« 2011年5月18日 | トップページ | 2011年5月20日 »

2011年5月19日

2011年5月19日 (木)

当時15歳の少女に売春させていた疑い 松葉会系暴力団組員の29歳男逮捕(19日)

当時15歳の少女に売春をさせていた疑いで、松葉会系の暴力団組員が警視庁に逮捕された。男は、少女から客1人につき、5,000円を受け取っていた。
売春防止法違反などの疑いで逮捕された松葉会系暴力団組員・佐瀬裕昭容疑者(29)は2010年12月、東京・葛飾区のホテルで、当時15歳だった少女に、43歳の男と2万円で売春をさせた疑いが持たれている。
佐瀬容疑者は「若くてかわいい子を採用していた。これまでに、およそ30人の少女などに売春させて、600万円くらいの稼ぎがあった」と供述しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00199718.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

避難所から自宅に誘い家賃要求、拒否され暴力(19日)

宮城県警暴力団対策課などは19日、いずれも同県名取市那智が丘、山口組系暴力団幹部で無職大村代寿(45)と元妻で無職大村美奈子(38)の両容疑者を傷害容疑で逮捕した。

 発表では、両容疑者は3月29日から30日にかけ、自宅リビングで仙台市宮城野区の主婦女性(39)の顔を殴るなどして軽傷を負わせた疑い。

 両容疑者は津波で自宅が流され、避難所生活を送っていた女性や家族を自宅に誘い、移り住むと「家賃代」などと称して現金を要求。

 女性は1度、現金約5万円を支払ったが、再度金銭を要求され、女性の夫が「避難所に戻る」と拒否したところ、女性に暴力が加えられたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢の疑いで逮捕された地検副検事、起訴猶予に(19日)

東京地検は19日、電車内で女性会社員の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで4月12日に現行犯逮捕された同地検副検事の根岸寿文容疑者(57)を不起訴(起訴猶予)とし、減給100分の10(3か月)の懲戒処分とした。

 根岸容疑者は酒に酔っていて覚えていないとしているが、「女性に不快な思いをさせて申し訳ない」と謝罪しており、19日、依願退職した。同地検の八木宏幸次席検事は「誠に遺憾。被害者や関係者に深くおわびする」とコメントした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

勤務ガソリンスタンドから金庫盗む、2人逮捕 大阪(19日)

勤務先のガソリンスタンドから売上金が入った金庫を盗んだとして、大阪府警高槻署は19日、窃盗容疑で同府豊中市の会社員、曲(まがり)仁志(25)と同市の会社員、中西克弥(26)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は17日夜から18日早朝にかけ、高槻市津之江町のガソリンスタンドで、売上金約73万円と小切手(6万3千円分)が入った金庫を盗んだとしている。

 曲容疑者はこのスタンドで勤務しており、中西容疑者も別の系列店で働いていた。事件当日の中西容疑者の行動に不審な点があり、上司が問いつめたところ「曲容疑者に誘われた」と話したため、犯行が発覚した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051913200020-n1.htm

Msn_s1_9

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会ったことなくてもストーカー容疑 女性にしつこく電話(19日)

兵庫県西宮市の女性会社員(43)に繰り返し電話をかけたとして、県警は19日、熊本県天草市の会社役員の男(55)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。2人は昨年11月に出会い系サイトで知り合ったが、一度も会ったことはなかった。県警によると、会ったことのない相手への電話やメールだけのストーカー行為で逮捕に至った事案は珍しいという。

 甲子園署などによると、男は今年1~2月、女性の携帯電話や勤務先に34回の電話をかけ、「人殺し」などとメールを送った疑いがある。このほか、約400回の電話をかけたとみて調べている。規制法は、拒まれた相手に連続して電話することを禁じている。

 女性が年明けから着信を拒否したところ、男が勤務先を調べて「写真をばらまくぞ」などと脅し、電話を繰り返したことから、甲子園署に相談していた。

 男は「大阪府内に住む20代」と偽り、別人の顔写真を送信。女性が「会いたい」と電話した際は、「仕事が忙しい」と断っていたという。(高野裕介)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殉職警察官への「特別賞恤金」、災害にも適用へ 警察庁(19日)

命の危険がある場所に出動して死亡した警察官に国が支給する「殉職者特別賞恤(しょうじゅつ)金」について、警察庁は19日、災害にも適用できるよう規則を改正すると発表した。東日本大震災では岩手、宮城、福島各県の警察官計24人が死亡、6人が行方不明となっており、いずれも対象になりうるという。

