カテゴリー

« 夜に後ろから羽交い締め、女性21万円奪われる 兵庫・尼崎(19日) | トップページ | 共犯者ら2人口封じ殺害、死刑確定へ…上告棄却(19日) »

2011年4月19日 (火)

牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か(19日)

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、避難指示区域(原発の20キロ圏内)に牛約3000頭、豚約3万匹、鶏約60万羽が取り残されたことが19日、福島県の調べでわかった。

 避難指示から1か月以上が過ぎ、すでに多数が死んだとみられる。生き残っている家畜について、畜産農家らは「餓死を待つなんてむごい。せめて殺処分を」と訴えるが、行政側は「原発問題が収束しないと対応しようがない」と頭を抱えている。

 県によると、20キロ圏内は、ブランド牛「福島牛」の生産地や大手食品メーカーの養豚場などがあり、畜産や酪農が盛んな地帯。しかし、東日本大震災発生翌日の3月12日、同原発1号機が爆発し、避難指示が出たため、畜産農家や酪農家は即日、家畜を置いて避難を余儀なくされた。

 

« 夜に後ろから羽交い締め、女性21万円奪われる 兵庫・尼崎(19日) | トップページ | 共犯者ら2人口封じ殺害、死刑確定へ…上告棄却(19日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か(19日):

« 夜に後ろから羽交い締め、女性21万円奪われる 兵庫・尼崎(19日) | トップページ | 共犯者ら2人口封じ殺害、死刑確定へ…上告棄却(19日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