« 殺害された韓国人の遺族、公判参加へ 被害者制度利用(20日) | トップページ | 震災死者の92%、津波による水死…警察庁(20日) »

2011年4月20日 (水)

「持病の薬飲み忘れた」6人死亡事故の運転手(20日)

栃木県鹿沼市樅山

)

町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立

北押原

(

)

小学校の児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故で、自動車運転過失傷害容疑で逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)が、栃木県警の調べに対し、「持病の発作を抑える薬を飲み忘れていた」と供述していることが19日、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は事故原因との関連について裏付け捜査を進めている。

 捜査関係者によると、柴田容疑者は「てんかんの持病があるが、この日は発作を抑える薬を飲み忘れていた」と供述。また、事故直前にハンドルに突っ伏し、事故後もしばらく車内で動かないでいる姿が目撃されており、県警は発作を起こし、意識を失っていた可能性もあるとみている。

 

« 殺害された韓国人の遺族、公判参加へ 被害者制度利用(20日) | トップページ | 震災死者の92%、津波による水死…警察庁(20日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「持病の薬飲み忘れた」6人死亡事故の運転手(20日):

« 殺害された韓国人の遺族、公判参加へ 被害者制度利用(20日) | トップページ | 震災死者の92%、津波による水死…警察庁(20日) »