« 暴力行為処罰法違反:野田市課長を釈放 会社員脅迫容疑(12日) | トップページ | なお暗躍する北スパイ わざわざ成田でバイト 貿易ルートで情報送信?(12日) »

2011年5月12日 (木)

不正輸入逮捕の男 北の工作活動関与か 在日米軍資料収集(12日)

大阪市生野区の在日朝鮮人の男の自宅から、「軍事機密」と記された在日米軍の郵便物の写真入り資料などが押収されていたことが11日、警察当局への取材で分かった。兵庫県警は同日、北朝鮮から衣料品を不正輸入した外為法違反容疑で男ら5人を逮捕。別の場所からは男が北朝鮮の秘密警察幹部と一緒に撮影した写真も見つかっており、警察当局は男らが国内でスパイ活動を行っていた可能性があるとみて慎重に捜査を続けている。

 捜査関係者によると、男は貿易会社元代表の金成鳳容疑者(47)。逮捕容疑は名古屋市内の繊維商社社員らと共謀し、平成21年4月、北朝鮮から衣料品を不正輸入したとしている。

 問題の資料は昨年10月、金容疑者が当時住んでいた千葉県内の自宅を捜索した際、袋にまとめて入れられている状態で見つかった。

 資料は数点あり、いずれもA4サイズの文書。「米軍軍事郵便」と書かれた封筒を撮影した写真などが印刷されており、封筒には「軍事機密書類」「軍事重要書類」を示す記号も記されていた。郵便物そのものは見つかっていないという。

 

 

金容疑者は当時、成田空港で国際航空貨物の仕分けや積み降ろしをする会社でアルバイトをしており、仕事の最中に盗み出したり撮影したりした可能性があるとみられる。袋には会社の社員名簿も入っていた。

 一方、共犯として同容疑で逮捕された金容疑者の義父で大阪市平野区の外食チェーン運営会社の実質オーナー、梁大由容疑者(65)の自宅からは、「厳光哲(オムグァンチョル)」と呼ばれる北朝鮮国家安全保衛部幹部と金、梁両容疑者が一緒に写った写真も押収された。

 梁容疑者は昭和59年、北朝鮮への漁船不正輸出事件で逮捕されており、当時の捜査では、大阪市内に朝鮮関係の図書室を開設し、祖国統一のため韓国で活動できる若者を選び、北朝鮮に報告する工作活動を行っていたことが判明していたという。

 こうした状況から、警察当局は金容疑者がスパイ目的で在日米軍の資料を収集していたと判断。押収された資料と同じものや郵便物が第三者を通じて北朝鮮に送られた可能性についても慎重に捜査を進めている。

 金容疑者は昨年12月、日用品を北朝鮮に不正輸出したとして外為法違反容疑で兵庫県警に逮捕されたが、処分保留で釈放。県警はその後も捜査を続けていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110512/crm11051202000000-n2.htm

 

« 暴力行為処罰法違反:野田市課長を釈放 会社員脅迫容疑(12日) | トップページ | なお暗躍する北スパイ わざわざ成田でバイト 貿易ルートで情報送信?(12日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51647994

この記事へのトラックバック一覧です: 不正輸入逮捕の男 北の工作活動関与か 在日米軍資料収集(12日):

« 暴力行為処罰法違反:野田市課長を釈放 会社員脅迫容疑(12日) | トップページ | なお暗躍する北スパイ わざわざ成田でバイト 貿易ルートで情報送信?(12日) »