« 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月18日 »

2011年6月17日

2011年6月17日 (金)

栃木・小山市の住宅に刃物を持った2人組の男が押し入る 男女3人縛り通帳など奪い逃走(17日)

栃木・小山市の住宅に17日午前、刃物を持った2人組の男が押し入り、男女3人を縛って預金通帳などを奪い逃走した。
17日午前11時ごろ、小山市向野の会社経営・高橋良一さん(62)方に、黒色の目出し帽をかぶった2人組の男が刃物を持って押し入った。
2人は、室内にいた高橋さんの87歳の母親と、その後、帰宅した高橋さん夫婦の手足を粘着テープのようなもので縛り、目隠しをしたうえ、預金通帳や時計などを奪って逃走した。
この事件で、高橋さんの妻(66)がけられるなどして骨折し重傷を負ったほか、高橋さんもけがをした。
2人組は、いずれも20~25歳くらいで、白っぽい車に乗って逃走したということで、警察は強盗傷害事件として捜査している。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00201664.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自衛官を公然わいせつで逮捕 尿かける?(17日)

図書館で女性を前に下半身を露出し、尿とみられる液体をかけたとして、京都府警舞鶴署は17日、暴行と公然わいせつの容疑で海上自衛隊の護衛艦「みょうこう」所属の海士長、大塚成輝容疑者(22)=舞鶴市浜=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、17日午後3時35分ごろ、舞鶴市円満寺の市立西図書館で、しゃがみこんで本を選んでいた利用客の女性(55)に対し、下半身を露出した上、尿とみられる液体を女性の肩にかけたとしている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鷹匠がオオタカを密猟した疑い、自宅など捜索 愛知県警(17日)

国が「希少野生動植物種」に指定するオオタカを密猟した疑いが強まったとして、愛知県警は17日、伝統文化の「タカ狩り」を受け継ぐ鷹匠(たかじょう)として活動する岐阜県可児市の自営業の男(45)の自宅など6カ所を、種の保存法違反(捕獲)の疑いで家宅捜索した。県警は、オオタカが愛好家の間で譲渡されていた可能性があるとみている。

 ほかに捜索を受けたのは、男の知人で一緒にタカ狩りをするなどしていた愛知、岐阜両県に住む愛好家ら。県警は、同日午前に一斉に捜索を始めた。男の自宅は母屋のほかにログハウス風の鳥小屋があり、捜査員が調べている。

 種の保存法は、絶滅のおそれのある在来種の動植物を保護する目的で、学術研究や繁殖目的などをのぞき、捕獲や譲渡を禁じている。外来種の猛禽類(もうきんるい)であれば、希少動物の取引を禁じたワシントン条約などに違反しない限り、輸入されたものを購入して飼育することはできる。県警は今後、専門家に委託し、押収した猛禽類が在来種かどうかを鑑定する。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不倫相手と密会 葛飾警察署の課長を降格処分(17日)

勤務中に不倫関係にあった女性と密会するなどしたとして、警視庁は17日、葛飾署刑事組織犯罪対策課長の男性警察官(52)を戒告の懲戒処分とし、警部から警部補に降格の分限処分とした。これに伴い、警察官は課長職から外れた。同庁の警察官が降格処分となるのは昭和33年以来という。

 同庁によると、男性警察官は今年1月下旬、宿直勤務中の午後5時半ごろから約1時間にわたって外出し、飲食店で不倫していた女性と密会した。2月中旬には、署長に届け出ず、女性とホテルに無断外泊。1月から3月まで、20回にわたって無届けで自動車通勤もしていた。女性とは8年間、不倫関係にあったという。

 同庁警務部の桜沢健一参事官は「幹部職員に対する管理、指導をさらに徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

 また、警視庁は同日、電車内で眠っていた女性の財布から4千円を抜き取ったとして逮捕された第9機動隊の男性巡査長(27)を停職1カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日付で辞職した。巡査長は5月に起訴猶予処分となり、釈放されていた。

Msn_s1_11 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061718070016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察当局「大きな武器に」 ウイルス作成罪成立(17日)

 平成15年以降、4回目の法案提出で成立したウイルス作成罪。これまで苦肉の捜査を強いられてきた警察当局は「やっとという思い。サイバー犯罪摘発の大きな武器になる」と期待を寄せている。

 警察庁によると、20~22年に全国の警察が受理したウイルス被害に関する相談は757件。これに対し摘発は4件、15年以降でも13件にとどまっている。

 この多くはIDやパスワードなどを盗み出したケースで、不正アクセス防止法が適用された。しかし、パソコンのデータを流出させる「暴露型ウイルス」などは適用できる法律がなく、野放しの状態だった。

 このため、捜査当局はさまざま法律の適用を余儀なくされた。パソコン内のファイルを削除する「原田ウイルス」では、アニメ画像や知人の写真を勝手に使用したことをとらえ、著作権法と名誉毀損(きそん)罪を適用。写真などのデータをイカやタコの画像に置き換える「イカタコウイルス」は器物損壊罪で摘発した。

 一連の法改正では、差し押さえの対象が拡大されるなどしており、「捜査側の恣意(しい)的な運用につながる」といった懸念も示されているが、警察庁幹部は「あくまで悪意の作成者を摘発するのが目的」としている。

Msn_s1_10 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061722480026-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)

ひったくり

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201106061016000

大阪市旭区赤川の路上で、近くに住む飲食店員の女性(28)から「現金約148万円入りの手提げかばんがひったくられた」と110番があった。大阪府警旭署が窃盗事件として調べている。

 17日午前1時10分ごろ、ミニバイクに乗った男にひったくられたもので、現金は引っ越し費用だったという=産経新聞電子版

 ひったくり事件が発生した大阪-警察庁がまとめた今年1~5月のひったくりの認知件数は718件で全国で3位。1位(ワーストワン)は神奈川県の753件だった。2位が東京で736件、4位が愛知県で675件、5位が埼玉県の573件と続く。

 昨年、大阪と1位、2位を争った千葉県は496件でワースト5の圏外。前年同期の885件からなんと44㌫にあたる389件も減少させたおそるべき抑止力である。

 17日午前11時40分ごろ、東京都品川区大井の品川大井二郵便局で、女性職員(59)に、緑色のテープを巻き付けた小箱のようなものを見せ、「カネを出さないと、この爆弾を爆発させるぞ」と脅した上、ナイフのようなものをちらつかせ、現金200万円を奪って逃走する強盗事件が発生した。発想がちんけなので体感的に影響なし。
 首都東京の体感治安を「レベル2(ブルー)」に変化なし。
 家庭・家族に起因する事件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「カネ出さないと爆発させるぞ」郵便局の女性職員脅す 200万円奪い逃走(17日)

17日午前11時40分ごろ、東京都品川区大井の品川大井二郵便局で、客を装い入店した男が、窓口業務をしていた女性職員(59)に対し、緑色のテープを巻き付けた小箱のようなものを見せ、「カネを出さないと、この爆弾を爆発させるぞ」と脅した上、ナイフのようなものをちらつかせた。職員が現金200万円を差し出すと、男は奪って逃走した。警視庁大井署は強盗事件とみて捜査している。

 同署によると、男は50~60歳くらいで、身長約175センチ。白いマスクをして野球帽をかぶり、手に軍手のような手袋をはめていた。

 現場はJR大井駅から西に約500メートル。男は同駅方向に駆け足で逃げたという。

Msn_s1_9 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061714450014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「スーパーカブ」窃盗、余罪250件か(17日)

ホンダ製の原付バイク、「スーパーカブ」ばかりを狙い、およそ250件のバイク窃盗を繰り返したとみられる30歳の男ら2人が警視庁に逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは住所不定・無職の佐藤正人容疑者(30)ら2人で、今年3月、東京・荒川区の路上に停めてあったホンダ製の原付バイク、「スーパーカブ」1台を盗んだ疑いが持たれています。

 取り調べに対し、佐藤容疑者は「去年春ごろ、黒人の男から『スーパーカブを持ってくれば金になる』と言われた。他にも1000件くらいやった」と供述しているということです。

 警視庁は余罪は250件に及び、盗まれたバイクは海外に運ばれたとみて捜査しています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4753251.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校生の手荷物から機関銃の弾?沖縄修学旅行中(17日)

那覇空港(那覇市)の手荷物検査で、東京から修学旅行で沖縄を訪れていた男子高校生(17)の手荷物から、戦時中の機関銃の弾丸とみられる金属片6個が見つかったことがわかった。

 沖縄県警豊見城署が回収し、火薬や信管の有無などを調べている。同署が任意で事情を聞いたところ、生徒は「座間味島(沖縄県座間味村)で海水浴中に砂浜で拾った。記念に持ち帰ろうと思った」と話したという。

 那覇空港事務所によると、16日午後4時頃、搭乗前のエックス線検査で、生徒の手荷物から金属反応があった。金属片は長さ14センチ、直径2センチと、長さ8・5センチ、直径1・2センチが3個ずつあり、かなりさびた状態だったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

地震後釈放、コンビニ侵入で逮捕被告に実刑判決(17日)

東日本大震災の後、福島地検が福島県内の警察署で勾留していた容疑者を釈放した問題で、窃盗容疑について処分保留で釈放後に、再び建造物侵入容疑で現行犯逮捕され、窃盗などの罪に問われた福島市渡利、無職山口淳子被告(38)の判決が17日、福島簡裁であった。

 小野貞夫裁判官は「一度釈放された後に犯行に及んでおり、悪質と言わざるを得ない」として懲役1年6月(求刑・懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、山口被告は震災前の3月3日、福島市内のコンビニエンスストアで従業員の財布を盗み、釈放後の4月2日、同市内の別のコンビニに侵入し、事務室にあった店長のバッグを物色した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大津の主婦殺害、指名手配の容疑者を岐阜で逮捕(17日)

大津市坂本4丁目の石材店経営、松井玄有さん(60)の店舗兼住宅で妻の直美さん(54)が殺害された事件で、滋賀県警は17日、殺人容疑で全国に指名手配していた近くに住む無職佐々木靖雄容疑者(47)を、逃走先の岐阜市内で逮捕したと発表した。

 同県警によると、同日午前1時ごろ、同市内のJR岐阜駅北口付近にいる佐々木容疑者をパトロール中の岐阜県警岐阜中署員が職務質問したところ、「滋賀で人を殺した」と答えたため、同署に任意同行して逮捕。滋賀県警側に引き渡された。

 佐々木容疑者は今月10日夜、松井さん方の2階台所で、直美さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれている。13日朝に自宅からミニバイクに乗って出かけたまま行方がわからなくなり、14日に指名手配されていた。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男2人組、98万円奪う 川越のパチンコ景品交換所(17日)

16日午後11時ごろ、埼玉県川越市下赤坂の「パチンコマルチャン赤坂店」の敷地内にある景品交換所に男2人が押し入り、アルバイトの女性(63)に包丁のような刃物を突き付け「殺さないから金を出せ」と脅迫、金庫内の現金約98万円を奪って逃走した。

 川越署は強盗容疑で行方を追っている。

 川越署によると、女性が閉店したため帰宅しようと景品交換所を出た際、2人組が刃物を突き付けて室内に押し戻し、女性の荷物のそばにあった鍵を使って金庫を開けた。男らは30歳前後。いずれも中肉で身長約170センチだった。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061709510003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6億円事件 暴力団関係者ら3人を新たに逮捕 グループの中心人物? 事件前後、携帯で頻繁通話(17日)

東京都立川市の「日(にち)月(げつ)警備保障」立川営業所に2人組の男が押し入り、国内史上最高額の現金約6億円が奪われた事件で、警視庁立川署捜査本部は17日、強盗致傷などの疑いで、中古自動車販売会社役員、蓑田哲郎容疑者(46)=埼玉県吉川市平沼=ら男3人を新たに逮捕した。事件での逮捕者は5人となった。捜査本部は蓑田容疑者らが事件を計画、実行したグループの中心人物だったとみて捜査。他にも数人が関与したとみて、行方を追っている。

 他に逮捕されたのは、職業不詳、亀(かめ)治(じ)中(なか)博之容疑者(40)=東京都立川市砂川町=と無職、伊藤彩人容疑者(25)=横浜市保土ケ谷区法泉=の2人。蓑田容疑者は「意外だった」とだけ供述。伊藤容疑者は容疑を否認し、亀治中容疑者は黙秘している。

