« 8歳男児殺害容疑で比国籍の女逮捕 金づちで頭殴る 愛知(8日) | トップページ | 元性犯罪捜査室長、セクハラで?更迭(8日) »

2011年4月 8日 (金)

原発避難区域で空き巣続発 警察や自衛隊が見回り強化(8日)

福島第一原発の事故を受けて住民に避難指示などが出されている区域で、空き巣や店舗荒らしなどの犯罪が続いていることが福島県警への取材でわかった。避難者からの要望を受け、県警は3月29日に30人態勢の防犯チームを結成し、原発の半径10~30キロ圏でパトロールを続けている。

 県警によると、屋内退避が指示されている20~30キロ圏の住民から、コンビニエンスストアの商品や民家の金品などが盗まれたと複数の被害届が出ている。避難を続ける住民が被害に気付かないケースもあるとみられ、県警は「全体像は把握できていない」としている。

 避難指示が出ている20キロ圏内の楢葉町から避難した男性は震災の約1週間後に自宅に帰り、窓ガラスが割られてタンスや机などの引き出しが物色された跡を見つけた。滞在時間が短く被害品を確認できなかったため、県警には届けていないという。男性は「避難所で、複数の住民から被害を受けたとの話を聞いた。国は避難地域の治安を守ってほしい」と訴える。

 浪江町の自宅を離れて避難生活を送る30代の男性は2日昼に一時帰宅した際、避難指示圏にある量販店の出入り口のガラスが割られているのを見たという。

 屋内退避圏の浪江町津島に住む60代女性も「隣の家から灯油入りのポリタンク七つが盗まれた。地震や原発事故で困っている時期に、ひどい」と嘆く。同じく20~30キロ圏の南相馬市の実家に避難する女性(25)も「近所の空き家が何軒か泥棒に入られ、テレビなどが盗まれた」と話す。

 この女性はより遠方への避難も考えたが、事故の影響で人通りが少なく、空き巣被害への不安もあって思いとどまっているという。

 県警は10~30キロ圏で行方不明者を捜索するとともにパトロールを続けている。しかし、10キロ圏内では具体的な情報がない限り、十分な活動ができていないのが実情という。

 20キロ圏内を見回る自衛隊も、活動途中で出会った人に必ず声をかけて警戒するようにしているという。ある隊員は「建物の一部が崩れている民家もあり、侵入は難しくないだろう。警戒を強めたい」と話した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 8歳男児殺害容疑で比国籍の女逮捕 金づちで頭殴る 愛知(8日) | トップページ | 元性犯罪捜査室長、セクハラで?更迭(8日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発避難区域で空き巣続発 警察や自衛隊が見回り強化(8日):

« 8歳男児殺害容疑で比国籍の女逮捕 金づちで頭殴る 愛知(8日) | トップページ | 元性犯罪捜査室長、セクハラで?更迭(8日) »