« 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月13日 »

2011年6月12日

2011年6月12日 (日)

ホテル代払わず逃走 侵入容疑で高校生男女逮捕 兵庫(12日)

 兵庫県警宝塚署は12日、住居侵入の疑いで神戸市垂水区の定時制高校生の少年(17)と、兵庫県宝塚市の県立高校3年の少女(18)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は12日午後2時20分ごろ、宝塚市湯本町の民家の庭先に忍び込んだ疑い。

 宝塚署によると、2人は午後2時ごろに、民家から約200メートルのラブホテルの2階から料金を支払わず、飛び降り逃走。ホテルからの110番で駆け付けた警察官が民家にいた2人を見つけ逮捕した。

 ホテルには12日朝から入っていた。所持金はあったが、支払料金には足りなかったという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110612/crm11061218450006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体の女子大生、10日夜から連絡取れず (12日)

千葉県木更津市で私立大学に通う19歳の女性が遺体で見つかった事件で、女性は10日の夜に市川市内のアルバイト先を出て以降、連絡が取れていないことが関係者への取材で新たにわかりました。

 この事件は11日午後、千葉県木更津市で千葉商科大学2年生の菊池果奈さんが遺体で見つかったものです。

 菊池さんは遺体が発見される前日の10日の午後9時半に、市川市内にあるアルバイト先のファミリーレストランを出て以降、連絡が取れなくなっていることが関係者への取材で新たに分かりました。

 「(菊池さんは)とても明るく活発な子で、勤務態度もすごく良好でした」(菊池さんのアルバイト先)

 アルバイト先によりますと、菊池さんは11日も午後5時から勤務する予定でしたが、出勤しないのを不審に思った店長が菊池さんの携帯電話にかけたところ、留守番電話の状態だったということです。

 一方、警察へのその後の取材で、菊池さんは遺体で発見された時、頭に量販店の半透明のレジ袋がかぶせられていたことが新たに分かりました。警察は、菊池さんは死亡した後に現場に運ばれたとみていて、殺人を視野に捜査を進めています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4749013.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「恨まれる子じゃない」と同級生 千葉女子大生死体遺棄(12日)

岩手県出身で千葉県市川市国府台の私立大2年、菊池果奈さん(19)が同県木更津市の林道で遺体で見つかった事件。菊池さんの友人らは、事件にショックを隠しきれない様子だった。

 中学、高校の同級生の女性によると、菊池さんは岩手県北上市にある県立黒沢尻北高の卒業生。在学中は華道部に所属し、大人っぽい性格で友人も多かったという。

 女性は「人から恨まれるような子じゃないので信じられない」と驚いていた。

 菊池さんは11日午後3時10分ごろ、木更津市矢那の林道脇で、全裸で両手を縛られ、あおむけに倒れているところを通行人の男性に発見された。

 県警は12日に死体遺棄事件と断定し、木更津署に捜査本部を設置。殺人容疑も視野に交友関係でのトラブルの有無などを調べるとともに、13日に司法解剖をして菊池さんの死因の特定を進める。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110612/crm11061219130007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福井の海岸遺体遺棄、少年ら8人を逮捕(12日)

福井県南越前町の越前海岸で今年2月、30歳代男性の遺体が見つかった事件で、福井、岐阜両県警は12日、会社の同僚らが別の場所から遺体を運んで遺棄したとして、少年1人を含む8人を死体遺棄容疑で逮捕した。
両県警は、男性が勤めていた岐阜県内の会社寮など関係先を家宅捜索した。

男性は2月7日午後5時30分頃、福井県南越前町大谷の県道沿い海岸で、消波ブロックに挟まれた状態で見つかり、通行人が110番した。捜査関係者によると、死因は溺死で、司法解剖などで詳しく調べた結果、男性の体内から見つかった水の成分が、発見現場付近の海水と異なることが判明。県警は男性の身元を確認し、同僚らが浮上していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)

