« 死体遺棄容疑:栃木で男女2人が自首、逮捕(2日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年5月 2日 (月)

米海軍特殊部隊が頭部を撃つ 息子1人も殺害か(2日)

米メディアによると、ウサマ・ビンラーディン容疑者は、米海軍特殊部隊SEALS(シールズ)隊員に、頭部を撃たれ殺害された。

 またロイター通信が政府高官の発言として報じたところによると、同容疑者の息子1人も殺害されたという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/world/news/110502/amr11050213580009-n1.htm

警察庁、対策室を設置 政府関連施設の警備強化指示

2011.5.2 15:44

 国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者殺害で、報復テロなどに備えるため、警察庁は2日、庁内に警備対策室を設置した。また、警視庁や各道府県警本部に対し、米国大使館や関係国の施設、日本政府関連施設などの警備を強化するよう指示した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110502/crm11050215460019-n1.htm

 

“殉教”テロ拡散の懸念 専門家「米への反発、止まらぬ」

2001年9月11日の米中枢同時テロから今年で10年。世界が捜し続けた首謀者について、米当局は2日(日本時間)、殺害したと発表した。国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者。専門家の間では、国際テロの象徴的存在の死で「テロ根絶」への期待感が広がる一方、イスラム社会にぬぐいがたい反米感情が残る中、報復目的など「脅威は依然くすぶっている」と懸念する声も上がる。

 「すごいニュースだ。9・11のシンボル的な存在だっただけに、一つの転換期になる」と、中東情勢に詳しい静岡県立大の宮田律(おさむ)准教授(中東政治)。桜美林大の五十嵐武士教授(比較政治)は「アフガンへの政策がうまくいっていなかった時期だけに、オバマ政権にとって大きなポイントとなるのではないか」と分析する。

 ただ、最近のビンラーディン容疑者については「ここしばらくは目立った活動をしていたわけではない」(宮田准教授)との見方が支配的だ。外務省所管の財団法人・中東調査会の高岡豊研究員は「イスラム過激派の中で依然、絶大な権威を保持しているものの、ここ数年は効果的なテロの実行や作戦の立案を行っておらず、世界各国で起きた事件を事後的に承認している」と話す。

日本女子大文学部の臼杵陽教授(現代中東政治)も「近年は病気説もあったほか、右腕とされるアイマン・ザワヒリ容疑者がテロを指揮しているといわれている」としており、死亡が直接的な意味合いを持つとは考えにくいとみている。

 一方、ビンラーディン容疑者殺害を受けた報復行為やテロの可能性については「死がそのままテロの終息とはならない」(臼杵教授)という意見が大勢だ。高岡研究員は「今後1、2年はビンラーディン容疑者を慕う有象無象の組織が、ランダムにテロを起こす可能性があり、テロの拡散が懸念される」と分析する。

 松原正毅・国立民族学博物館名誉教授(民俗学)は「今後、ビンラーディン容疑者を『殉教者』としてまつりあげる動きが出てくると思われ、その動きが心配だ」と指摘。「米国に対する反発から、各国でアルカーイダを支援しようという動きも生まれている。ビンラーディン容疑者一人を殺害しても、流れは止まらない」と話す。

 宮田准教授も「反米や欧州というアルカーイダのイデオロギーは、世界中に広がった」と同調。「テロが起きる可能性はある。ただ、イスラムだからというよりは、部族意識からの復讐(ふくしゅう)心によって引き起こされるものかもしれない」とみている。http://sankei.jp.msn.com/life/news/110502/edc11050214410001-n2.htm

 

« 死体遺棄容疑:栃木で男女2人が自首、逮捕(2日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米海軍特殊部隊が頭部を撃つ 息子1人も殺害か(2日):

« 死体遺棄容疑:栃木で男女2人が自首、逮捕(2日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »