« 2011年5月15日 | トップページ | 2011年5月17日 »

2011年5月16日

2011年5月16日 (月)

投資詐欺:187業者らを一斉告発へ 東京・3弁護士会(16日)

東京、第一東京、第二東京の3弁護士会は16日、増加している未公開株などへの投資を名目とした詐欺被害を防ぐため、関与したとみられる187業者らを詐欺や金融商品取引法違反容疑で警視庁に一斉告発すると発表した。被害者は東京や千葉、神奈川など13都道県の76人、総額は約11億円。告発は、3弁護士会で問題に取り組む弁護士33人が18日に行う方針。【川崎桂吾】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110517k0000m040125000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国際テロ捜査資料流出 イスラム教徒ら提訴(16日)

警視庁の国際テロ捜査関連資料流出事件でプライバシーを侵害されるなどしたとして、イスラム教徒14人が16日、国と東京都を相手取り、計1億5400万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。原告は、アラブ出身や日本人のイスラム教徒ら男女14人。

 訴状などによると、名前や住所、家族構成などの個人情報を収集され、資料流出の十分な拡大防止措置がとられなかったためプライバシーが侵害され、精神的苦痛を受けたなどとしている。警察当局の情報収集自体について、イスラム教徒という理由だけで信仰上の活動について収集するのは「不法行為」と主張した。

 同日、東京・霞が関の弁護士会館で会見したアラブ出身の原告男性は「日本の警察にテロリスト扱いされた。家族ともなかなか会えない」と強調した。

 警察庁と警視庁は「訴状を見ていないことからコメントは控えたい」などとしている

Msn_s1_10 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/trl11051622510004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組が「盃直し」 兵庫県警など警戒強化(16日)

銃刀法違反罪の実刑判決で収監されていた指定暴力団6代目山口組の篠田建市組長(69)=通称・司忍=が4月に出所したこを受け、神戸市灘区の山口組総本部で16日、収監後に直系となった組長らと“親子”関係を結ぶ「盃直し」の儀式が行われたことが、捜査関係者への取材でわかった。兵庫県警などは山口組が組長復帰を機に組織固めを進める可能性が高いとみて警戒を強化している。

 捜査関係者によると、総本部に最高幹部らが集まり、篠田組長が収監された平成17年12月以降に「直(じき)参(さん)」と呼ばれる直系組長となった約30人と儀式が行われたという。

Msn_s1_9 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051620120021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

待ち伏せし103万円強奪 無職の男ら4人逮捕 警視庁(16日)

男性を待ち伏せして現金約103万円を奪ったなどとして、警視庁亀有署は強盗致傷の疑いで、千葉県松戸市六高台、無職、東弘樹容疑者(23)と住所不定、無職、浅岡尚義容疑者(36)ら4人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、いずれも住所不定、無職の近藤素啓(もとひろ)容疑者(42)と事件当時19歳だった男(21)。同署によると、東容疑者ら3人は「奪った現金は103万円もなかった」と供述、浅岡容疑者は「話したくありません」などと供述している。

 逮捕容疑は平成21年12月17日午後5時35分ごろ、東京都葛飾区に住む男性(42)の自宅駐車場で、帰宅した男性を暴行して顔面骨折の重傷を負わせ、約103万円が入ったバッグを奪ったなどとしている。

 現場に落ちていた携帯電話の通話記録や、マスクに付着していた遺留物から、4人の関与が浮上した。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051617410018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市役所支所前に頭部ない犬の死骸 山梨(16日)

山梨県北杜市大泉町谷戸の北杜市役所大泉総合支所の前に、頭部と尻尾のない犬の死骸が置かれていたことが16日、県警北杜署や同支所への取材で分かった。同署は器物損壊や動物愛護法違反の疑いもあるとみて調べている。

 同署などによると、犬種は不明で、胴の長さは約50センチ。首輪はなく、頭部や尻尾は見つかってない。15日午前8時ごろ、通行していた中学生が死骸を見つけて市側に連絡した。

 市職員が14日午後5時ごろに退庁した際には死骸はなかったという。同支所は「トラブルはなく、脅迫などをされる心当たりはない」としている。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051618120020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)

重過失だ!責任を問え!