 特別賞恤金は、事件などで「危害を受けた結果」として死亡した場合にだけ支給されてきた。今回の大震災による殉職者は、大津波警報が発令される中で避難誘導にあたっていた警察官も多く、同庁が改正を検討していた。審査を経て適用対象となれば「3千万円以下」の支給額が決まる。

 国の特別賞恤金は、成田空港建設を巡る、建設反対派と機動隊の衝突で警察官3人が死亡した1971年の「東峰十字路事件」を機に新たに設けられ、これまで15人に支給されている。賞恤金には各都道府県が支給するものもあり、額もそれぞれ異なる。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

東京のひったくり増加

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201105141101000

 東日本大震災直後、東京都内でひったくり事件が急増し、2カ月で約330件に上っていることが警視庁捜査3課の調べで分かった。計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることを悪用したとみられるケースもあった。

 発生件数は、震災が発生した3月11日~4月10日の1カ月で約180件。震災前の2月12日~3月10日の約130件と比べると約50件の増。その後の1カ月(4月11日~5月10日)は取り締まりの強化などで約150件と前月比2割減となった。夜間の犯行が多く、バイクや自転車で路上を歩く高齢者から追い抜きざまにバッグなどを奪う手口が目立ち、足立、世田谷、江戸川区で多発した=産経新聞電子版

 これに対して警察庁がまとめた今年4月末の全国の認知件数は4349件で、前年同期に比べて746件の減。認知件数の最も多かったのは東京の624件で2位が神奈川県の620件、3位が大阪府の525件、4位が愛知県の517件、5位が埼玉県の467件。

 前年同期は大阪府がダントツの1位で820件。その大阪が今年は295件も減らしている。また大阪府と1、2位を争った千葉県は260件も減らして今年は現在のところワースト5の圏外の6位になっている。

 参考のために記すが、東京で大震災後急増したとなっているが、前年より36件減らしている。このように東京と千葉がマイナスなのに対して、今年は周辺の埼玉県が72件増加し、神奈川県も46件増えるなど周辺に拡大した傾向が見られる。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」にする。
 家庭・家族に起因する事件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

写真は東京・三鷹市

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ソフトバンク→やわらか銀行」犯罪で隠語増加(19日)

携帯電話の無料ゲームサイトなどの出会い系以外のコミュニティーサイトを通じて犯罪に巻き込まれる児童が増加している問題で、サイト管理者の監視をかいくぐるため、メールなどで隠語や暗号を使用するケースが増えていることが19日、警察庁のまとめでわかった。

関連記事

記事本文の続き 警察庁は平成22年上半期に続き、下半期に摘発したコミュニティーサイトを通じた児童買春など811事件(容疑者631人、被害者638人)を分析した。

 この結果、サイト内だけで連絡が取り合えるミニメールなどに、児童と直接連絡を取るため、隠語などを使った容疑者が24.8%に上り、上半期の6.4%から大幅に増加した。

 主なケースは、携帯電話番号を伝えるため、090を「わらわ」と数字を携帯のボタンに記されたひらがなに置き換えたり、携帯電話会社でおおむね統一されているメールアドレスの末尾のドメインを「やわらか銀行」(ソフトバンク)などと記したりするという。

 一方、被害児童の調査では、有害サイトをブロックするフィルタリングに加入していたのは6.2%で、上半期(1.6%)に比べわずかしか上昇していなかった。

 警察庁は引き続き、サイト管理者側にミニメールなどの監視態勢の拡充を求めるほか、携帯電話販売店で保護者にフィルタリングの説明を徹底するよう携帯各社に要請する方針。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下銀行フィリピン人2人逮捕 送金10億円超、手数料3~5%(19日)

地下銀行を営んでフィリピンに不正送金していたとして、愛知県警は19日までに、銀行法違反の疑いで、名古屋市中区栄の無職、ソレタ・ロウェル・サン・ミゲル容疑者(31)らフィリピン人の男2人を逮捕した。

 県警によると、2人が管理する7つの銀行口座には平成19年以降、顧客から計約8億3千万円の入金があり、現金で受け取った額を加えると10億円以上がフィリピンに送金されたとみられる。昨年9月に帰国した別のフィリピン人の男から、口座の管理や送金を引き継いだという。

 逮捕容疑は昨年10月と11月、岐阜県と三重県のフィリピン人女性2人から計7万円の送金依頼を受け、フィリピンにいる仲間を通じて受取人に届け、無許可で銀行業を営んだとしている。

 手数料は3~5%で、フィリピンパブの従業員らが顧客だった。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051911520013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻殺害容疑:仙台の89歳夫逮捕…「暴力耐え切れず」供述(19日)

宮城県警仙台東署は19日、仙台市宮城野区燕沢2の無職、藤沢達志容疑者(89)を殺人容疑で逮捕した。逮捕容疑は18日午後6時ごろ、自宅1階で、妻浪子さん(85)の首を手で絞めるなどして殺害したとしている。

 同署によると、近くに住む次男(58)が浪子さんが自宅で倒れているのを見つけ18日夜に119番、現場にいた達志容疑者が駆け付けた署員に殺害を認めた。達志容疑者は同署の調べに対し「ささいなことから口論になり、(妻が)つかみかかってきた。普段から暴力を受け、我慢できなくなりやってしまった」と供述しているという。【三村泰揮】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110519k0000e040020000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

弘道会ナンバー2を逮捕…カード詐取容疑(19日)

愛知県警は18日、クレジットカードを詐取したとして、指定暴力団山口組弘道会(名古屋市)ナンバー2の若頭、竹内照明容疑者(51)(同市緑区乗鞍)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、竹内容疑者は2006年6月4日頃、東京都内のクレジットカード会社に、名古屋市東区のカードシステム機器販売会社の顧問を装い、「勤続年数7年、年収800万円」などと虚偽の内容を記入した入会申込書を郵送し、同年7月5日頃、カードをだまし取った疑い。竹内容疑者は容疑を否認しているという。

 竹内容疑者は住宅取得を支援する融資制度を悪用し融資金を詐取したとして、4月28日、県警に詐欺の疑いで逮捕されたが、名古屋地検は18日、竹内容疑者と、共犯として逮捕された名古屋市天白区の無職女(33)の2人を不起訴とした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

外国人女性、帰国費用90万円奪われる(19日)

 19日午前4時10分頃、名古屋市西区笹塚町の市営住宅1階で、アルバイト先の飲食店から帰宅したフィリピン人女性(43)がエレベーターに乗り込むと、後から乗ってきた男から頭に布袋をかぶせられ、鈍器のようなもので頭を数回、殴られた。

 男は女性から約90万円入りのショルダーバッグを奪い、6階でエレベーターを降りて逃走した。女性は頭に重傷を負った。愛知県警西署は強盗傷害事件として捜査している。

 発表によると、男は1メートル75~1メートル85で、上下とも黒っぽい服装。女性を襲った際は終始、無言だった。女性は近くフィリピンに帰国する予定で、所持金はその費用だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

阿闍梨さんに祈祷してもらう」と寺の女性から300万円詐取 自称尼僧を逮捕(19日)

「阿闍梨(あじゃり)」と呼ばれる高僧への祈祷(きとう)料名目で寺の女性事務員から約300万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は19日、詐欺の疑いで、東京都杉並区宮前、自称尼僧、塩田広江容疑者(71)を逮捕した。同課によると、塩田容疑者は「だまし取った覚えはない」と容疑を否認しているという。

 同課は塩田容疑者が平成16年11月~17年9月までに女性事務員から30数回にわたり計7千万円以上をだまし取ったとみて調べている。

 逮捕容疑は17年7月下旬ごろ、大田区の日蓮宗寺院の女性事務員(57)に、「不幸なのは先祖がけんかをしていて成仏できないから」「阿闍梨さんに祈祷をしてもらったら、供養が必要といわれた」などと嘘をいい、祈祷料などの名目で現金約300万円をだまし取ったとしてる。

 同課によると、塩田容疑者は小原一真聖(たかまき)の名で尼僧をしていると自称。女性は家族の病気などで悩んでおり、古くから親交のあった塩田容疑者に相談していた。塩田容疑者が祈祷のため支払いをした形跡はなく、飲食代や衣服の購入、海外旅行代金にあてていたという。

 多額の出費を不審に思った寺の経理担当者から指摘され、女性は19年6月に警視庁に告訴していた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051911580014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで偽ブランド品販売容疑 韓国人男を逮捕 警視庁(19日)

高級ブランド品「シャネル」の偽物をネット販売する目的で持っていたとして、警視庁板橋署は商標法違反(販売譲渡目的所持)の現行犯で、韓国籍、大阪府豊中市利倉東の無職、玄浩明容疑者(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は、17日午前9時35分ごろ、自宅にシャネルの偽物のトートバッグ7点を販売目的で持っていたとしている。

