« 「DK狩り」強盗傷害容疑で少年ら逮捕 (28日) | トップページ | 「全国警察一体の支援態勢を」 警察庁・臨時本部長会議(28日) »

2011年4月28日 (木)

暴言警部補に求刑超す判決「大阪府警の体制も問題」罰金30万円(28日)

任意の取り調べで暴言を吐いたとして、脅迫罪に問われた大阪府警の警部補、高橋和也被告(35)の判決が28日、大阪地裁であり、岩倉広修裁判長は「被害者を犯人と決めつけ、繰り返し怒号した。警察官としてあってはならない」と述べ、検察側の求刑(罰金20万円)を10万円上回る罰金30万円を言い渡した。

 岩倉裁判長は「取り調べの教育が周知・徹底されていない。警察内部の体制が事件を誘発した一因だ」とも述べ、府警を厳しく批判した。

 判決は「被害者に与えた精神的苦痛は大きく、刑事責任は軽視できない。懲役刑の選択も考えられる事案だ」と指摘。一方で「衝動的な犯行で計画性はない。これまでの仕事ぶりも評価されていた」などと情状を酌量して罰金刑にとどめた。

 岩倉裁判長は判決後の説諭でも「府警には抜本的な体制改革を求め、違法な取り調べが起きないよう真摯(しんし)に取り組んでほしい」と述べた。

 判決によると、高橋被告は昨年9月3日、財布を着服したとする遺失物横領容疑で会社員、岡本和真被告(35)=窃盗、強要未遂の罪で起訴=を任意で聴取した際、「殴るぞお前」などと脅迫した。

 高橋和也被告のコメント「判決結果を厳粛に受け止めております。改めて判決文をよく読み、しっかり心に刻み込みます。申し訳ございませんでした」

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110428/trl11042814590007-n1.htm

 

« 「DK狩り」強盗傷害容疑で少年ら逮捕 (28日) | トップページ | 「全国警察一体の支援態勢を」 警察庁・臨時本部長会議(28日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴言警部補に求刑超す判決「大阪府警の体制も問題」罰金30万円(28日):

« 「DK狩り」強盗傷害容疑で少年ら逮捕 (28日) | トップページ | 「全国警察一体の支援態勢を」 警察庁・臨時本部長会議(28日) »