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201105161350000

 埼玉県越谷市で、市が配布した殺虫剤を誤って飲んだ74歳と71歳のお年寄りの女性が倒れ、うち一人が意識不明の重体になっている。

 警察の調べによると、原因は越谷市から配布された殺虫剤を、自治会が各戸に配る際に、お茶のペットボトルに移し替えて配布したものと分かった。

 入れ替えたペットボトルには「お茶」のレッテルが貼られたままで、殺虫剤の色はお茶より薄い程度だったことから、見分けが困難で、間違って飲んだものと分かった。

 相手は、お年寄り。配布した自治会に全責任がある。まさに、コミュニケーション不足。地域社会の人間関係の崩壊であり、社会通念からして「責任上の重過失」であろう。

 最近のお年寄りについて、こんな調査結果がある。

 共同通信が報じたもので、神奈川県はこのほど県内の223の県営団地に住むお年寄りの意識調査を実施した結果、「見回りなどのサービスを受けたいと思わない」と回答したお年寄りが13.7㌫もいた。しかも、その半数の人が一人暮らしだったという。中には自治会の名簿づくりを拒否するお年寄りもいるといい、コミュニケーション拒否のお年寄りが多いことを伺わせる。

 今回は、自治会の無責任行為から事件に発展したもので、配布する際にコミュニケーションがとれていれば防げたはずである。

ふたりのうちひとりはお友達で、やはり一人暮らしだった。

 コミュニケーション拒否のお年寄りがいたとしても、それを説得して「絆」を保つのが行政も含めて地域社会の役目であるはずだ。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」にする。
 家庭・家族に起因する事件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

【メール警視庁】「春の全国交通安全運動」実施中

Mini

☆交通事故に注意☆ 都内では、5月8日から14日までの1週間で、4名の方が亡くなられています。

 ○ドライバー、ライダーの皆さんへ

 歩行者はいないか、自転車は来ないか、周囲の安全をよく確認して走行しましょう。○歩行者の皆さんへ

 交通ルールを守り、車や自転車の動きに注意して、横断歩道を渡りましょう。

写真は東京・西東京市

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士5300万円着服?依頼者に賠償金渡さず(16日)

 釧路弁護士会(北海道釧路市)に所属していた釧路市の男性弁護士(当時68歳)が、依頼者などから預かった約5300万円を着服していた疑いがあることが16日、わかった。

 同弁護士会は業務上横領の疑いがあるとして、懲戒処分の手続きを進めていたが、弁護士は今年3月25日に自宅敷地内で死亡しているのが見つかった。釧路署では自殺とみている。

 この弁護士への依頼者から3月上旬に同弁護士会に相談があり、発覚した。同弁護士会によると、依頼者が被害者となった交通事故で、昨年12月に支払われる予定だった損害賠償金約4000万円が、弁護士から依頼者に渡されないままになっていた。また、同市内の元建設会社社長が会社清算のために弁護士に預けた約1300万円も不明となっているという。同署によると、同弁護士をめぐっては同署へ被害相談が1件寄せられているという。

 事情を聞こうとした同弁護士会に、当時入院中だった弁護士は妻を通じて「お金を渡せておらず申し訳ない」と説明していたという。

 同弁護士会の中島和典会長は「金銭面に問題点があったと思っている。情報収集を進めており、対応を検討したい」と話している。

 妻は4月30日付で、「相続を放棄する」などとした文書を依頼者に対し、送付しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

深夜87歳患者殴った容疑、33歳看護師を逮捕 兵庫(16日)

高齢の入院患者を殴り、けがを負わせたとして、兵庫県警三田署は16日、傷害容疑で、同県丹波市氷上町犬岡の看護師、大槻修容疑者(33)を逮捕した。「そんな事実はない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、15日午前0~2時の間、同県三田市けやき台の三田市民病院で、入院していた男性患者(87)の顔を素手で2回殴り、全治1週間のけがを負わせたとしている。