世界に冠たる日本警察

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201106120949000

東日本大震災から3ヶ月が過ぎた。警戒区域に指定された地域も5月から6月にかけて一時帰宅が許されて自宅に帰ったが、同時に窃盗被害が次々に明らかになった。

 6月4日行われた大熊町と浪江町の一時帰宅で、両町の住民5人から空き巣被害の申告があった。現金約80万円や商品券、着物の入ったタンスなどが盗まれていたという。

 さらに5月22日には田村市で、一時帰宅した住民から窃盗の被害とみられる訴えが2件寄せられた。

 今回は震災で大きな被害を受けた東北3県の1~5月の犯罪統計を調べてみた。警察庁によると刑法犯認知件数では岩手県が前年同期より240件少ない2339件。宮城県が同1047件も少ない8395件。福島県も同934件少ない6168件だった。

 凶悪犯の殺人事件では岩手県が5件で前年同期より2件増加した。これに対して宮城県は9件で-3件。福島県は6件で-1件。
 また窃盗事件では、住宅への侵入盗が岩手県は95件で前年同期に比べて9件の減少。宮城県が677件で49件の増加。福島県が551件で183件の増加だった。

 住宅以外の侵入盗は岩手県が139件で同34件の減。宮城県が551件で28件の減となったが、福島県は468件で逆に79件の増となっている。

 但し、震災後の3月11日以降の数字の集計は出されていないが、3県とも極端な数字でなく、被災地には全国警察からの応援部隊がパトロールを実施しており、その効果が出ているものと推測される。いずれにせよ、「略奪行為」などのない日本の治安に諸外国は驚いており、さすが世界に冠たる日本警察である。

 首都東京の体感治安を「レベル2(ブルー)」に引き上げる。
 家庭・家族に起因する事件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2-8674-4.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

越前海岸に遺体遺棄容疑、同僚らに逮捕状 福井(12日)

福井県の越前海岸で今年2月、成人男性の遺体が見つかり、福井県警などは、男性の同僚らが現場に遺体を遺棄した疑いが強まったとして12日までに死体遺棄の疑いで数人の逮捕状をとり、関係先を家宅捜索した。

 福井県警の調べで、男性の死因は水を飲んだことによる窒息死と判明したが、飲んだ水が現場の海水とは違う可能性が高いことがわかり、捜査していた。

 福井県警などによると、男性は岐阜県内から越前海岸まで運ばれて遺棄された可能性があるという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体は市川の女子大生と確認 犯人は現場に土地勘ある人物か 千葉・木更津女性遺体遺棄事件(12日)

千葉県木更津市の林道で全裸で両手を縛られた若い女性の変死体が見つかった事件で、県警は12日、女性が岩手県出身で千葉県市川市国府台の私立大2年、菊池果奈さん(19)と確認した。県警は同日、死体遺棄事件と断定し、木更津署に捜査本部を設置。殺人容疑も視野に交友関係でのトラブルの有無などを調べるとともに、13日に司法解剖をして菊池さんの死因の特定を進める。

 捜査本部によると、11日夕に菊池さんのアルバイト先から、欠勤を心配する電話が岩手県内の両親のもとにあった。さらに、同日深夜にテレビニュースで事件のことを知った両親が、菊池さんと連絡が取れない状態だったことから岩手県警に相談。父親が12日午前に木更津署を訪れ、遺体を菊池さんと確認した。

 遺棄現場は山林に囲まれた人通りのない場所。たどり着くには複数の分かれ道がある上、街灯もないうっそうとした場所なため、捜査本部は付近の土地勘がある人物が事件に関与している可能性もあるとみて捜査。周辺地域のコンビニエンスストアなどから防犯カメラ映像の提出を受け、映像の解析を進めている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6億円強奪1カ月 犯行グループ5人前後(12日)

東京都立川市の六億円強盗事件で、複数の指定暴力団の周辺関係者が犯行グループに加わっている可能性があることが、立川署捜査本部への取材で分かった。使われた携帯電話の通話履歴から、捜査のかく乱を狙ってメンバーがそれぞれ三台以上の携帯を使い分けていた形跡があることも判明。捜査本部は当初、十人以上が関与したとみていたが、現在は五人前後との見方を強めている。現金被害で国内最高額の強盗事件は十二日、発生から一カ月を迎えた。

 捜査本部によると、実行役の渡辺豊容疑者(41)=強盗傷害容疑などで逮捕=と植木秀明容疑者(31)=同=は、渡辺容疑者の家族名義の携帯電話を使い、十数台の携帯と頻繁に通話していた。これらの電話の発着信は、二人が事件現場から逃走して十分後の五月十二日午前三時半ごろ、一斉に途絶え、その後は一切使われていなかった。

 通話先の携帯電話はいずれも名義人が使用した形跡はなく、いくつかは同一名義で契約されていた。さらに名義人の交友関係から浮上した複数の人物に、別々の暴力団との関わりが認められた。

 発信地を調べたところ、犯行直前から犯行時間帯にかけて現場近くや茨城県内など特定エリアから、それぞれ三台以上が相次いで渡辺容疑者の携帯に発信しており、同一人物が三台以上を使い分けていた可能性が浮上した。

 犯行直後に現場近くで発信された携帯もあり、渡辺容疑者らが逃走後すぐに別のメンバーと接触した可能性があるという。

 捜査本部は、被害に遭った日月警備保障立川営業所の内部事情をよく知る者が犯行に関わったとみているが、渡辺、植木両容疑者とも同社への勤務歴はなく、これまでに立川営業所との接点は見つかっていない。

 奪われた約六億円の行方も、渡辺容疑者が出頭時に所持した約五百万円以外は不明のままだ。

 両容疑者はともに容疑を認めているが、捜査幹部は「まだ入り口にすぎない」と事件の全容解明を急いでいる。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011061202000042.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

40代男性近く聴取 大津女性殺害 県警、墓石注文トラブル?(12日)

滋賀県大津市坂本4丁目の石材業松井玄有さん(60)方で11日未明、妻の直美さん(54)が殺害されているのが見つかった事件で、滋賀県警捜査本部(大津署)は11日、市内に住む知人の40代の男性が、何らかの事情を知っているとみて、近く、聴取する方針を固めた。

 男性は京都新聞の取材に対し「3カ月ほど前、松井石材店に墓の注文をしたが、南向きに頼んでいたのに東向きに作られた。10日午前に文句を言いに行った」と話していた。県警は、男性が墓石の注文をめぐり、直美さんとトラブルになったとみて調べている。

 捜査関係者によると、10日午後11時ごろに帰宅した直美さんの三女(25)が「不審な男が、玄関にいるのを見た」と話しており、事情聴取する方針の男性の容姿と似ている、という。

 捜査本部によると、11日の司法解剖で、直美さんの死因は首圧迫による窒息死と判明。何者かが直美さんを押し倒し、正面から両手で絞めたとみられる。死亡推定時刻は、直美さんが三女の携帯電話にかけた10日午後9時ごろから、三女が帰宅した午後11時までの間とみられる。

 事件は11日午前0時40分ごろ、家族の110番で松井さん方に駆けつけた大津署員が、2階台所で直美さんがあおむけの状態で倒れ死亡しているのを発見した。室内を物色した跡は確認されておらず、玄関は施錠されていなかった。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110612000006

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡の女性 車で運ばれたか(12日)

11日、千葉県木更津市の林道で、若い女性が衣服を身に着けていない状態で死亡しているのが見つかりました。警察は殺人事件として女性の身元の確認を急ぐとともに、ほかの場所から車で運ばれた疑いがあるとみて調べています。

11日午後3時すぎ、木更津市矢那の林道で、10代後半から20代とみられる女性があおむけに倒れて死亡しているのが見つかりました。警察によりますと、女性は衣服を身に着けておらず、目立った外傷はなかったものの、両手を縛られたうえ頭に袋をかぶせられた状態で、死後24時間以内とみられるということです。また身長がおよそ1メートル67センチで、髪をポニーテールに束ねて黒い髪留めをつけていたということです。警察は身元の確認を急ぐとともに、殺人事件として詳しい死因などを調べています。これまでの調べによりますと、女性は、はだしでしたが、足の裏には土や砂などは付いていなかったということです。現場は山林に囲まれた人通りの少ない林道で、警察は女性がほかの場所から車で運ばれた疑いがあるとみて、不審な車や人物が目撃されていないか聞き込みをするなどして捜査を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110612/k10013469221000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性教諭、生徒ら2百人の名簿盗難…帰宅途中(12日)