 捜査関係者によると、蓑田容疑者は指定暴力団住吉会系組の周辺者で、亀治中容疑者と伊藤容疑者は別の暴力団の組員を名乗っている。これまでに3人と日月警備保障との接点は確認されていない。

 事件をめぐっては、実行犯として、渡辺豊容疑者(41)と植木秀明容疑者(31)をすでに逮捕。捜査本部によると、蓑田容疑者と亀治中容疑者が事件前後、他人名義などの携帯電話を使い、渡辺容疑者と頻繁に連絡を取っていたことが判明。蓑田容疑者らが指示を送ったとみられる。

 また事件後、車で逃走した渡辺容疑者が、蓑田容疑者が役員を勤める埼玉県内の自動車販売会社周辺に現れていたことも判明。逃走車両は渡辺容疑者の所有車だったことが分かっているが、同社が仲介して販売した可能性があるという。

 捜査本部の調べでは、蓑田容疑者らは共謀して、先月12日午前3時ごろ、立川市柴崎町の営業所に侵入。仮眠中の男性社員(36)の両手首を粘着テープで縛り、目隠しして刃物で刺すなど重傷を負わせ、約6億円を奪い逃走した疑いが持たれている。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061710460005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

28歳女性の引っ越し費148万円ひったくり 大阪(17日)

17日午前1時10分ごろ、大阪市旭区赤川の路上で、近くに住む飲食店員の女性(28)から「現金約148万円入りの手提げかばんがひったくられた」と110番があった。大阪府警旭署が窃盗事件として調べている。

 同署によると、現金は引っ越し費用だった。女性は徒歩で通行中、横からきたミニバイクに乗った男にかばんを奪われた。けがはなかった。男は全身に黒っぽい服を着ていたという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061711290006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元妻に可燃性の液体かけ火つける 男女関係で口論 殺人未遂容疑で栃木の男逮捕(17日)

栃木県警小山署は16日、元妻に可燃性の液体をかけ火を付けて殺そうとしたとして、殺人未遂の疑いで、同県野木町佐川野、建築板金工、鈴木数馬容疑者(71)を現行犯逮捕した。「殺すつもりだった」と容疑を認めている。元妻は顔などをやけどし意識不明の重体。

 逮捕容疑は16日午後10時45分ごろ、自宅近くの知人宅の軒下で、元妻の無職、鈴木ミチヰさん(68)と男女関係をめぐって口論となり、可燃性の液体を浴びせて持っていたライターで上着に火を付け、殺そうとした疑い。

 同署によると、鈴木容疑者は空き缶に可燃性の液体を入れて自宅から持参。液体はガソリンのような臭いがした。家の中にいた知人が2人に気付き、110番した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/crm11061711350007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションで男性死亡、事件の可能性も(17日)

 15日、福岡市博多区のマンションの一室で男性が死亡しているのが見つかりましたが、首のあたりに傷のようなものがあったことがわかりました。警察は、男性が事件に巻き込まれた可能性が高いとみて詳しく調べています。

 この事件は、15日午後6時すぎ、福岡市博多区博多駅前のマンションの一室で、男性が浴室で血を流して死亡しているのが見つかったものです。

 警察が身元の確認を進めたところ、死亡していたのは、この部屋に1人で暮らす吉村富人さん(79)であることがわかりました。

 吉村さんの首のあたりに傷のようなものがついていたことがわかり、警察は、吉村さんが事件に巻き込まれた可能性もあるとみて詳しく調べています。

 吉村さんと連絡が取れなくなったことを心配した友人が合鍵で部屋に入り、亡くなっているのを発見したということで、死後数日が経っているとみられています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4753050.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大津女性殺害:容疑者情報提供を…滋賀県警がチラシ配布(17日)

大津市坂本4の石材店経営、松井玄有(げんゆう)さん(60)方で妻直美さん(54)が殺害された事件は17日で発生から1週間。滋賀県警は殺人容疑で指名手配した近くの無職、佐々木靖雄容疑者(47)の行方を追うとともに、情報提供を呼びかけている。

