« 豊橋の不動産会社、壁に銃弾撃ち込まれる(30日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年6月30日 (木)

千葉大女子学生殺害:被告に死刑判決…裁判員裁判で8例目(30日)

千葉県松戸市で09年10月、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21歳)を殺害したとして、強盗殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた住所不定、無職、竪山辰美被告(50)の裁判員裁判で、千葉地裁は30日、求刑通り死刑を言い渡した。裁判員裁判での死刑判決は8例目。波床昌則裁判長は「犯行態様は執ようで冷酷非情、結果も重大。更生の可能性は著しく低い」と述べた。

 竪山被告は公判で「包丁を取り返そうともみ合いになり、荻野さんに刺さった」と殺意を一貫して否認。弁護側は「一生をかけて償わせるのが相当」と死刑回避を求めていた。竪山被告は最終陳述で「死刑という極刑を望み、おわびしたい」と述べていた。【斎川瞳】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110630k0000e040071000c.html

 

« 豊橋の不動産会社、壁に銃弾撃ち込まれる(30日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉大女子学生殺害:被告に死刑判決…裁判員裁判で8例目(30日):

« 豊橋の不動産会社、壁に銃弾撃ち込まれる(30日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »