« 家に押しかけ貴金属を強引買い取り…相談増える(11日) | トップページ | 東京・葛飾区の住宅で火事、連続放火か(11日) »

2011年5月11日 (水)

PCウイルス:震災情報装い 外部から操作の恐れ(11日)

東日本大震災の関連情報を装ったウイルスメールが出回っている。添付ファイルを開くとコンピューターウイルスに感染し、外部からパソコンを操作される恐れがあるという。

 セキュリティーソフト大手のトレンドマイクロ社(本社・東京都渋谷区)によると、震災が発生した3月11日から4月末までに、震災に乗じたウイルスメールに関する問い合わせが延べ58件寄せられた。メールは会社内の業務連絡を装ったものが多く、送信元や署名が偽装されている。

 添付ファイルのタイトルを情報別に分類すると、「原発、放射線関連」の割合が24%と最も多く、「政治関連」が9%、「計画停電」と「地震」がそれぞれ7%と続く。関心が高いトピックで感染拡大を狙っているとみられる。同社は「ウイルス対策ソフトの使用や更新を心掛けてほしい」と注意を呼びかけている。【比嘉洋】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20110511k0000e040027000c.html

 

« 家に押しかけ貴金属を強引買い取り…相談増える(11日) | トップページ | 東京・葛飾区の住宅で火事、連続放火か(11日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51641166

この記事へのトラックバック一覧です: PCウイルス:震災情報装い 外部から操作の恐れ(11日):

« 家に押しかけ貴金属を強引買い取り…相談増える(11日) | トップページ | 東京・葛飾区の住宅で火事、連続放火か(11日) »