« 女性会社員、見知らぬ男に切りつけられケガ(30日) | トップページ | 「強盗や、警察呼べや」…刑務所志願の男(30日) »

2011年5月30日 (月)

乗務員、火災対応せず JR北脱線、煙突の煙と勘違いか(30日)

北海道占冠(しむかっぷ)村のJR石勝線で起きた脱線事故で、特急列車の車掌らと札幌市の輸送指令との交信内容が29日、JR北海道の内部資料で分かった。乗務員はトンネル内で緊急停止した4分後に床下からの煙に気づいたが、出火を確認できず、火災の対応をとらなかったため、乗客の避難が遅れたとみられる。

 国の運輸安全委員会は同日、推進軸が脱落した3号車、脱線した2号車を中心に調べたほか、車掌や運転士から事情を聴いた。

 交信記録によると、「スーパーおおぞら14号」がトンネルで緊急停止した4分後の27日午後10時、車掌が「1~3号車の方の床下から煙が入ってきている」と指令に報告。同7分には、車掌が「前(先頭車両)から降りて避難した方が良い」と伝えた。だが、車掌も指令も一貫して煙は火災が原因だという認識はなく、指令は「煙が入ってくるのでドアを開けるのを待つように」と指示した。

 同社幹部は、車掌らはディーゼル車の煙突からの煙と勘違いした可能性があるとみている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 女性会社員、見知らぬ男に切りつけられケガ(30日) | トップページ | 「強盗や、警察呼べや」…刑務所志願の男(30日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51806728

この記事へのトラックバック一覧です: 乗務員、火災対応せず JR北脱線、煙突の煙と勘違いか(30日):

« 女性会社員、見知らぬ男に切りつけられケガ(30日) | トップページ | 「強盗や、警察呼べや」…刑務所志願の男(30日) »