カテゴリー

« 栃木・鹿沼市児童6人死亡事故 家宅捜索で病院の診察券押収、病気の有無も調べる(19日) | トップページ | 自宅で発電機 CO中毒相次ぐ(19日) »

2011年4月19日 (火)

きずな隊、被災者の相談内容に変化も (19日)

被災者のサポートを目的に宮城県に派遣された警視庁の「きずな隊」が取材に応じ、被災者達の相談内容に変化が出ていることなど、活動の様子を語りました。

 「運転免許証再交付の手続きについて教えてほしいという相談が多かった」(警視庁生活安全部 高野真弘警部)

 「『話を聞いてもらえただけで楽になった』と言われ、私でも役に立てたと思いました」(警視庁生活安全部 土田信子巡査長)

 警視庁の「きずな隊」は先月末から宮城県の避難所を回り、被災者の心のケアにあたっています。

 避難生活はすでに1か月以上に及び、相談内容も親族の安否確認から免許証の再交付や「金庫が流されてしまった」などという、生活に関わるものに変わってきているということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4704240.html

 

« 栃木・鹿沼市児童6人死亡事故 家宅捜索で病院の診察券押収、病気の有無も調べる(19日) | トップページ | 自宅で発電機 CO中毒相次ぐ(19日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きずな隊、被災者の相談内容に変化も (19日):

« 栃木・鹿沼市児童6人死亡事故 家宅捜索で病院の診察券押収、病気の有無も調べる(19日) | トップページ | 自宅で発電機 CO中毒相次ぐ(19日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