 同署によると、玄容疑者は携帯電話のオークションサイトを通じて偽ブランド品を販売していたとみられれ、自宅からは偽物とみられるシャネルやグッチなどの高級ブランド品計約610点が見つかった。

 シャネルの日本代理店が今年2月、警視庁に相談していた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051912040015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

1億2千万円強奪容疑 不良グループ「怒羅権」リーダーら4人逮捕 山梨の貴金属連続強盗(19日)

山梨県で平成19年、貴金属卸売店や貴金属加工会社など3軒が相次いで襲撃され、総額約2億円相当の金品が奪われた連続強盗事件で、うち1件に関与したとして、警視庁と山梨県警は強盗致傷の疑いで、日本人と中国人の男4人を逮捕した。粘着テープで縛るなどして金品を奪う手口が似ていることなどから、警視庁はグループがほかの強盗事件にも関与したとみて、慎重に裏付け捜査を進めている。

 逮捕されたのは、東京都西東京市新町の自称会社役員、白井宇太郎容疑者(39)ら男4人。警視庁によると、白井容疑者ら2人は容疑を否認し、他の2人は認めている。白井容疑者は不良グループ「怒羅権」(ドラゴン)のリーダーという。

 逮捕容疑は19年12月8日午後7時半ごろ、南アルプス市の貴金属製造会社「協伸」加工場に押し入り、男性工場長(54)の顔を殴るなどして負傷させ、粘着テープで拘束。金庫から貴金属や地金計1億1930万円相当や、現金約54万円を奪ったなどとしている。

 警視庁によると、同県では19年、甲府市や笛吹市の貴金属店などでも男らが押し入り、貴金属や現金を奪う事件が続発。従業員らを粘着テープで縛るなどして金品を奪う手口で、従業員が暴行を受けて負傷した事件もあった。

 昨年になり、別の窃盗事件で逮捕・起訴された複数の男が、強盗事件への関与を自供。供述に基づき、警視庁が甲府市内の千代田湖を捜索したところ、被害品の貴金属が見つかった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051912070016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

両陛下、復興支援コンサートで観客らと合唱(19日)

天皇、皇后両陛下は18日夜、東京・新宿区の東京オペラシティコンサートホールで「東日本大震災復興支援チャリティコンサート クラシックエイド」を鑑賞された。

 第2部の開演に合わせて到着した両陛下は、場内の大きな拍手に笑顔で応えながら着席し、ショパンのポロネーズ第6番「英雄」などを鑑賞された。さらに、最後のアンコールでは、出演者と観客による「見上げてごらん夜の星を」の合唱に加わり、配布された歌詞を見ながらそろって歌われる場面もあった。

 この日の出演者は、ソプラノ歌手の佐藤しのぶさんらコンサートを主催した音楽事務所に所属する音楽家が中心で、全員がボランティア。入場料や会場で集められた募金は、日本赤十字社を通じて全額被災地に寄付されるという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットにウソの車販売広告、世界中から苦情(19日)

インターネット上にうその広告を掲載し外国人から代金をだまし取ったとして、愛知県警は18日、名古屋市中区千代田、無職井上大之容疑者(32)ら4人を詐欺容疑で逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、同区丸の内、自称会社役員山谷良久(47)、同市東区東桜、アルバイト飲食店員宮崎敬子(36)、同県小牧市弥生町、金属加工業山下英利(37)の3容疑者。

 発表によると、4人は昨年10月上旬、東京都内のネット広告会社が運営する海外向け自動車販売サイトに、実際は所有していない乗用車の写真や「2600ドル(約20万円)で販売する」との英文の広告を載せ、同月中旬、ウガンダの男性公務員(40)に輸送費を含めた4150ドル(約33万円)を送金させてだまし取った疑い。宮崎容疑者は容疑を否認し、残る3人は認めているという。

 県警は、4人を含むグループが昨年10月までの約半年間に、東南アジアやアフリカなど34か国の顧客から約4200万円をだまし取ったとみて捜査している。グループはこのサイト上で三つの業者名を使い分けていたとみられ、これらを含む愛知県などの計7業者について、68か国の顧客から「車が届かない」との苦情が計約230件(計約1億5200万円)寄せられているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東電社員、保険金詐欺容疑で逮捕 暴力団幹部らと共謀か(19日)

