« 偽の性的不能治療薬、飲んだ男性が一時意識障害(26日) | トップページ | さばきやすく高く売れる…カーナビ窃盗190件(26日) »

2011年4月26日 (火)

警視庁公安内部資料、流出ルート特定を断念(26日)

国際テロ対策に関する警視庁公安部の内部資料流出事件は、26日で発生から半年を迎えるが、流出元の特定に向けた捜査は難航している。

 流出した資料は、外事3課の三つの係が管理していたもので、多くが作成途中だったことが新たに判明したものの、流出ルートについては、特殊なソフトが使われていたため、特定を断念した。同庁捜査員や警察庁職員ら約400人からも事情を聞いたが、有力な情報は得られていないという。

 捜査関係者によると、流出した資料を作成・保管していたのは、外事3課の六つある係のうち、課員の配置などを担当する係と、イスラム系外国人の動向などを調査する二つの係。現在保管されている資料は「Families」となっている英語のスペルが、流出資料では「Familys」と誤って記されているなどの誤字、脱字が見つかっているほか、他の警察本部などに提供する際に入れる識別番号もないことなどから、警視庁は、多くが、正式文書になる前の段階の資料だったと判断した。

 

« 偽の性的不能治療薬、飲んだ男性が一時意識障害(26日) | トップページ | さばきやすく高く売れる…カーナビ窃盗190件(26日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51498573

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁公安内部資料、流出ルート特定を断念(26日):

« 偽の性的不能治療薬、飲んだ男性が一時意識障害(26日) | トップページ | さばきやすく高く売れる…カーナビ窃盗190件(26日) »