 福島県須賀川市教委は11日、市立中学校の40歳代の女性教諭が、生徒と教職員計約200人の氏名、住所、電話連絡先などが記された名簿を紛失したと発表した。

被害の報告はないという。

 発表によると、教諭が6日夕、乗用車で帰宅途中に市内の実家に立ち寄った際、路上に止めた車が車上荒らしに遭い、名簿や財布の入ったバッグを盗まれた。実家にいたのは数分間で、車に鍵はかけず、エンジンをかけたままだったという。名簿は自宅保管用として配布され、持ち歩きは禁じられていたが、東日本大震災の発生後は生徒の安否確認などで使うことが多かったため、教諭の勤務校では携行が黙認されていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:多治見署管内で2件 カード回収型、220万円の被害 /岐阜(12日)

 多治見署は9日、管内で2件のカード回収型振り込め詐欺があったと発表した。被害額は計220万円。同一犯の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、今月3日午前10時20分ごろ、瑞浪市の無職女性(74)宅に「社会保険庁のモリ」と名乗る男から電話があり、「今年から年金3万2500円が受け取れる。手続きは県庁だが、多治見市内にナカイという職員がいるのでカードを渡し、暗証番号を教えて」と言われた。通話中に男が訪れたためカードを渡し暗証番号も教え、夕方になって金融機関に問い合わせて現金50万円が引き出されたことを知ったという。

 また、8日午前11時5分ごろ、土岐市のパート従業員の女性(60)宅にも電話があり、同じ手口で現金170万円が引き出されたという。【小林哲夫】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110610ddlk21040023000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福井男性遺体:遺体遺棄容疑で数人に逮捕状 関係先捜索へ(12日)

福井県南越前町大谷の越前海岸で今年2月に男性の遺体が見つかる事件があり、同僚ら数人が遺体を海に捨てていた疑いが強まったとして、福井県警などは死体遺棄容疑などで逮捕状を取った。

 12日朝から関係先を一斉に家宅捜索する方針で、容疑が固まれば逮捕する。

 県警によると、今年2月7日午後5時半ごろ、散歩中の人が、県道から4~5メートル下の消波ブロックの隙間(すきま)に遺体があるのを発見、通報した。【橘建吾】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110612k0000m040126000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「夜、外に出ることができない」 性暴力救援センター・大阪 開設1年相談1500件(12日)

性暴力の被害に遭った女性を産婦人科医やボランティアの支援員らが24時間態勢でサポートする全国初の専門機関「性暴力救援センター・大阪(SACHICO)」(大阪府松原市、阪南中央病院内)に、昨年4月の開設から1年間で約1500件の電話相談が寄せられ、来所者が延べ約400人に上ることが11日、分かった。被害を誰にも相談できずにいた女性が多いといい、支援員らは「自分を責めず、相談に来て少しでも不安を和らげてほしい」と呼びかけている。

 「男性の声が怖い」

 「男の人に襲われた時間帯になると体が震え出すんです」

 「夜、外に出ることができない」

 SACHICOには昼夜を問わず、女性の悲痛な叫びが届く。心身ともに深く傷つき、1人で悩みを抱え込む被害者からの電話を、支援員がただただ聞くことからサポートは始まる。

 阪南中央病院内にあるSACHICOの相談室。淡い色の壁紙にゆったり座れるソファを配し、やわらかい雰囲気を作り出している。ここに、女性の支援員が24時間常駐。女性の産婦人科医もいつでも駆けつけられるようになっている。

