« 「どんどんたまり嫌に」未配4300通が郵便局員宅に(18日) | トップページ | 未公開株や外国通貨の詐欺被害で告発状提出 弁護士34人が警視庁に(18日) »

2011年5月18日 (水)

無罪主張62歳に無期 状況証拠の信用性争点(18日)

京都府舞鶴市で平成20年5月、府立高校1年の小杉美穂さん=当時(15)=が殺害された事件で、殺人と強制わいせつ致死罪に問われ死刑が求刑された無職、中勝美被告(62)の判決公判が18日、京都地裁であり、笹野明義裁判長は無期懲役を言い渡した。

 直接証拠がなく、公判では、被告の犯人性をめぐって、状況証拠の信用性が争われた。検察側は、目撃証言や事件現場近くの防犯カメラ画像のほか、現場近くで見つかった小杉さんの遺留品について中被告が捜査段階で特徴を詳細に供述したことを元に被告の有罪を主張。最高裁が昭和58年に示した死刑選択基準「永山基準」の判例をあげ「欲望を満たすために暴行して殺した犯行をみると、その残虐性などは基準を満たしている」と死刑を求刑した。一方、弁護側は「検察側の立証は不十分で、中被告を犯人とする合理的な説明が可能な事実関係がない」などと無罪を主張していた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110518/trl11051815060004-n1.htm

 

« 「どんどんたまり嫌に」未配4300通が郵便局員宅に(18日) | トップページ | 未公開株や外国通貨の詐欺被害で告発状提出 弁護士34人が警視庁に(18日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無罪主張62歳に無期 状況証拠の信用性争点(18日):

« 「どんどんたまり嫌に」未配4300通が郵便局員宅に(18日) | トップページ | 未公開株や外国通貨の詐欺被害で告発状提出 弁護士34人が警視庁に(18日) »