 県警は佐々木容疑者の特徴や写真を載せたチラシ約2000部を作成。宿泊施設などに配り、協力を求めている。佐々木容疑者は身長約175センチ、中肉、スキンヘッド。13日早朝に水色の原付きバイク(スズキLet’s4)で自宅を出た際は、灰色と赤の上着に黒ズボンを着用。黒と黄色のリュックサックを背負い、銀色ヘルメットをかぶっていた。

 この日は直美さんの葬儀が営まれ、近所の主婦(77)は「犯人が捕まらないのは物騒だ。夜は外に出歩かないよう近所で声をかけ合っている」と話していた。情報は大津署捜査本部(077・522・1234)へ。【石川勝義、村山豪】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110617k0000m040108000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルス作成罪:刑法に新設へ…サイバー犯罪に歯止め(17日)

コンピューターウイルスの作成罪を新設した刑法改正案と、捜査機関の電子データ差し押さえ手続きなどを定めた刑事訴訟法改正案が16日、参院法務委員会で可決された。共に17日の参院本会議で成立する見通しだ。捜査権限の拡大に懸念の声も残る一方、「サイバー犯罪」への歯止めになるとの期待も集まる。政府は、条件が整ったとして国際条約への加盟手続きを進め、世界的な捜査協力体制への参画を進める。【鮎川耕史、石川淳一】

 ◇改正刑法・刑訴法17日成立へ

 新設される「ウイルス作成罪」(不正指令電磁的記録作成罪)はコンピューターウイルスを「意図に沿った動作をさせず、不正な指令を与える電磁的記録」などと定義。研究など正当な理由が無いのに作成したり、ばらまいた場合は3年以下の懲役または50万円以下の罰金、所持・保管した場合は2年以下の懲役または30万円以下の罰金とする。

 ウイルスを使った犯罪は、短期間に増幅し拡散する。これまで捜査当局は「パソコンに意図的に侵入させた」「記録を破壊した」など各段階を立証し器物損壊罪を適用するなど苦心を重ねてきたが、作成をつかんだ段階で立件が可能になる。

 ネットワーク空間を舞台にしたサイバー犯罪は増加の一方だ。警察庁の摘発件数まとめでは、05年の3161件が10年には6933件と5年で倍以上に達した。日本は児童ポルノ発信国としての悪評も浴びてきた。今回の刑法改正では、わいせつな画像データを不特定多数に電子メールで送信する行為についても処罰対象に加えた。

 また、刑事訴訟法改正案は、捜査機関が電子データを証拠収集するための法的手続きを整備。(1)プロバイダー(接続業者)にデータ提出を命じて差し押さえる制度(2)記録が保管されたサーバーからのデータ複写を認める制度(3)プロバイダーに通信履歴の保管を最長60日間求める制度--などを新設する。

 これらの制度は、捜査当局が長年必要性を訴えてきた。組織犯罪の共謀段階での摘発を狙う「共謀罪」新設と共に03年以降3度、国会に提出されたが廃案となり、慎重論の根強い共謀罪を切り離し今国会に提出された。だが、問題点を指摘する声も残る。日本弁護士連合会国際刑事立法対策委員長の山下幸夫弁護士は「捜査側に認められる裁量がかなり広い。容疑の掛かる対象以外にも網を掛けて差し押さえの対象とする可能性があり、捜査を抑止するチェック体制も無い」と指摘。「運用上の基準を早期に示すべきだ」と話す。

 一方、慶応大法科大学院の安冨潔教授(刑事法)は「差し押さえは限定的に裁判所の許可を得て行われるもので、無限に捜査の幅が広がることは無い」と説明。「目に見えない電子データを目に見える形にして差し押さえるための改正。サイバー犯罪捜査に極めて有効だ」と位置付ける。

 ◇条約加盟推進…国際協力参画へ

 ウイルスを侵入させたり、データを盗み出すなどネット上の攻撃は今、米政府高官が「サイバー戦争」と表現するなど世界各国にとっての脅威だ。国家機関や巨大企業が狙われる事態も相次ぎ、ソニーも世界で約7700万人が利用するインターネット配信サービスが攻撃を受け個人情報が流出した。ネット上で「国境」の意味は薄く、捜査も国をまたいで必要なケースが少なくない。