 同署によると、午前2時ごろ、男性患者が「あの看護師に殴られた」と入院部屋に来た女性看護師に告げたという。大槻容疑者は普段から男性の看護を担当していた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051613200015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺虫剤を誤飲か、1人重体・1人重症 (16日)

埼玉県・越谷市の住宅で70代の女性2人が倒れているのが見つかり、1人が重体、もう1人が重症となっています。2人はペットボトルに入った殺虫剤を、お茶と間違えて飲んだとみられていて、警察が経緯を調べています。

 15日午後5時ごろ、埼玉県・越谷市の住宅から「お茶を飲んだら吐いた」と119番通報がありました。消防が駆けつけたところ、この家に住む74歳の女性と友人の71歳の女性が倒れているのが見つかり、このうち1人が意識不明の重体です。

 「(救急隊が見たところ)『異臭がした』と、お茶よりもいくらか薄い色だと」(越谷市消防本部)

 警察などによりますと、殺虫剤は3日前、越谷市が町の自治会に対して配布したもので、その後、自治会の会長が、お茶のペットボトルに移し替えて各家庭に配ったということです。ペットボトルには、お茶の商品ラベルが貼ったままでした。

 「飲料用の容器に小分けしないでくださいと、注意の文書を出している。なかなか末端まで守りきれず、残念なこと」(越谷市の担当者)

 警察は、2人がペットボトルに入った殺虫剤を、お茶と間違えて飲んだとみて、殺虫剤が配布された経緯を調べています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4726238.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナイフ見せ強制わいせつ容疑 少年を再逮捕へ(16日)

尼崎市内でナイフを示して小中学生を襲ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕された予備校生の少年(18)=大阪市淀川区=が、別の女子高校生に同様の行為をした疑いが強まり、尼崎東署と兵庫県警生活安全特捜隊、捜査1課は15日までに、同容疑で逮捕状を取った。16日にも再逮捕する。

 捜査関係者によると、尼崎市東部で昨年12月~3月、夕方や夜間に刃物を示し、小中高生らを公園などに連れ込むなどしてわいせつ行為をする事件が7件発生。うち数件について、少年は関与を認めているという。

 逮捕状の容疑は、2月中旬、尼崎市東部の路上で、当時高校1年の女子生徒にナイフを示し、近くの植え込みに連れ込み、わいせつな行為をした疑い。少年は、女子生徒を羽交い締めにし「黙って付いてきて」と告げたという。

 県警が警戒中の4月13日、少年は同隊員に尼崎市内で職務質問され、折りたたみナイフの所持が発覚。小中学生が3月、同じ色のナイフを示した男に襲われた事件への関与を認めたため翌14日、逮捕された。少年は「性欲を満たしたかった」と供述したという。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0004069461.shtml

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・羽曳野市の池で手足を縛られた状態の女性遺体発見 自殺と事件の両面で捜査(16日)

16日朝、大阪・羽曳野市の池で、女性が手足を縛られた状態で浮いているのが見つかった。警察は、自殺と事件と両面で調べている。
16日午前6時半ごろ、大阪・羽曳野市にある池に、女性が手足を縛られた状態で浮いているのを近所の人が見つけた。
警察などによると、女性は70歳くらいで、服を着た状態、顔にはマスクをつけていたという。
池の近くでは、遺書らしきものが見つかっていることから、警察は、自殺と事件の両面で捜査するとともに、遺体の身元の確認を急いでいる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅中の23歳女性、腹部殴られバッグ奪われる(16日)

16日午前0時25分頃、埼玉県川口市戸塚の県道で、歩いて帰宅途中だったさいたま市北区の女性会社員(23)が、正面から歩いてきた男に腹部を殴られ、現金約1万5000円などが入った手提げバッグを奪われた。

 女性にけがはなかった。県警武南署が強盗事件として調べている。

 発表によると、男は20歳代くらい。身長約1メートル65の小太りで、黒っぽいパーカと黒のズボンを着用していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番1階の地図に放火、2階で署員3人が休憩中(16日)

16日午前1時20分頃、大阪府寝屋川市松屋町の寝屋川署松屋交番(2階建て)で、1階の掲示板に張られた地図(縦95センチ、横77センチ)が燃えているのを、2階にいた同交番勤務の男性署員が気付き、すぐに消し止めた。