 見知らぬ男からの乱暴、夫からの性行為の強要-。被害はさまざまだが、支援員らが最も大切にしているのは、被害者の意思の尊重。体が傷ついていないかどうかの診察や専門家によるカウンセリングなどの対応策を用意しているが、実際に行うのは被害者の同意が得られたときに限っている。

 運営委員の高見陽子さん(58)は「『深夜に出歩くからだ』『酒を飲まなかったらよかった』など被害者を責める風潮は根強く、SOSを出せない女性もいる」と指摘。「被害は誰にでも起こりうる。相談者と一緒に取り組むことを心がけている」という。

 

続きを読む "「夜、外に出ることができない」 性暴力救援センター・大阪 開設1年相談1500件(12日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

三女が自宅で「見知らぬ男」、帰宅途中にも目撃 大津女性殺害事件(12日)

大津市の石材店経営、松井玄有(げんゆう)さん(60)の自宅兼店舗で妻の直美さん(54)が殺害されていた事件で、同居する直美さんの三女(25)が遺体発見の直前、自宅で「洗濯機を修理しに来た」という見知らぬ男を見たと話していることが11日、捜査関係者への取材でわかった。三女は、帰宅直前にも自宅付近で不審な男を目撃したと話しており、大津署捜査本部は関連を調べている。

 司法解剖の結果、直美さんの死因は首を強く圧迫したことによる窒息死で、死亡推定時刻は10日午後9時から同11時ごろ。直美さんの遺体に抵抗した際にできる傷がなかったことも判明、捜査本部は直美さんと顔見知りの犯行との見方を強めている。

 捜査関係者によると、三女は10日夜、帰宅する直前、自宅近くで不審な男を目撃。同日午後11時ごろに帰宅した際には室内に見知らぬ男がおり、男は「お母さんに頼まれて洗濯機を修理しに来た」などと話したという。通報を受けて大津署員が駆けつけた翌11日午前0時40分ごろには、男の姿はなかった。

 県警によると、直美さんは2階台所の床の上に倒れていたが、遺体を外から運んだり、動かしたりしたような跡はなく、台所付近で殺害されたとみられる。また、台所のいすが倒れるなど争ったような跡があったという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110612/crm11061201000000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ景品交換所に強盗 45万円奪われ店員けが 東京・葛飾区(12日)

11日午後8時40分ごろ、東京都葛飾区高砂のパチンコ景品交換所に男が押し入り、男性従業員(66)に刃物を突きつけ「金を出せ、殺すぞ」と脅迫。従業員ともみ合いになって転倒させ、現金約45万円を奪い逃走した。従業員は腕に軽傷を負った。警視庁葛飾署は強盗致傷事件として男の行方を追っている。

 同署によると、男は景品交換所の入り口を壊して侵入。音に気づいて確認に来た従業員と鉢合わせ、もみ合いとなった。現場から約100メートル離れた民家の入り口に果物ナイフが落ちており、同署で確認している。

 男は20~30歳で、身長160センチくらい、カーキ色の上着と紺色っぽいズボン姿だったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110612/crm11061201450002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

人気キャラクターデザイナーの家で妻と子が死亡(12日)

11日午後8時40分ごろ、千葉県茂原市茂原、キャラクターデザイナー、辻野芳輝さん(51)方の2階寝室で、妻の美佐さん(41)と、長男で小学3年の晃汰君(8)が倒れているのを帰宅した辻野さんが発見、119番通報した。救急隊員が駆けつけたが、2人はすでに死亡していた。

関連記事

記事本文の続き 県警茂原署によると、美佐さんは寝室入り口に、晃汰君はベッドの上に倒れていたといい、2人に目立った外傷はなかった。遺書などは見つかっていないが、室内にはガスのような臭気が漂っていたことから、同署は美佐さんが無理心中を図ったとみて死因などを調べている。

 発見時に異臭をかいだ芳輝さんも気分が悪くなり病院に運ばれたが、異常はなかった。

 同署によると、美佐さんは精神的な理由で体調を崩し、通院していたという。辻野さんは著名なゲームやアニメのキャラクターデザイナーとして活躍していた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月13日 »