 これらの事態に対応するための「サイバー犯罪条約」は04年発効。今年5月末現在、欧米各国を中心に31カ国が加盟する。日本政府も正式発効前の01年時点で条約に署名した。だが、加盟国には、違法アクセスやウイルス製造、児童ポルノ頒布を犯罪として定めることが求められており、正式加盟に至っていなかった。刑法改正案などの成立後、国は速やかに手続きに入る方針。加盟後は、捜査援助のために24時間対応可能な連絡部署を設置することが求められる。

 ◇「実害の発生に先手」…捜査関係者は期待

 「被ばくに対する防護対策について」。東日本大震災発生後、こんな題のメールが多数に送り付けられた。添付されている「福島原発」などのファイルを開くとウイルスに感染し、個人情報が盗まれる危険がある。

 セキュリティー大手・シマンテック社が昨年新たに発見したウイルスは2億8600万種。ウイルスによるパソコンの感染は計31億件に上った。利用者が拡大するスマートフォンを狙ったウイルスも目立ち始めている。トレンドマイクロ社は今年5月末までにスマートフォンを対象とした57種のウイルスを確認したという。

 警察当局は「ドライブバイダウンロード攻撃」と呼ばれる手口にも警戒を強めている。正常を装ったサイトを用意し、ウイルスをダウンロードさせる。画面上にファイルの実行を促す表示が無く、閲覧者は感染に気付かない。

 03年以降、ウイルスや「スパイウエア」と呼ばれるソフトなどが利用された事件は国内で計13件検挙されたが、作成自体は処罰の対象にならなかった。このため、他人のID・パスワードを無断利用する行為や、他人名義でネットショッピングをして商品をだまし取る行為など、現行法の適用が可能な被害を把握した上で検挙する手法がとられてきた。だが、その捜査の間にもウイルスが広がるという状況が、捜査員を悩ませてきた。

 警視庁が昨年8月に摘発したタコイカウイルス事件でも、捜査当局は複数の適用法令を検討した。音楽ファイルを装い、パソコン内のファイルをイカやタコのキャラクター画像に改変するウイルス。パソコンの文書作成機能が失われる点などに着目し、器物損壊容疑で27歳の男を逮捕したが、公判で被告側は「ハードディスクが物理的に損壊されたのではなく、ファイルが利用不能となったに過ぎない」と無罪主張している。

 「ウイルス作成罪は実害の発生に先手を打つ捜査に欠かせない武器になる」。ある捜査関係者は期待感をあらわにして語った。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110617k0000m040100000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童6人死亡事故、持病見逃しを県警本部長陳謝(17日)

 栃木県で4月、登校中の児童の列にクレーン車が突っ込み、児童6人が死亡した事故に関して、栃木県警の坪田真明本部長は16日、県議会一般質問で、3年前の別の事故の捜査で持病を見逃したとし、「捜査が不十分なものとなり、遺憾と受け止めている」と述べ、捜査の不備を陳謝した。

 坪田本部長は、運転していた柴田将人被告(26)(自動車運転過失致死罪で起訴)が3年前に起こし、その後てんかん発作が原因だったと判明した人身事故の捜査の経緯を説明。「当時、病院の照会など踏み込んだ捜査をしていれば、真の事故原因を究明できた可能性があるのも否定できない。ご遺族、県民に申し訳ない気持ちでいっぱいであります」と陳謝した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査中に衝突事故、通報せず相手に現金 大阪府警巡査長(17日)

 大阪府警の男性巡査長(33)が5月、捜査中にバイクの男性(21)をはねる事故を起こしながら警察に通報せず、男性に現金を渡していたことが府警への取材でわかった。府警は道路交通法違反(事故不申告)の疑いで巡査長の処分を検討している。

 府警によると、事故は5月19日午前0時50分ごろ、大阪府貝塚市麻生中(あそなか)の府道交差点で起きた。捜査3課に所属する巡査長は当時、窃盗事件の内偵捜査のため1人でレンタカーの乗用車を運転していた。

 巡査長はバイクと衝突した直後、ミラーで相手の男性が転倒したことを確認したが、停止せず、約240メートル先のコンビニエンスストアまで車を走らせ、店の駐車場でUターンして事故現場に戻った。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