 建物への延焼はなく、同署は現住建造物等放火未遂容疑で調べている。

 発表によると、出火当時は署員3人が2階で休憩中で、1階出入り口は無施錠だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6億強奪、粘着テープに手袋痕…付着繊維鑑定へ(16日)

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から現金約6億400万円が奪われた事件で、現場から押収された使用済みの粘着テープに手袋痕が残されていたことが15日、警視庁幹部への取材でわかった。

 粘着テープは2人組の男が宿直勤務の男性警備員(36)を縛るのに使っており、同庁は粘着テープに付着した繊維を鑑定し、手袋の種類や入手先を特定するとともに、DNA鑑定に使える男らの汗や体毛などが付着していないか調べている。

 同庁幹部によると、警備員は12日午前3時過ぎ、ソファで仮眠中に、侵入してきた男らに粘着テープで目隠しをされ、手首も縛られて、金庫室の暗証番号を教えるまで約10分間にわたって暴行を受けた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者?コンビニ刃物強盗、数万円奪う 大阪・東淀川区(16日)

16日午前4時10分ごろ、大阪市東淀川区豊里のコンビニ「ローソンだいどう豊里駅前店」に男が押し入り、レジの近くにいた男性店員(24)に刃物を突きつけ、「ぼけ、こら」などと脅迫。男性店員がひるんだすきに、レジから現金数万円をトレーごと奪って逃走した。男性店員にけがはなかった。東淀川署は強盗事件として男の行方を追っている。

 同署によると、男は60歳代ぐらいで身長約160センチ。黒の上着、グレーのズボンを着用し、マスクで顔を隠していたという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051610270004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

孤独死「身近」6割超、高齢者所在不明問題を受けて県営団地の高齢者に意識調査/神奈川県(16日)

「孤独死」を身近に感じる高齢者は6割超―。昨年相次いだ高齢者所在不明問題を受け、県が県営団地に暮らすお年寄りを対象に意識調査したところ、こんな数字が浮かび上がった。見守りサービスなどを望まない人も1割強おり、地域との関わりを持たない孤立化も広がっている。県が目指す孤独死防止には、住民自身の意識向上や地域参加をどこまで促せるかが大きな課題だ。

 県によると、県内の県営223団地で発生している孤独死は毎年60件前後。70~74歳が最も多く、全体の約25%を占める。

 調査結果では、孤独死を身近な問題として「非常に感じる」が30・8%、「まあまあ感じる」が31・7%。合わせると6割を超えた。一方「あまり感じない」は17・1%、「全く感じない」が6%だった。

 近隣住民との交流については「親しく付き合っている」(34・5%)と「立ち話程度」(34・1%)が多数を占める。約4人に1人は「あいさつ程度」。「ほとんどない」は4・3%で、その中で付き合わない理由に「あまり関わりあいを持ちたくない」と答えた人が半数近くいた。

 今後望むサービスは「緊急時に自分で操作する通報装置」(26・6%)、「センサーなどを利用した自動通報装置」(14・3%)など。だが「見守りなどのサービスを受けたいと思っていない」という人も13・7%に上り、その半数以上は1人暮らしだった。また、対象団地の自治会役員や民生委員らにも調査を実施。普段の見守り活動で4割強の人が「困っている」と回答。具体例として関係機関から情報がないことや、住民から面会拒否されたり不信感を持たれたりすることが挙げられたという。

 過去、孤独死に対応した経験がある人は42%。防止策として見守り態勢の整備や住民自身の交流意識の向上などを挙げるが、一部住民との意識のギャップに頭を悩ませているのが実情だ。

 県によると、孤独死が発生した場合、県営住宅では原則約1年間、入居募集を停止しているという。県は「人生の最後を悲惨な形で迎えないよう、住民自身も責任を持って対応して」と呼び掛ける。

