« カニカニ詐欺「義援金のつもりで」 (31日) | トップページ | サッカーボールに腹立て隣人暴行 意識不明の重体(31日) »

2011年5月31日 (火)

特急 火災確認できず車内待機指示(31日)

北海道のJR石勝線で、特急列車が脱線してトンネル内で火災を起こした事故で、車内に煙が充満したため、車掌が運転指令に避難の必要性を伝えたものの、火災の発生が確認できず、運転指令が、車内で待機するよう指示していたことが分かりました。

27日の夜、北海道占冠村のJR石勝線で、釧路発札幌行きの特急「スーパーおおぞら14号」が脱線してトンネル内で火災を起こし、乗客ら39人がやけどなどをして病院に運ばれました。JR北海道は、特急列車の運転士や車掌と札幌市内の施設で列車の運行を管理していた運転指令が、当時どのようなやり取りをしたのか文書にまとめました。それによりますと、列車の停止からおよそ10分後、車掌が後ろから3両目の車内で煙がひどくなっていることを運転指令に伝え、その2分後の午後10時7分に避難したほうがよいと報告しました。しかし、火災の発生が確認できなかったことから、運転指令は、ドアを開けると外から煙が入ってくるとして車内で待つよう指示したということです。その後もJR側は火災を確認できず、運転指令が車掌に避難を指示しない状態が続きました。しかし、事故からおよそ30分後の午後10時半ごろ、危険を感じた乗客が独自の判断でドアを開け、避難を始めたということです。国の運輸安全委員会は、こうした当時の対応についても調査しているほか、警察は、業務上過失傷害の疑いで、31日にもJR北海道の本社などを捜索する方針です。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110531/k10013216941000.html

 

« カニカニ詐欺「義援金のつもりで」 (31日) | トップページ | サッカーボールに腹立て隣人暴行 意識不明の重体(31日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51814741

この記事へのトラックバック一覧です: 特急 火災確認できず車内待機指示(31日):

« カニカニ詐欺「義援金のつもりで」 (31日) | トップページ | サッカーボールに腹立て隣人暴行 意識不明の重体(31日) »