六本木の「超高級」キャバクラ摘発(17日)

性的サービスの禁止地域で外国人女性らに半裸でダンスサービスなどをさせたとして、警視庁保安課は風営法違反(禁止地域営業)の疑いなどで、東京都大田区萩中、キャバクラ「ULTIMATE EXECUTIVE CLUB」(アルティメイト エグゼクティブ クラブ)の店長、中居信一容疑者(46)ら男5人を逮捕、入管難民法違反(資格外活動)の現行犯で、中野区のロシア国籍の女(28)を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同課によると、中居容疑者と女以外は容疑を否認しているという。

 中居容疑者の逮捕容疑は、性的サービスが禁止された港区六本木の同店で今月14日、個室内の男性客の前で、ロシア人とインドネシア人の女性従業員を上半身裸で踊らせたとしている。

 同課によると、同店にはロシアウクライナなど7カ国の女性15人が在籍する「多国籍キャバクラ」。1曲につき7500円を払うと目の前で外国人女性のダンスを鑑賞できる仕組みになっていた。同店は平成21年5月ごろ開店、約1500万円の売り上げがあったという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人の住基カード詐取容疑 少女ら2人逮捕 岐阜南署(17日)

岐阜南署は16日、他人の健康保険証を使って住民基本台帳カードをだまし取ったとして、詐欺などの疑いで岐阜市正木中4、パート従業員、九門弘美容疑者(38)と、同市宇佐、アルバイトの少女(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成19年10月ごろ、岐阜市役所南部東事務所に別の女性=当時(18)=の健康保険証を提示して女性の住基カードを交付申請し、だまし取ったとしている。

 九門容疑者は風俗店に女性を派遣する仕事をしていたといい、同署は当時15歳だった少女が女性に成り済まし、年齢を偽って風俗店で働くため、住基カードを詐取した可能性もあるとみて、女性と2容疑者の関係などを調べる。

 九門容疑者は容疑を否認、少女は認めているという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110616/crm11061623300039-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

結婚詐欺男を逮捕 偽名名乗り「腕時計送りあおう」 警視庁(17日)

うその結婚話を持ちかけて女性に高級腕時計を買わせてだまし取ったとして、警視庁大森署は詐欺の疑いで、住所不定、自称自動車ブローカー、高田憲一容疑者(43)を逮捕した。同署によると、高田容疑者は「(腕時計は)返すつもりだった。結婚する気もなかったわけではない」などと否認しているという。

 逮捕容疑は昨年3月上旬ごろ、東京都港区のホテルで、都内に住む無職女性(41)に「結婚しよう。お互いに贈る時計をプレゼントしあおう。君に送る分は後で返すから、君のカードで2個まとめて買って」などとうそを言って、腕時計2個を購入させ、そのうち1つ(約44万円相当)をだまし取ったとしている。

 結婚話がなかなか進まないことから、今年1月、女性が高田容疑者のために借りたマンションを訪れたところ、高田容疑者の姿がなかったため、同署に被害を届け出た。高田容疑者は女性に対し、「藤井光平」という偽名を名乗り、マンションの賃貸料のほか、自動車の修理代などとしてほかにも200万円以上だまし取っていた疑いがあるという。同署では、ほかにもだまされた女性がいるとみて調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110616/crm11061620290035-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生に裸の写真送らせ、自分の携帯電話に保存 千葉の建設作業員を逮捕 宮城・佐沼署(17日)

15歳の女子中学生の裸体を撮影させ、その画像を自身の携帯電話に保存したとして、宮城県佐沼署は16日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで千葉県山武市白幡、建設作業員、鈴木達也容疑者(26)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成22年6月上旬、都内の女子中学生に携帯電話のカメラで撮影した裸体の静止画像8枚を電子メールの添付ファイルで送らせ、自身の携帯電話に保存したとしている。

 同署によると、2人は22年春ごろ、出会い系サイトで知り合った。鈴木容疑者が撮影を依頼したが、金銭のやり取りはなかったという。同署が昨年、別の事件の関連先として、鈴木容疑者の自宅を家宅捜索したところ容疑が発覚した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110616/crm11061617070029-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月18日 »