 調査を受けた浦賀かもめ団地自治会(横須賀市鴨居、1589世帯)の中山晃一会長(74)は「1人暮らしの高齢者に名簿作成への協力を拒否されることもある」と話す。水道を半日ほど使用しないと自動的にランプが点灯して周囲に知らせるシステムを約20年前に導入したが、対象は80世帯程度。「もっと普及できればいいが…。10年以上前に閉店したスーパーの跡地を交流の場として有効活用できるよう考えてほしい」と県に要望している。

2010_0123_11120247newslogo1 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1105150013/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川・綾瀬市でコンビニ強盗 (16日)

15日朝、神奈川県綾瀬市のコンビニエンスストアに刃物のようなものを持った男が押し入り、店の売り上げ金など、およそ6万5千円を奪って逃走しました。

 15日午前3時半ごろ、綾瀬市上土棚中にあるコンビニエンスストアに刃物のようなものを持った男が押し入りました。

 男はアルバイトの男性店員(20)に刃物のようなものを突きつけて「金を出せ」と脅したうえ、レジの中にあった店の売り上げ金など、およそ6万5千円を奪って逃げました。男性店員にけがはありませんでした。

 警察によりますと、逃げた男は年齢30歳から40歳くらいで、身長はおよそ160センチ、やせ型で、黒い長袖シャツにネックウオーマーのようなもので顔を隠していたということです。警察は、強盗事件として逃げた男の行方を追っています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4725423.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮:小学校校長 女子児童狙い 京都・綾部市(16日)

京都府綾部市教委は15日、市立東八田小学校の梅田泰道校長(59)が校内で女子児童を盗撮したと発表した。府教委は事実確認をして厳正に処分するとしている。

 市教委の久木章平教育長によると、梅田校長は11日、教室で下校の準備をしていた高学年の女子児童に後ろから近づいてしゃがみ込み、スカート内に私物のデジタルカメラを差し向けて撮影したらしい。目撃した別の児童の父親が市教委に報告。当初は盗撮を否定していたが、カメラの消去データを復元した画像を見せたところ、認めたという。

 市教委は梅田校長のパソコンも任意で提出を受け、他にも画像が無いか調べている。久木教育長は「監督者の校長が、教育で一番大切にしなければならない信用を失墜させた。おわびする」と話した。【佐藤孝治】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110516k0000m040152000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ景品交換所、1200万円盗まれる 京都(16日)

15日午後1時25分ごろ、京都市山科区東野片下(かたさが)り町のパチンコ店「マンボウ」の景品交換所から現金約1200万円が盗まれたと、110番通報があった。京都府警は窃盗事件とみて調べている。

 山科署によると、現金は午前10時ごろ、男性従業員が金庫に運び入れた。複数の従業員が出入りした後、金を運んだ従業員が正午すぎ、現金がなくなっていることに気づいたという。

 現場は国道1号と外環状線の交差点近くで、信用金庫や自動車販売店が立ち並ぶ一角。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6億円強奪 首都圏周辺の若い日本人?訛りなく標準語で脅す(16日)

東京都立川市で警備会社「日月警備保障」立川営業所が2人組の男に襲われ、史上最高額の現金約6億400万円が奪われた事件で、男らが外国人なまりなどのない標準語のイントネーションで宿直の男性社員(36)を脅していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁立川署捜査本部は、2人組は首都圏周辺に住む20~30代の日本人だった可能性もあるとみて捜査している。

関連記事

記事本文の続き また、犯行手口から営業所の内部事情に詳しい人物だった疑いが強いため、捜査本部では、同警備会社関係者やOBに接触して情報を得ていた可能性もあるとみて、関係者らから事情を聴くなどして捜査する方針。

 捜査本部の調べでは、2人組は12日午前3時ごろ、営業所に侵入。宿直で寝ていた男性社員の両手を粘着テープで縛り、目隠しした上で「カネを出せ」「金庫室の暗証番号を教えろ」などと脅迫した。

 その際、イントネーションに、外国人や地方出身者のようななまりはなかった。フード付きのコートのような着衣にマスクをしていたため顔は確認されていないが、話し方や体格、仕草から、若い男とみられるという。

 男らは、ためらうことなく社員の右胸や足を刺し、鉄パイプで殴るなど約10カ所にけがを負わせている。過去の強盗事件では、外国人が激しい暴行を加えるケースも多いが、捜査本部では2人組は日本人だった可能性が高いとみている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カード詐取容疑で弘道会系組長ら2人逮捕 愛知県警(16日)

