« 住宅に高齢男女の遺体 鹿児島・指宿(3日) | トップページ | 甲府の山林で女性の変死体、殺人事件として捜査(3日) »

2011年5月 3日 (火)

朝日新聞阪神支局襲撃から24年、拝礼所で市民ら追悼(3日)

Osk2011050300251

記者2人が散弾銃を持った男に殺傷された1987年5月の朝日新聞阪神支局襲撃事件が3日、24年を迎えた。兵庫県西宮市の支局1階に設けられた拝礼所には市民らが次々と訪れ、事件で亡くなった小尻知博記者(当時29)の遺影に手を合わせた。

 遺品や事件の資料などがある支局3階資料室では、言論をめぐる様々な出来事を振り返る展示「『みる・きく・はなす』はいま」展が開かれた。事件が起きた午後8時15分には、朝日新聞の関係者らが支局内で黙祷(もくとう)を捧げる。

 午後からは、神戸市中央区の神戸朝日ホールで「第24回言論の自由を考える5・3集会」(朝日新聞労働組合主催)が始まった。パネリストらが最近の言論や報道をめぐる状況について意見を交わす。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 住宅に高齢男女の遺体 鹿児島・指宿(3日) | トップページ | 甲府の山林で女性の変死体、殺人事件として捜査(3日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51567366

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞阪神支局襲撃から24年、拝礼所で市民ら追悼(3日):

« 住宅に高齢男女の遺体 鹿児島・指宿(3日) | トップページ | 甲府の山林で女性の変死体、殺人事件として捜査(3日) »