交通事故を装い保険金をだまし取ったとして、神奈川県警暴力団対策課は18日、東京電力社員の横溝秀明容疑者(45)=横浜市都筑区荏田東1丁目=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。県警によると、横溝容疑者は容疑を否認している。

 県警の発表によると、横溝容疑者は指定暴力団住吉会系幹部の千葉宏一被告(45)ら4人=詐欺罪で起訴=と共謀。2008年2月に東京都内で、共犯者3人を2台の車に分乗させて事故を起こさせ、保険会社から約470万円をだましとった疑いがある。

 県警によると、横溝容疑者と千葉被告は中学の同級生。共犯者の1人は、横溝容疑者から約500万円を借りていた。横溝容疑者は「事故でも起こして金を返せと言ったが、詳細は知らないし金ももらっていない」と話しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

いわき市の教会に乳児置き去り「必ず迎えに」と書き置き(19日)

【東日本大震災】

 東日本大震災で被害を受けた福島県いわき市にある小名浜聖テモテ教会で18日午前、生後間もない女児が置き去りにされているのが見つかった。県警いわき東署は保護責任者遺棄容疑を視野に捜査している。

関連記事

記事本文の続き 教会によると、乳児は礼拝堂入り口に置かれた座布団の上で眠っていた。「生活が出来るようになったら必ず迎えに来ます」との書き置きとともに紙おむつが置かれていたという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人に無許可で職業紹介 男3人を逮捕(19日)

中国・福建省出身の日本人姉妹の親族とされる中国人53人のうち48人が入国直後、大阪市に生活保護を大量申請した問題にからみ、うち4人を含む中国人らに無許可で仕事を紹介したとして、大阪府警外事課などは18日、職業安定法違反(無許可有料職業紹介)容疑で、同市港区夕凪、中国籍のパート社員、林●(=王へんに其)(リンチー)容疑者(39)ら男3人を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は厚生労働相の許可を受けずに昨年8~11月、中国人ら男女6人を人材派遣会社に紹介し、手数料として同社から約25万円を受け取ったとしている。

 また、昨年6月に親子と偽って外国人登録申請をしたとして、同日、外国人登録法違反(虚偽申請)容疑などで、同区のアルバイトの女(23)ら中国籍の男女3人を書類送検した。

 府警はDNA鑑定で3人に血縁関係がないことが判明したとして、昨年12月に関係先を家宅捜索。しかし、3人は任意の事情聴取に養子だと説明していた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110518/crm11051822210025-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

証拠品の現金を盗む 群馬県警の巡査長逮捕(19日)

群馬県警は18日、警察署内に保管してあった事件の証拠品の現金を盗んだなどとして窃盗と器物損壊の疑いで、大泉署地域課巡査長、柿沼孝宜容疑者(28)=同県大泉町古海=を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年10月25日から翌26日にかけ、当時勤務していた太田署の証拠品保管庫から現金約6万7千円を盗んだほか、証拠品30点を同署のごみ集積場に捨てた疑い。

 県警によると、証拠品は万引事件で逃走した犯人が現場に脱ぎ捨てたジャンパーなど。柿沼容疑者は昨年3月から1年間、同署刑事1課で証拠品の保管を担当していた。「小遣いがなくて困ってやった。現金だけなくなると怪しまれるのでほかの証拠品も捨てた」と供述している。

 今年4月、後任の署員が関係書類を調べた際に発覚。ほかに証拠品と書類が計約60点なくなっており、県警は関連を調べる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110518/crm11051823050028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

街灯消えひったくり急増 節電で広がった闇に紛れ…(19日)

東日本大震災直後、東京都内で空き巣が減少する一方、ひったくり事件が急増し2カ月で約330件に上っていることが18日、警視庁捜査3課の調べで分かった。計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることを悪用したとみられるケースもある。被災者支援の募金箱を盗むなど震災に乗じた悪質な犯罪は後を絶たず、同課で取り締まりを強化している。

 同課によると、ひったくりの発生件数は震災が発生した3月11日~4月10日の1カ月で約180件。震災前の2月12日~3月10日の約130件と比べると約50件増えた。その後の1カ月(4月11日~5月10日)は取り締まりの強化などで約150件と前月比2割減となったが、依然として震災前を上回ったままだった。

 夜間の犯行が多く、バイクや自転車で路上を歩く高齢者から追い抜きざまにバッグなどを奪う手口が目立つ。主に足立、世田谷、江戸川区で多発し、連続ひったくり事件も発生。足立区では3月17日午後9時20分ごろと約10分後の2回、通行人が2人乗りバイクにバッグをひったくられた。