愛知県警は15日、クレジットカードをだまし取ったとして、詐欺の疑いで名古屋市南区本星崎町西田、山口組弘道会系組長、佐竹憲治容疑者(42)ら2人を逮捕した。

 佐竹容疑者の逮捕容疑は平成17年9月ごろ、東京都内のクレジットカード会社の入会申込書に、虚偽の勤務先や役職を記載して郵送し、カード1枚を詐取したとしている。

 県警によると、佐竹容疑者は弘道会ナンバー2の若頭で、4月28日に詐欺容疑で逮捕された竹内照明容疑者(51)の出身母体・高照組の組長。

 これまでにこのカードでブランド品や飲食代など約200万円を使ったとみて調べる。調べに対し黙秘しているという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110515/crm11051522380008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

30歳男が父親を刺殺容疑 埼玉、責任能力調べる(16日)

埼玉県警川越署は15日、父親の首を包丁で突き刺して殺害したとして、殺人の疑いで、同県川越市砂新田、無職、倉又嘉貴容疑者(30)を逮捕した。

 同署によると、「おやじは悪いやつだから刺して殺した」と供述。事件後、下着姿で路上にいるのが見つかるなど言動に不自然な点があることから、刑事責任能力の有無を慎重に調べる。

 逮捕容疑は15日午前11時ごろ、自宅1階でテレビを見ていた父親の無職進さん(69)の首を包丁(刃渡り18センチ)で刺して殺害したとしている。

 両親と3人暮らしで、大声を聞いた母親が血を流し倒れている進さんを発見、近所の住民を通じて110番通報した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051600420000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生の「のぞき部屋」 労基法違反容疑で立件へ 神奈川県警(16日)

のぞき部屋で18歳未満の女子高生ら少女の下着姿を客に見せた疑いが強まったとして、神奈川県警は近く、労働基準法(危険有害業務の就業制限)違反の疑いで、横浜市中区の風俗店「横浜マンボー」の店舗関係者を立件する方針を固めたことが15日、分かった。捜査関係者が明らかにした。

 「女子高生見学クラブ」と呼ばれる同様の店舗は昨年から神奈川県のほか、都内でも相次いで開店し、「本物制服姿の女子高生」「生パン宣言」といった触れ込みでインターネットや雑誌で話題となっていた。

 捜査関係者によると、横浜マンボーは、18歳未満の少女を従業員として雇い、マジックミラー越しに客の前で少女の下着姿をのぞかせた疑いが持たれている。県警は、4月25日に同店を家宅捜索し、店内にいた女子高校生を補導した。

 県警は当初、風営法や児童福祉法などの適用を検討したが、同店の営業内容が風営法で規制対象とする性的サービスに当たらず、営業に際して都道府県公安委員会への届け出義務がないことなどから、両法いずれによる立件も難しいとして断念。

 労基法では18歳未満の少年少女を衛生面や福祉面で有害な場所で働かせることを禁じており、県警は同店の営業形態が同法に抵触すると判断した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/crm11051602000001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者釈放で検事正を事実上の更迭 福島地検(16日)

法務省は、東日本大震災直後、福島地検が勾留中の容疑者31人を釈放した問題で、中村明検事正を最高検検事に異動させる人事を16日付で発令した。

 法務省は「(釈放に)違法性はなかったが、高検、最高検や警察との調整が不十分だった。捜査がほぼ終了したので人心一新を図った」と説明しているが、事実上の更迭とみられる。

 福島地検は震災直後、捜査遂行が難しくなったとして31人を処分保留で釈放。窃盗容疑で逮捕されていた女が釈放後、コンビニに侵入した容疑で逮捕されたほか、強制わいせつ事件で逮捕された男が含まれていたことも判明した。31人の大半がその後、刑事処分を終えた。

 中村検事正は9日付で、仙台高検の岩村修二検事長から再発防止を口頭指導されていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110516/trl11051605010000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月15日 | トップページ | 2011年5月17日 »