。さつき容疑者は警察にこう供述している。

「夫にボコボコにされるので、従順なふりをしていた」

 菊池容疑者の“先生”として夫を殺させたさつき容疑者と、自分が知っている献身的な妹の姿がどうしても重ならないとA氏は話す。

「男に尽くしすぎる妹でしたがまさかこんなことをするなんて…。私が知っているさつきとは別人としか思えません。早く真実を話し、罪をつぐなってほしい」

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 繁華街の貴金属店に車で突入し窃盗 大阪・ミナミ、2年前も同様被害(27日) | トップページ | 路上で男性死亡、ひき逃げで捜査(27日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城・整体師殺害 容疑者の女は元宝塚トップスターの付き人(27日):

« 繁華街の貴金属店に車で突入し窃盗 大阪・ミナミ、2年前も同様被害(27日) | トップページ | 路上で男性死亡、ひき逃げで捜査(27日) »