« 徳島県警おすすめ、運転前の「阿波踊り体操」(20日) | トップページ | 国民生活センター:放射能便乗商法1400件 手口も多様(20日) »

2011年5月20日 (金)

大相撲の無料入場券、3千円で転売の疑い(20日)

大相撲の技量審査場所の無料入場券を転売したとして、警視庁は19日、埼玉県三郷市、無職杉村正容疑者(45)を東京都迷惑防止条例違反(常習ダフ屋行為)の疑いで逮捕した。

 発表によると、杉村容疑者は同場所9日目の5月16日午後0時30分頃、墨田区横網の両国国技館前の路上で、この日の入場券1枚を茨城県内の男性に3000円で売った疑い。

 杉村容疑者は容疑を認めており、「これまでに約70枚を売り、約20万円をもうけた。入場券は金券ショップや国技館前で人に声をかけて買った」などと供述しているという。

 技量審査場所は入場無料で、入場券は事前抽選で発券されたほか、当日券も毎日1000枚、先着順で配られているが、日本相撲協会によると、30分~1時間程度でなくなり、インターネットのオークションサイトにも出回っていた。

 

« 徳島県警おすすめ、運転前の「阿波踊り体操」(20日) | トップページ | 国民生活センター:放射能便乗商法1400件 手口も多様(20日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51717982

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲の無料入場券、3千円で転売の疑い(20日):

« 徳島県警おすすめ、運転前の「阿波踊り体操」(20日) | トップページ | 国民生活センター:放射能便乗商法1400件 手口も多様(20日) »