« 亀屋万年堂の会長が首つり自殺か(1日) | トップページ | 「当て逃げされた」と届け出、調べたらひき逃げ(1日) »

2011年5月 1日 (日)

自称組員が重傷、銃撃か 徳島県警が捜査(1日)

1日午前0時20分ごろ、徳島県警鳴門署に「男性が拳銃で撃たれたようだ」と鳴門市内の病院から連絡があった。鳴門署によると、男性は「福岡県筑後市、山口組系組員、中野敏明(40)」と名乗っており、同署が身元を確認中。意識があり、命に別条はない。

 同署によると、左太ももに銃で撃たれたような傷痕があり重傷。病院や本人の話から、本州四国連絡道路の鳴門インターチェンジ料金所(鳴門市)付近で、何者かが男性に向けて発砲し、逃走したとみて詳しい状況を調べている。男性は「車の外にいたところを撃たれた」と話している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110501/crm11050108270002-n1.htm

Msn_s1_6

 

« 亀屋万年堂の会長が首つり自殺か(1日) | トップページ | 「当て逃げされた」と届け出、調べたらひき逃げ(1日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自称組員が重傷、銃撃か 徳島県警が捜査(1日):

« 亀屋万年堂の会長が首つり自殺か(1日) | トップページ | 「当て逃げされた」と届け出、調べたらひき逃げ(1日) »