« 68歳男性、頭や胸など数十か所刺され死亡(8日) | トップページ | フーズ社社長らを聴取 ユッケ集団食中毒か(9日) »

2011年5月 8日 (日)

北のサイバー攻撃活発化 軍事・政治両面で韓国狙う(8日)

 【ソウル=加藤達也】北朝鮮が、韓国の金融コンピューターネットワークを狙ったハッキングや衛星利用測位システム(GPS)への妨害など、サイバー・電子攻撃を活発化させている。北朝鮮は、軍事面での韓国側の弱点を把握すると同時に、政治的には、対北強硬派と対話派で分かれる韓国世論を分断させる狙いがあるとみられる。

関連記事

記事本文の続き 韓国では4月中旬、農協の電算処理ネットワークシステムがダウンした。検察によると、約300台のサーバーが機能停止し、ATM現金自動預払機)での現金取り扱いができなくなったほか、送金などの支払いが滞り、信用不安が広がって大混乱が起きた。

 捜査の結果、検察は北朝鮮のサイバー部隊がばらまいたハッキング攻撃用のウイルスが、農協のシステムを管理していた韓国IBMの社員のパソコンに侵入したためと断定した。

 韓国では経済損失を被った利用者が農協の責任を追及する動きを見せ、農協側も韓国IBMの管理不備を問題視し、法的措置を検討するなどの二次的、三次的な混乱が広がっている。

 3月には在韓米軍韓国国防省を含む政府機関などのウェブサイトがハッキングされた。韓国警察は北朝鮮の工作機関、偵察総局が中国に設置した拠点から発信したと断定。さらに、経路分析などから2009年7月に米韓の政府機関が狙われた同時サイバー攻撃事件も北朝鮮によるものと突き止めた。

 3月のサイバー攻撃とほぼ同時期、ソウルなど首都圏でカーナビゲーションや精密誘導兵器などに利用されるGPSシステムを狙った電子攻撃が発生。発信地点や信号分析から北朝鮮の攻撃と判明した。

 米韓合同演習(キー・リゾルブ)の期間中でもあり、北朝鮮側には「有事の際のサイバー・電子攻撃の有用性を踏まえ、専門部隊の練度を向上させ、韓国側の対応と反撃までの速度をみるなどの目的がある」(消息筋)ようだ。

 サイバー・電子攻撃は軍事的には軍事作戦の一環で、「明確な挑発行為」(軍関係者)。韓国では北朝鮮への反発も強い。南北対話ムードを醸成したい政官財界の一定勢力との間で溝がさらに深まりつつある。北朝鮮の砲弾を使わない“見えない挑発”には砲撃で反撃もできず、韓国側は今後も対応に苦慮しそうだ。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 68歳男性、頭や胸など数十か所刺され死亡(8日) | トップページ | フーズ社社長らを聴取 ユッケ集団食中毒か(9日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51619308

この記事へのトラックバック一覧です: 北のサイバー攻撃活発化 軍事・政治両面で韓国狙う(8日):

« 68歳男性、頭や胸など数十か所刺され死亡(8日) | トップページ | フーズ社社長らを聴取 ユッケ集団食中毒か(9日) »