 食料や水の買いだめなどで現金を多く持ち歩くケースが増えていたことから、10万円以上の高額被害が際立っている。

 コンビニやレストランに被災者支援のため置かれた募金箱が盗まれる事件も各地で後を絶たない。都内だけでも4月20日までに約20件(被害総額約18万円)が確認されている。

 ただ、阪神大震災の際には東京でひったくり事件の増加は確認されておらず、立正大学の小宮信夫教授(犯罪社会学)は「不景気などの社会不安に震災という要素が加わり犯罪が増えていると考えられる」と分析している。

 一方、同じ窃盗事件でも空き巣などの侵入盗は減少傾向。震災後の外出自粛ムードなどで留守宅が減った上、地震や東京電力福島第1原発事故で外国人窃盗グループなどが相次いで帰国している影響もあるとみられる。

 同課によると、千葉県などで空き巣を繰り返していたとして4月に窃盗容疑で逮捕された中国籍の男は「帰国しようとしたが、出国する外国人らで混雑し、航空運賃も高騰していたため帰れなかった」と供述したという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110518/crm11051823570029-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸学院大2人刺傷:ストーカーの男、変装し待ち伏せ(19日)

神戸学院大(神戸市西区)で女子学生ら2人が刃物で刺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された卒業生の伊崎義晃容疑者(25)が、眼鏡などで変装して学内に侵入し、女子学生を待ち伏せしていたことが捜査関係者への取材で分かった。大学側は女子学生にストーカー行為をしているとして警備員に顔写真を配布するなど警戒していたが、全く気付かなかったという。

 捜査関係者によると、伊崎容疑者は髪を短く切って帽子をかぶり、普段は使わない眼鏡を掛けていた。

 伊崎容疑者は先月、学内で自殺未遂騒ぎを起こしていた。【渡辺暢】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110519k0000m040164000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

立川6億円強盗:壊れていた窓の鍵 一部従業員しか知らず(19日)

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で現金約6億円が奪われた強盗傷害事件で、侵入口とみられる窓の鍵が壊れていることを知っていたのは一部の従業員に限られることが警視庁立川署捜査本部の調べで分かった。本社は鍵の故障を把握しておらず、捜査本部は犯人が限られた内部情報を知っていたとみている。国内最高額の現金強奪事件から19日で1週間を迎える。【山本太一、内橋寿明、小泉大士】

 ◇内部に精通か

 捜査本部の調べでは、侵入口とみられるのはシャワー室の腰高窓(縦40センチ、横50センチ)で、手袋を使った跡があった。鍵は半年以上前から腐食し、施錠できない状態だったが、営業所の従業員約20人のうち一部は鍵の故障を知らなかった。日月警備保障も「会社として把握していなかった」と説明する。

 防犯カメラの映像や重傷を負った警備員(36)によると、犯人は12日午前3時5分ごろ、カメラの死角になる路上に車を止め、1人が窓から侵入し、別の男を引き入れたとみられる。2人組は仮眠中の警備員を10分近く暴行して暗証番号を聞き出すと、1人が金庫からの現金引き出し役、もう1人が警備員の見張り役を分担するなど手際良さが目立つ。

 犯人は、鍵の故障に加え、(1)事件前日の水曜日に通常より多額の現金が搬入されること(2)警備員が仮眠前に駐車場の電灯を消すこと--などを知っていた可能性も高まっている。捜査幹部は「長い時間をかけて内部情報を集め、計画を練ったのではないか」とみる。

 ◇警備にも問題

 夜間、赤外線センサーなどの警報システムが切られていたことも明らかになり、業界関係者からは「あり得ない」という声が漏れる。関係者の一人は「警備員がいても金庫室前にセンサーを設置し、ドアが異常時に開けば自動通報するシステムなど何重もの警備体制が必要だった」と話した上で、「警備状況を確認せずに多額の金を預けた郵便局側にも落ち度があるのでは」と指摘する。

 日月警備保障を巡っては、03年10月にも多摩地区の郵便局から集めた現金約1億5000万円が盗まれる事件があった。

 郵便事業会社は「東京中央郵便局から頻繁に現金を運び出すことは警備上好ましくない」と同社への委託に問題はなかったとの見解を示すが、今後については「検討中」としている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110519k0000m040161000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月18日 | トップページ | 2011年5月20日 »