« 市民の暴言で窓口職員PTSD、公務災害認定(6日) | トップページ | 自殺未遂:拳銃で頭撃ち男性巡査重体 岐阜・高山(7日) »

2011年5月 7日 (土)

ビンラディン容疑者殺害:「聖戦続ける」 アルカイダ声明(7日)

【カイロ斎藤義彦】国際テロ組織「アルカイダ」は6日、創設者ウサマ・ビンラディン容疑者の死亡を確認する声明を出した。その中で「聖戦を確固として続ける」と断言。同容疑者の死は「米国とその使い」を追い回す「のろいとなる」と、欧米諸国への新たな戦いを呼びかけた。また、米軍が同容疑者を殺害する舞台になったパキスタンのイスラム教徒に対しては、蜂起して「汚名をそそぐ」よう求めた。

 声明はアルカイダが運営する「聖戦」を呼びかけるウェブサイトに掲載された。

 同サイトのミラー(複製)サイトによると、声明は同容疑者が「米国によって戦場で英雄として殺され」「殉教」したと認めたうえ、米国などの「血が涙に交じるだろう」と報復を予告。パキスタンのイスラム教徒には「腐敗を持ち込んだ米国による汚れを浄化する」ため立ち上がってパキスタン政府などと戦うよう呼びかけた。

 ロイター通信によると、声明には、同容疑者が中東の民衆革命への共感を語るビデオテープが近日中に公開されると記されている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/world/news/20110507k0000m030129000c.html

 

« 市民の暴言で窓口職員PTSD、公務災害認定(6日) | トップページ | 自殺未遂:拳銃で頭撃ち男性巡査重体 岐阜・高山(7日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビンラディン容疑者殺害:「聖戦続ける」 アルカイダ声明(7日):

« 市民の暴言で窓口職員PTSD、公務災害認定(6日) | トップページ | 自殺未遂:拳銃で頭撃ち男性巡査重体 岐阜・高山(7日) »