カテゴリー

« 日本テレビ番組スタッフの26歳男、婦女暴行未遂などの疑いで逮捕(22日) | トップページ | 警戒区域巡る罰則適用、国家公安委員長が慎重(22日) »

2011年4月22日 (金)

手順に従わず部品腐食見落とす 07年の静岡のヘリ墜落(22日)

静岡市葵区で2007年12月、民間ヘリコプターが墜落し、2人が死傷した事故で、運輸安全委員会は22日、「飛行中に部品が破断したことが原因」とする調査報告書を公表した。事故前の故障調査がマニュアル通りに行われず、破断につながる不具合を見つけられなかったという。

 墜落したのは、オールニッポンヘリコプター(東京都江東区)のユーロコプターEC135T2型機。

 報告書によると、事故の直接の原因は、後部回転翼を操作するラダーペダルと回転翼をつなぐコントロールロッドと呼ばれる金属製の棒が折れ、操縦がきかなくなったためだった。

 複数の操縦士が同機のペダル操作の違和感を訴え、事故の約2カ月前に整備会社が調査。だが、製造元のマニュアルの手順に従わなかったため、一部の部品が腐食してさび付いていることに気付かなかった。この結果、コントロールロッドに繰り返し強い力がかかって飛行中に破断、約20分後に墜落したという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 日本テレビ番組スタッフの26歳男、婦女暴行未遂などの疑いで逮捕(22日) | トップページ | 警戒区域巡る罰則適用、国家公安委員長が慎重(22日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本テレビ番組スタッフの26歳男、婦女暴行未遂などの疑いで逮捕(22日) | トップページ | 警戒区域巡る罰則適用、国家公安委員長が慎重(22日) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