« 道に青い粉つき骨、食べた犬がけいれん 宮崎で続発(13日) | トップページ | 東京地検特捜部、顧客から預かった小切手着服容疑で男逮捕 初の取り調べ録音・録画へ(13日) »

2011年4月13日 (水)

余震10年続く恐れ指摘…米地質調査所の研究者(13日)

【東日本大震災】

 米紙ワシントン・ポストは12日、米地質調査所(USGS)の研究者の話として、東日本大震災を引き起こしたマグニチュード(M)9・0の地震によって、震源付近の断層のひずみが高まっている恐れがあり、余震が終息するまでに10年かかる可能性があると報じた。

関連記事

記事本文の続き 問題を指摘しているのはUSGSの地球物理学者、ロス・スタイン氏と京都大のグループ。試算では、地震によって、断層の一部が沈み込むなどして、震源周辺の広い部分にひずみがたまっており、震源の北や南側で大きな余震が起きる可能性があるという。

 スタイン氏は、東京では長期間の監視が必要で、余震が数週間や数カ月でなくなると思わない方がよいとしている。(共同)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 道に青い粉つき骨、食べた犬がけいれん 宮崎で続発(13日) | トップページ | 東京地検特捜部、顧客から預かった小切手着服容疑で男逮捕 初の取り調べ録音・録画へ(13日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51375281

この記事へのトラックバック一覧です: 余震10年続く恐れ指摘…米地質調査所の研究者(13日):

« 道に青い粉つき骨、食べた犬がけいれん 宮崎で続発(13日) | トップページ | 東京地検特捜部、顧客から預かった小切手着服容疑で男逮捕 初の取り調べ録音・録画へ(13日) »